Video: The Raconteurs - "Help Me Stranger"

Date:05/19/2019 | Comment: 0 |

News: ラカンターズの新曲公開中!MVは今夜

» ザ・ラカンターズ、新曲MVをバンド出演のもと日本にて撮影! デザイナー高橋盾率いる「UNDERCOVER PRODUCTION」が制作 (2019/05/17) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

ラカンターズの新曲、ニューアルバムのほぼタイトルトラック“Help Me Stranger”のストリーミング配信が始まっています。さらに今夜11:05には、なんと日本で撮影された MV も公開されます。

同MVは、UNDERCOVERのデザイナー高橋盾が率いる「UNDERCOVER PRODUCTION」による制作の下、日本のとある退廃都市にて撮影。寂れた映画セットのような街角を舞台に、バンドが廃屋で演奏する姿や16カットにもおよぶメンバーのポートレイト、赤子をあやすジャック・ホワイトなど、あらゆるシーンでラカンターズが見た魅力的な「悪夢」が表現されているという。

UNDERCOVER PRODUCTION は、デザイナーの高橋盾さんがアートディレクターの永戸鉄也さん、フォトグラファーの守本勝英さん、水谷太郎さんたち結成したと広告や映像制作を行うクリエイティブチーム。日本人クリエイターがジャック関連の MV を撮るのは初めてですね( CM だと亡くなってしまった野田凪さんが監督したコカコーラがあります)。監督は RADWIMPS の「DADA」などのMVを手がけた清水康彦さんとのこと。上の写真も「アルカリイオンの水」の箱が置いてあるから、きっと日本。ってことは、ここが舞台の廃屋かな?
最近は Third Man から日本のバンド、ギターウルフやボリスのアルバムがリリースされたりと、ジャックまわりで日本の話題が多くて嬉しいです。MV 楽しみだなあ。

» (250) The Raconteurs - "Help Me Stranger" (Official Music Video) - YouTube

Date:05/17/2019 | Comment: 3 |

News: ラカンターズ来日後記

ジャックファンのみなさま、お久しぶりです。お元気ですか?ラカンターズの来日が終わってしばらく経ちましたが、ご機嫌いかがでしょうか。私はといえば、来日直後のゴールデンウィークをがっつり休んで、半分寝ぼけたまま社会復帰してわちゃわちゃしてる間に、あっという間に今日になった感じです。早い早い。そんなわけで来日公演の内容もほんのりとしか覚えていない、むしろすっかり忘れてしまったので、ライブレポートなんて高尚なものは書けないけど、日記的な感じで、だらだらと思い出しながら書いていきたいと思います。

続きを読む
Date:05/14/2019 | Comment: 5 |

News: ラカンターズ 、来日公演まであと一日!

» The Raconteurs Concert Setlists | setlist.fm

いよいよラカンターズ の13年振り、初の単独公演が明日に迫ってきました。バンドはそろそろ日本に到着してる頃かな。ドキドキしてきました。
直前に行われたオージーツアーのセットリストを見ると、ひとつの公演で6曲から8曲ほど新曲をやっています。アルバムのリリース前にしてはけっこう多いですね。今のところ共通しているのは、発表済みの“Sunday Driver”、“Now That You’re Gone”、“Hey Gyp (Dig the Slowness)”、未発表の“Bored and Razed”、“Help Me Stranger”の5曲は毎回演奏しています。予習好きな人はチェックしておきましょう!(もちろん予習なんかしなくても全然楽しいと思います!)
では会場でお会いしましょう!

Date:04/23/2019 | Comment: 6 |

Video: The Raconteurs - "Hey Gyp (Dig the Slowness)"

Date:04/15/2019 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ、8年振りのライブで復活

4月6日に、Third Man Records 設立10周年記念イベントが開催されました。この10年で TMR に関わってきた様々なアーティストがパフォーマンスを行いましたが、やっぱり一番の注目はラカンターズの復活ライブです。
この日披露されたのは、全15曲。構成は Consolers of the Lonely ツアーに似ていて、スタートは”Consoler of the Lonely“、”Blue Veins“で一回閉めて、最後は”Carolina Drama“という流れです。アルバム発売前なのに新曲はけっこう多めの7曲。ニューアルバムからの6曲と、ジャックが The Go 時代に作った“Keep on Trash”を演奏しています。そしてサポートメンバーには今回もディーンが入ってます。
ジャックが最近のインタビューで過去曲のアレンジを変えていると語ってた通り“Steady As She Goes”なんかも最初のリフがちょっと変わっています。後半ジャックとお客さんとの掛け合い「Steady As She Goes」「are you steady now?」は日本公演でもやるかもしれないですね。ぜひとも覚えておきましょう!

