News: The Last White Stripes Show

TMR100_WS_LiveInMississippi_Cover_1600px.jpg

» The White Stripes online-music of 07/31/2007, Snowden Grove Amphitheater, Southaven

» Ben Blackwell: The Last White Stripes Show

「今夜、俺がここにいることがどれだけの意味があるのかさえ、みんなに伝えることはできない……でも気にしないでくれ」
ジャック・ホワイト - 2007年7月31日 ホワイト・ストライプスのライブにて

その日、ダン・サーティンのオープニングアクトが終わると、ジャックはみんなを集めて、10日間のショーの終わりを記念する祝杯をあげました。しばらくしてみんなが立ち去ったあと、その場に残って何気なくコップを持って立っていた私に、メグは言いました。

「今日がホワイト・ストライプスの最後のライブになると思う」

私は彼女の突然の言葉に少し混乱しながら「そう…だね。この地域のツアーは、今日が最終日だね」と答えました。
しかし、彼女はもう一度、

「違うの。本当に最後のライブになると思うの」

とだけ言うと、ゆっくりと立ち去っていきました。
私は唖然としてしまい、彼女が何の話をしているのか、何を言おうとしているのか全くわかりませんでした。どうしたらいいかわからず、彼女が言ったことを他に誰か聞いていないかあたりを見回したものの、そこにいるのは私だけでした。

間もなく、メグはジャックと一緒にステージへと、向かって行きました。

先日、ラカンターズのライブ配信を行った nugs.net に、ホワイト・ストライプスが2007年7月31日に行った最後のライブの音源が配信されました。バンドの歴史に重大な意味を持つライブなので、ファンはぜひ聴いてほしいのはもちろん、同時に注目なのは、このライブに寄せてホワイト・ストライプスの公式アーキビストであるベン・ブラックウェルが投稿したメッセージ。
上はその冒頭部分ですが、バンドを一番近くで見てきたベンだからこそ知りえた、今まで明かされることのなかった活動休止直前の夜の、出来事や思いを知ることができます。

Date:09/20/2019 | Comment: 0 |

Video: The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

Only Child

Shine the Light on Me

Interview

Date:09/06/2019 | Comment: 0 |

Video: The Raconteurs - Live in NYC album release shows

The Raconteurs – “Somedays (I Don’t Feel Like Trying)” [Live in NYC]

The Raconteurs – “Help Me Stranger” [Live in NYC]

Date:08/29/2019 | Comment: 0 |

News: Jack Gray?

俳優、ミュージシャンの Jack Black の YouTube チャンネル『Jablinski Games』で、ジャック・ホワイトとの映像を収めた「Jack Gray」という動画を公開しました。
現在、テネイシャス D でツアー中の Black は、ナッシュビルで Third Man Records を訪問。レコーディングブースやショップを回った後、フォトスタジオでジャケット用の撮影をしました。さらに White の自宅にある Third Man Studio に行き、一緒にレコーディングを行ったそうです。この音源はそのうちリリースされるはずなので、久しぶりの Blue Series になるんじゃないでしょうか。テネイシャス D 名義なのか、Jack Gray 名義なのか、楽しみです。
ちなみに White 氏は2人について「よく分かってなかったんだけど、実際、全然いい人たちじゃなかった。本当に意地悪だよ」と言っています。

Date:08/29/2019 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ 、ナッシュビル公演3日間が無料配信

» The Raconteurs - Live from Ryman Auditorium

8月29日〜8月31日にテネシー州ナッシュビルの Ryman Auditorium で行われるラカンターズのライブが、無料ストリーミング配信されます。29日の公演は日本時間だと30日(金)の午前10時から、30日の公演は日本時間だと31日(土)の午前10時から、31日の公演は日本時間だと9月1日(日)の午前10時からになります。YouTube、Facebook で観ることが出来ます。
この配信を行う nugs.net は、ライブやレコーディングを配信する米国の大手プラットフォーム。様々なアーティストの15,000 以上のライブを高品質な音源で配信しています。ホワイト・ストライプスやデッド・ウェザー、ジャックのソロなど、Third Man Records アーティストのライブ配信も開始していて、今後は毎月第 3 木曜日に新しい音源が公開される予定です。こちらは有料ですが、3ヶ月で通常 38.97ドルのところを、Vault メンバーは 3.33ドルになるお得なサービスもあります。

