Video: ‘Help Us Stranger’ Public Service Announcement

Date:07/17/2019 | Comment: 0 |

News: Vault Package #41

Vault41-WebAdmat-Retina-FULL.jpg

» Vault Package #41 - The Go Whatcha Doin' 20th Anniversary Remix Redux

すっかり書くのを忘れていましたが、41回目の Vault Package が発表されました。41回目ってことは、1年に4回出るので、もう10年ですよ。10年!!本当に時間が経つのは早いですね。今回は伝説のバンド、The Go パッケージです。
The Go は 1996年ごろデトロイトで、Bobby Harlow、John Krautner、Marc Fellis の3人が結成したバンド。1999年ごろにジャック・ホワイトと Dave Buick が加入して、ファースト・アルバム『Whatcha Doin'』を Sub Pop からリリースしました。その後、ジャックと Dave は脱退しますが、3人は活動を続け、現在までに8枚のアルバムを制作しています。まだ解散したという話は聞きませんが、2013年に Burger から出した『Fiesta』以降、目立った活動はしていません。
ジャックはこれまでにもいろんなバンドに入ってますが、ホワイト・ストライプスやラカンターズ 、デッド・ウェザーを除いて、曲作りからアルバム制作まで深く関わったバンドは The Go だけだと思います。『Whatcha Doin'』は今聴いてもとてもいいアルバムなんですが、ちょっと音が弱いのが残念なところでした。プロデュース、ミキシングを担当した Matthew Smith のせいとは言わないけど、サイケっぽいサウンドを得意とするタイプの彼はバンドの良さを出し切れなかったのかもしれません。それが今回、ジャックと熟練エンジニア、Bill Skibbe の手により、素晴らしいロックンロール・サウンドへとリミックスされることとなりました。しかもジャックは“Meet Me at the Movies”のギターソロを今回のために再録。最終的には現メンバー、Bobby Harlow もリミックスに参加して、20年ぶりにリマスターされました。上のプロモ・ビデオで聴いただけでも全然違うので、きっと素晴らしい仕上がりになっていると思います。
さらにジャックが保管していた、スタジオ収録前にジャックの家の屋根裏部屋で録られたリハーサル音源『Ferdinand Attic Demos』が初めてリリース。『Whatcha Doin'』と共にカラー・ヴァイナルです。そして“Keep On Trash”、“Time For Moon”のアルバム・アウトテイクを納めた 7インチ・シングル、当時のバンドを納めた貴重な写真集まで付いてきます。
Vault Package の申し込みは7月31日 (米国東部標準時) 午前12時までです。

Date:07/16/2019 | Comment: 0 |

News: HAPPY BIRTHDAY JACK!

racs_run.gif

今日はジャックの44回目の誕生日。おめでとう!これからも素晴らしい音楽を作り続けてください!ちなみに本日(7/9)夜にブレンダンとアコースティクライブをやることが発表されました。チケットは即完ですが、Vault で出そうですね。

Date:07/10/2019 | Comment: 2 |

News: ジャックがネット音楽メディアに物申す

先週、ジャックが SNS でとある声明を出しました。久しぶりに強烈な内容でした。ドキドキしちゃいますね。事の発端は Irish Times のインタビューでジャックが、ラカンターズの再結成に11年かかった理由を聞かれて「ブレンダンがアルコールをやめた頃に、俺がヘロインにハマったから」という、ジョークを言ったことでした。面白さはさておき、読めばもちろん冗談だとわかる内容なんですが、いくつかのメディアがこれを抜き出して、少々下世話な記事に仕立て上げました。それでジャックが怒り心頭になっております。
そこで出されたジャックの声明が上の文章です。(下にあるのは私の適当意訳です。英語の詳しい方による添削お待ちしております)。この声明に反応して、SPIN は記事を訂正しましたが、そのほかのメディアは、取り上げるけど訂正はしなかったり、ただただスルーしたり、と様々です。
名指しでゴミ呼ばわりされた Pitchfork や Stereogum は『Help Us Stranger』のアルバムレビューで、「ロックの革新を起こそうとしているバンドの数少ない努力は、新しいアンプと新しいペダルのセッティングぐらいだ(Pitchfork)」、「古臭いロックを囲んでとても楽しそうに遊んでいるけど、なぜ11年もかかったのか不思議に思う。次回はもっと早く集まってほしい。(Stereogum)」と、散々にこき下ろしています。この揉め事とレビューが関係あるとは思いませんが、関係修復は難しそうです。個人的には、両メディアともネット時代を代表する音楽情報サイトで、新しい音楽を教えてくれたり、名前や企業に忖度することなく批評したり、メディアとしていい面もたくさんあると思います。ですがジャックの言う通り、ジャーナリズムとして十分な取材を行わず、拾ってきた話にちょっと味付けして拡散してるだけの記事もたまに見かけられます。襟を正すところは正して、どうにかお互い仲良くしてくれるといいんですけど。

SPIN へ
私はヘロインやその他の違法ドラッグをやったことはありませんし、周りの誰に聞いてもそれを認めてくれるでしょう。記事を全て読んでもらえれば、私が冗談を言っていることがわかります。SPIN がクリックベイト(釣り記事)のようなものに手を出すのはやめた方がいいと思います。