Setlist:
01. Consoler of the Lonely
02. Bored and Razed
03. Level
04. Old Enough
05. Sunday Driver
06. Hands
07. Help Me Stranger
08. Now That You’re Gone (Live Debut)
09. Salute Your Solution
10. Shine the Light On Me
11. Steady As She Goes
12. Blue Veins

Encore:
13/14. Keep on Trash / Hey Gyp (Dig the Slowness)
15. Carolina Drama

Date:04/09/2019 | Comment: 0 |

Equipment: Fender Acoustasonic Telecaster

ジャックがラカンターズのツアーで使用する新しいギターを紹介しています。今回ジャックが選んだのは、フェンダーが今年発売したばかりの“Acoustasonic Telecaster”。アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを融合した全く新しいサウンドが話題のギターです。それを早速、ジャックが古くから使っているグレッチのアコースティック・ギター”Claudette“に似せてカスタマイズしました。カスタムを担当したのは、マスター・ビルダーの Chip Ellis と Fender Custom Shop です。
“Claudette”の名前の由来は、背面に描かれた女優クローデット・コルベール(Claudette Colbert)の肖像画です。この新しいギターにも誰かの顔が描かれているのでしょうか?その音色とともに、4月の日本公演が楽しみですね。

» Acoustasonic Acoustic guitars

Date:04/04/2019 | Comment: 0 |

Video: Jack White and Margo Price - Portland, Oregon (4/1/2019)

Date:04/03/2019 | Comment: 0 |

News: The Do Whaters が15年振りに再結成

View this post on Instagram

The Do Whaters, the band that performed on the Grammy Award-winning album “Van Lear Rose” by @lorettalynnofficial are back together for the first time in 15 years! Performing one night only tonight at Loretta’s all-star tribute at @bridgestonearenaofficial in #Nashville. Patrick Keeler (Raconteurs, Greenhornes), David Feeny (Blanche, American Mars), Dan John Miller (Blanche, 2 Star Tabernacle), Dirk Powell (Joan Baez, Eric Clapton), Jack White (Raconteurs) and Jack Lawrence (Raconteurs, Greenhornes, Blanche) The band will be performing the song “Portland, Oregon” as a vocal duet between Jack and extra special guest @MissMargoPrice : @oliviajeanmusic

Jack White Liveさん(@officialjackwhitelive)がシェアした投稿 -

今夜行われるロレッタリン・リンの誕生日コンサートのため、15年振りに The Do Whaters が一夜限りの再結成をします。
The Do Whaters はジャックがプロデュースしてグラミー賞を受賞したロレッタリン・リンのアルバム『Van Lear Rose』のバックバンドとして一時的に結成。メンバーはジャックをよく知る腕利きミュージシャンばかり集められました。特に中央左にいる Dan John Miller は初期のジャックを語る上で欠かせない人物の一人。Dan がフロントマンだったバンド、Goober & The Peas と Two Star Tabernacle には、ホワイト・ストライプス結成前のジャックがドラマーで参加していました。さらにその後、Dan が組んだバンド、Blanche にはローレンス(写真右)がベーシストで加わり、ジャックとブレンダンがアルバムにゲスト参加していました。Dan は現在もミュージシャン、ナレーター、俳優などで活躍しています。
バンドは今夜のコンサートでロレッタとマーゴ・プライスとともに“Portland, Oregon”を演奏します。

“Portland, Oregon”のPV。ローレンスもキーラーもジャックもみんな若いですね(このときのジャックすごくハンサム!)。Dan は演奏メンバーとしてはいませんが、奥さんの一緒にお客役でちょこっと出演しています。

Date:04/03/2019 | Comment: 0 |

News: HELP US STRANGER (and VAULT PACKAGE #40)

» THE RACONTEURS RETURN WITH NEW ALBUM, HELP US STRANGER

Third Man Records はラカンターズの3枚目のスタジオ・アルバム『HELP US STRANGER』を6月21日にリリースすることを発表しました!「ロックンロールを未来へと推し進めるアルバム」が聴けるまであと二ヶ月です!!
アルバムはジャックとブレンダンによる11曲と、Donovan のカバー("Hey Gyp (Dig The Slowness) ")1曲を含む、全12曲を収録。プロデュースはラカンターズの4人。レコーディングは前作に引き続き、エンジニアに Joshua V. Smith、ミックスを Vance Powell、スタジオはナッシュビルの Blackbird Studios、サポートメンバーとして Dean Fertita、Lillie Mae & Scarlett Rische が参加しています。
そして恒例の、VAULT PACKAGE 限定アルバムもあります。今回の#40「HELP US STRANGER」パックは、カラーアナログ盤と動くジャケットの『HELP US STRANGER』LP に、 アルバム収録曲“Help Me Stranger”と“Somedays (I Don’t Feel Like Trying)”の初期デモ入りの7インチシングル、Rob Jones デザインのスリップマット、パトリック・キーラーがデザインしたバンダナも付いてきます。歩行者信号機がアートワークのテーマみたいですね。
VAULT の申し込み締め切りは4月末。ちょうどアルバムがリリースされる6月後半頃に発送されるはずです。

TRACKLISTING:
Bored and Razed
Help Me Stranger
Only Child
Don’t Bother Me
Shine The Light On Me
Somedays (I Don’t Feel Like Trying)
Hey Gyp (Dig The Slowness)
Sunday Driver
Now That You’re Gone
Live A Lie
What’s Yours Is Mine
Thoughts and Prayers
Date:04/03/2019 | Comment: 0 |
↑ Page top