» nugs.net/Third Man Records

Date:08/29/2019 | Comment: 0 |

News: Vault Package #42

Vault42-WebAdmat-Retina-FULL4.jpg

» Vault Package #42: The White Stripes XX

発表からずいぶん遅くなってしまいましたが、VAULT PACKAGE #42 情報です。今回はホワイト・ストライプスのファースト・アルバム20周年記念セット!
2枚組の LP はファーストのアウトテイク集とライブ音源。まず白色ヴァイナルのアウトテイク集では、PACKAGE #11(2012年)にも 7インチ盤でリリースされていた“Dead Leaves”と“Let’s Build a Home” や、未発表のアコースティック版“Dead Leaves” 、オルタナティブ・テイクの“Jimmy the Exploder”、“I Fought Piranhas”、“Wasting My Time”、スタジオ版は初となる“Little Red Book”(Burt Bacharach のカヴァー)、ファーストには未収録だった“Why Can’t You Be Nicer to Me?”などなど、全10曲が収録されています。今回用に全曲をジャックがリミックスしています。
赤色ヴァイナルのライブ盤は 1999年の9月にノースカロライナ州のリッツでの演奏。この時期のライブだとメリーランド州トゥーソンでの公演がブートレグ市場ではよく出回っていましたが、TMR 曰く、より素晴らしいのはこのリッツだそうです。Dolly Parton の“Jolene”や、ブレンダン・ベンソンの“Good to Me” 、Earl King の “Trick Bag”など、おなじみのカヴァー曲から、“Broken Bricks”、“The Big Three Killed My Baby”などのバンド初期の名曲が収録されています。
DVD では 1999年にミシガン州で行われた2つのステージ映像が見られます。3月13日、ハムトラムクのペイチェックズでのパフォーマンスは、観客が初めてストライプスの歌に合わせて歌ったり、初めてアンコールがあった記念的な公演、そして 5月30日、デトロイトのマジックスティックでのパフォーマンスは、ジャックが初めてエアラインのギターを使った日の公演です。
LP、DVD に合わせて当時の写真やチラシ、歌詞カード、レシートなどの思い出を詰め込んだ、11.75インチx 11.75インチの写真集も付属します。
申し込み締め切りは10月末日まで。いつもなら締め切りひと月前に応募開始なのに、今回はずいぶん早かったです。今後もそうなるのかな?

Date:08/22/2019 | Comment: 0 |

Video: The Raconteurs perform on Jimmy Kimmel Live

"Somedays (I Don't Feel Like Trying)"

"Don't Bother Me"

Date:07/31/2019 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ、Woodstock50の出演辞退

woodstock50.jpg

» Miley Cyrus and the Raconteurs Pull Out of Woodstock 50 | Pitchfork

なんか色々もめているウッドストック50周年のフェスですが、ついにラカンターズも出演取りやめを決めたようです。これまでにもジェイ・Z、ジョン・フォガティ、デッド&カンパニー、カルロス・サンタナなども出演取りやめを発表していて、開催まで3週間を切った今もどうなるかは不透明です。

» Woodstock 50 • Aug. 16, 17 & 18 2019 | Watkins Glen, NY

8/1 追記
» 正式に開催されないことが決定

Date:07/31/2019 | Comment: 0 |

Video: ‘Help Us Stranger’ Public Service Announcement

Date:07/17/2019 | Comment: 0 |

News: Vault Package #41

Vault41-WebAdmat-Retina-FULL.jpg

» Vault Package #41 - The Go Whatcha Doin' 20th Anniversary Remix Redux

すっかり書くのを忘れていましたが、41回目の Vault Package が発表されました。41回目ってことは、1年に4回出るので、もう10年ですよ。10年!!本当に時間が経つのは早いですね。今回は伝説のバンド、The Go パッケージです。
The Go は 1996年ごろデトロイトで、Bobby Harlow、John Krautner、Marc Fellis の3人が結成したバンド。1999年ごろにジャック・ホワイトと Dave Buick が加入して、ファースト・アルバム『Whatcha Doin'』を Sub Pop からリリースしました。その後、ジャックと Dave は脱退しますが、3人は活動を続け、現在までに8枚のアルバムを制作しています。まだ解散したという話は聞きませんが、2013年に Burger から出した『Fiesta』以降、目立った活動はしていません。
ジャックはこれまでにもいろんなバンドに入ってますが、ホワイト・ストライプスやラカンターズ 、デッド・ウェザーを除いて、曲作りからアルバム制作まで深く関わったバンドは The Go だけだと思います。『Whatcha Doin'』は今聴いてもとてもいいアルバムなんですが、ちょっと音が弱いのが残念なところでした。プロデュース、ミキシングを担当した Matthew Smith のせいとは言わないけど、サイケっぽいサウンドを得意とするタイプの彼はバンドの良さを出し切れなかったのかもしれません。それが今回、ジャックと熟練エンジニア、Bill Skibbe の手により、素晴らしいロックンロール・サウンドへとリミックスされることとなりました。しかもジャックは“Meet Me at the Movies”のギターソロを今回のために再録。最終的には現メンバー、Bobby Harlow もリミックスに参加して、20年ぶりにリマスターされました。上のプロモ・ビデオで聴いただけでも全然違うので、きっと素晴らしい仕上がりになっていると思います。
さらにジャックが保管していた、スタジオ収録前にジャックの家の屋根裏部屋で録られたリハーサル音源『Ferdinand Attic Demos』が初めてリリース。『Whatcha Doin'』と共にカラー・ヴァイナルです。そして“Keep On Trash”、“Time For Moon”のアルバム・アウトテイクを納めた 7インチ・シングル、当時のバンドを納めた貴重な写真集まで付いてきます。
Vault Package の申し込みは7月31日 (米国東部標準時) 午前12時までです。

Date:07/16/2019 | Comment: 0 |
↑ Page top