Pitchfork、Stereogum、Noisey、またはそのほかの、ゴミくそ音楽ジャーナリズムサイトへ
サウンドバイツ(一部引用)とクリックベイトの仕事をしているあなた方に、Third Man Records が新しい Raconteurs アルバム・コピーを送らなかったことで、不愉快に思っているのは知っていますが、ここにいくつかの注意点があります。私は携帯電話を持っている人を憎んだり、周りの人に持たせないようにしたり、全てのテクノロジーを憎んだりはしません。健康的な生活を送るために携帯電話を持っていないからといって、テクノロジーが嫌いというわけではないのです。あなたたちは、私をネット上で馬鹿な話題を提供してくれるラッダイトにしたいようですが、私はデジタル音楽を聴き、電気自動車を運転し、この退屈な文章をコンピュータでタイプしている。がっかりさせて申し訳ないのだけど。
1800年代には、アーティストがユニークなこと、変なことを言っても罰を受けなかった。信じてもらえるかわからないが、そう言ったことを期待されてさえいました。私は、誰であれ、その人自身が良いと思う方法で人生を送ることが素晴らしいと思うし、相手を嫌な気持ちにさせるのではなく、お互いが高め合っていける関係が素晴らしいと思っています。もし、音楽と芸術を愛しているなら、あなた方の組織はそう言ったことを学び始めるべきだと思います。少なくとも、クリックで広告主を喜ばせようとするのではなく、音楽を愛しているふりをするべきです。

ジャック・ホワイト

*産業革命期のイギリスで起こった機械破壊運動をする組織。
Date:07/01/2019 | Comment: 0 |

News: Help Us Stranger、全米1位を獲得

ラカンターズ『Help Us Stranger』が今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)で初登場1位に輝きました。『Broken Boy Soldiers』、『Consolers Of The Lonely』ともに最高7位だったので、これが初のNo.1です!
ちなみに Vault Package の『Help Us Stranger』は、糊付けされたジャケットを剥がすと裏側にビートルズのアルバム『Yesterday And Today』をラカンターズのメンバーの顔に入れ替えた隠れ写真が出てくるそうです。僕は勿体無くてやってないんですが。

Date:07/01/2019 | Comment: 0 |

Video: The Late Show with Stephen Colbert

Date:06/24/2019 | Comment: 0 |

Media: ギター・マガジン 2019年7月号

ラカンターズがプロモーションでいろんなメディアに露出していますが、僕が一番おすすめなのがこのギター・マガジン 2019年7月号。ニューアルバムやバンドの話はまあまあの内容ですが、ギター・マガジンの真骨頂であるギア紹介が最高!来日で持ってきたギターやアンプなどを、ライブで使ったものだけじゃなく、使わなかったものも含めて撮り下ろしの写真付きで紹介。もちろんジャックだけじゃなくて、ブレンダンの機材も紹介。僕はギターの専門的な話が全然わからないのが悔しいですが、好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか。おまけに2人のアー写も撮り下ろしで、こちらも他誌に比べて一番かっこいいです。まじでおすすめです!
ちなみにベース好きな方はベース・マガジン7月号に(モノクロページですが)ジャック・ローレンスが載っています。そちらもぜひ!

gm_01.jpg

gm_02.jpg

gm_03.jpg

gm_04.jpg

Date:06/24/2019 | Comment: 0 |

News: 『Help Us Stranger』本日発売

music190415_theraconteurs_main.jpg

ラカンターズのニューアルバム『Help Us Stranger』が本日発売されました!

タワレコや HMV などで国内盤 CD を買うと特典でステッカーが付いてきます。さらに初回盤には収録曲“HEY GYP (Dig The Slowness)”の7インチ・シングルのテスト・プレス(非売品)が当たる応募ハガキが入っています。
今月発売のロッキンオンやベースマガジンギターマガジン、いくつかのウェブメディアなどにインタビューも載っています。ロッキンオンは読んだんですが、買うほどの内容じゃなかったかな…。ギターマガジンとかはギアの話もあるみたいなので、楽しいかもしれません。あと“Help Me Stranger”の MV を制作した UNDERCOVER PRODUCTION の制作秘話を HOUYHNHNM に掲載されています。
ちなみに僕はまだアルバムを聴いてないです。レコードが届くまで待とうかな、どうしようかな。11年ぶりなのでゆっくり楽しもうと思います!

Date:06/21/2019 | Comment: 2 |

Video: The Raconteurs - "Bored and Razed" (Lyric Video)

Date:06/11/2019 | Comment: 0 |

News: Leon Redbone

» レオン・レッドボーンが逝去。享年69歳 | NME Japan

レオン・レッドボーンが亡くなった。享年69歳だった。
訃報はレオン・レッドボーンのオフィシャル・サイトで発表されており、年齢を明かそうとしなかった彼にちなんで次のように始まっている。「2019年5月20日の早朝に127歳でレオン・レッドボーンが美しい海岸へと三角州を渡ったことを重い心持ちと共に発表します」

Third Man Records は 2015年にレッドボーンのアルバム2枚のリイシュー盤をリリースしました。ジャックはインスタで「いつの日か、空の上のポーチで、あなたと演奏するのを楽しみにしています」というメッセージを送っています。

Date:05/31/2019 | Comment: 0 |
↑ Page top