Media: Broken Record

» ニール・ヤング、ジャック・ホワイトとリック・ルービンのインタヴューに乱入することに | NME Japan

リック・ルービンのポッドキャスト『Broken Record』のゲストにジャックが出演。1時間半にわたりルービンと音楽について語り合っています。途中1時間ほど過ぎた頃に飛び入りゲストとして、同じスタジオでレコーディングしていたニール・ヤングが登場します。
インタビューでジャックは、今の行われているツアーを当初スリーピースでやるつもりだったことを話しています。2020年に Saturday Night Live に出演した際に試してみたところ上手く行ったので手応えを感じていたものの、結局キーボードの演奏をどうするかが解決できず、今のクインシーを入れた4ピースにまとまったそうです。個人的には、ライブでジャックがギターとキーをあたふたと兼任してるのが好きなので、いつか3人編成も挑戦して欲しいです。
またインタビューの中では、ジャックが珍しく"Seven Nation Amy"について自ら考察。なぜ多くの人があの曲に魅了されるのか、サビの部分をギターで弾きながら分析結果を発表しています。それに対してルービンは自身の手がけた"Walk This Way"のヒットを引き合いに、ロックとヒップホップの関連性について考察しています。
他にも、ホワイト・ストライプスのキーカラーはみんなが思ってる赤と白の2色ではなく、赤と白と黒の3色だった、なんて話や、若い頃に好きだった Flat Duo Jets、Gories、Cramps なんかのガレージロックの話、などいろんな話をしています。プロ同士の話なのでいつもとは違うちょっとマニアックな話が楽しいです。ちなみに、いつも通りマシンガントークだったジャックが、乱入してきたニールおじいちゃんが喋りまくるときは、ちょっと聞き役に回るのがかわいかったです。いなくなってからは、またマシンガンでしたけど。

続きを読む
Date:09/26/2022 | Comment: 0 |

News: ジョーカーの本名はジャック・ホワイト

FlashpointBeyond.jpg

DC Comics の『Flashpoint Beyond』第5巻でジョーカーの本名がジャック・ホワイトであることが発表されました。
ジャックは Instagram で「昨年、アルバム「Fear of the Dawn」のアートワークをまとめる過程で、知り合いのアーティストのロブ・ジョーンズを介してDCコミックアーティスト、ミケル・ジャニンに、私のイラストをジョーカー風に描いてほしいと頼みました。(中略)宇宙には奇妙なパターンと偶然が生まれ、私たちは時にその片鱗を見るだけで、意味のあるものもあれば、意味のないものもあります。この素晴らしい作品をレコードに提供してくれたジャニン氏に、大きな感謝を捧げます。」
「DCコミックがジョーカーの名前を私にちなんで "ジャック・ホワイト "と命名してくれたことに感謝したい。彼の髪は私ほど青くないけど、嬉しいし名誉なことです。今まで自分と同じ名前の人がいないことで、私の人生は孤独な旅でした」 と報告しています。

Date:09/26/2022 | Comment: 0 |

News: VAULT PACKAGE #54

» INTRODUCING VAULT PACKAGE #54: Jack White Live "The Supply Chain Issue – Third Man Store

Third Man Records は Vault Package #54『Jack White Live』を発表しました。ジャックの現在のツアー音源を違った角度から収録した青、黒、白の3色の LP と、"A Tip From You To Me" の7インチです。
LP のディスク1(ブルー・ヴァイナル)は、アルバム『Fear Of The Dawn』から演奏された曲を、曲順通りに収録したライブ・アルバム。ツアーの中から選りすぐりのベストな演奏をセレクトしています。
ディスク2(ホワイト・ヴァイナル)は、ロンドンのユニオン・チャペルでのライヴを完全収録。ライブでは初演となる "Help Me Along"、"I've Got You Surrounded (With My Love)"、"Taking Me Back (Gently) " も収録されています。
ディスク3(ブラック・ヴァイナル)は、ジャックとバンドメンバーが即興で演奏したカバー曲集。Public Domain "Wayfaring Stranger" から Stooges "I Wanna Be Your Dog"、D.O.C "It's Funky Enough"、ブルースの代表曲などを含むボリュームたっぷりの全26曲です。
さらに、"A Tip From You To Me" のブルー・カラー 7 インチ・シングルには、B面に未発表のアコースティック・ソロ・デモを収録しています。
#54パッケージの締め切りは、10月31日午前0時までです。

Date:09/15/2022 | Comment: 0 |

Video: Jack White - Olympia, Paris – @ARTE Concert

ジャックが今月20日にパリでやったばかりのコンサートがフルで配信。これが無料だなんて、いやーありがたい。しかも発売前の『Entering Heaven Alive』の新曲もちょこちょこやっています。来日前に最高の予習ができる!!

Date:07/21/2022 | Comment: 2 |

News: ジャック・ホワイト、日本のテレビに出演

ジャックが日本テレビの「スッキリ」に出演します。しかも日本で初の生放送ライブ!この番組を僕は見たことがない(家にテレビが無い)のですがどんな感じなんでしょう。MC の方と軽い絡みがあったりするのかな?想像するだけで笑っちゃいそうです。みんなで観てあげてください!

Date:07/21/2022 | Comment: 0 |

News: VAULT PACKAGE #53

Vault Package #53 は、Primus の 30 年以上に渡る活動の中で初めてリリースされた 6 枚の 7 インチレコードをオリジナルのカスタム・ボックスに収めた『Primus.The Revenant Juke -- A Collection of Fables and Farce』です。TMR が Primus 関連のリリースをするのは多分初めて。少し前の Gibby Haynes とか最近の Sleep とか、US ハードコア/オルタナティブにも力を入れてる印象です。アートワークは Primus の長年の友人であり現在は Pixar のクリエイティブディレクターとして活躍している Adam Gates が手がけています。購入の締め切りは7月31日までです。

Date:07/12/2022 | Comment: 0 |

News: ジャック、CELINEの広告に登場

CELINEのクリエイティブ・ディレクター、Hedi Slimane が撮り下ろすポートレートシリーズ『PORTRAIT OF…』に、ジャックがモデルとして登場しています。写真史上一番かっこいい仕上がりはさすがエディ・スリマン。ジャックもファスティングまでやった甲斐がありましたね(このためじゃない?)。2021年12月にロサンゼルスで撮影されたそうです。

続きを読む
Date:06/22/2022 | Comment: 4 |

News: 映画『Elvis』サントラの続報

» 映画『エルヴィス』オリジナル・サウンドトラック|7月1日劇場公開を記念しキング・オブ・ロックンロール=エルヴィス・プレスリーを大特集 - TOWER RECORDS ONLINE

映画『エルヴィス』サウンドトラックに収録されているジャックの曲は"Power of My Love"になるそうです。ちょっと意外。というのも、この曲は2014年にリリースしたシングル『Lazaretto』の B面で、すでにカヴァーしてる曲です。まあ一番好きなのかな?違う曲も聴いてみたかったです。クレジットは Elvis Presley & Jack White なのでジュエットしてるような作りかもしれないですね。映画は7月1日公開。サントラは7月29日発売予定です。

Date:06/20/2022 | Comment: 0 |

Video: Jack White – If I Die Tomorrow

Date:06/09/2022 | Comment: 0 |
↑ Page top