News: The Raconteurs Stylophone Contest、結果発表

ラカンターズのスタイロフォン・コンテストの審査結果が発表され、米国在住の男性、Zach Herrmannさん(31)が優勝しました。
Herrmannさんの作品は「Consoler of the Lonely」をパート別に演奏し、それらを重ねて一曲を完成させるという、非常に手の込んだ作りになっています。それがこちら。

すごいですね。文句無しです。この他にも、両手で二つのスタイロフォンを操る超絶プレイや、ギターと一緒に演奏する人、自分で歌っちゃう人など、様々な入賞作品をラカンターズのサイトで見ることが出来ます。

» The Raconteurs Stylophone Contest

タグ:Stylophone
Date:05/29/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、Screaming Femalesとツアー

SCRMNGFMLS

今夏に行われるデッド・ウェザーの北米ツアーに、オープニング・アクトとして米国のパンクバンド、スクリーミング・フィメイルズ(Screaming Females)が参加することが決まったようです。
ニュージャージー州ニューブランズウィックで2005年に結成されたスクリーミング・フィメイルズは、ボーカル/ギターのマリッサ、ドラムのジャレット、ベースのマイクの3人編成。平均年齢が若干22歳という若手バンドです。音楽的には80〜90年代のガレージ・パンクやグランジに近い感じで、バンド名―「叫ぶ女」―そのままに、紅一点のマリッサの激しいシャウトが特徴的です。
スクリーミング・フィメイルズは4月にサード・アルバム『Power Move』をリリースして、現在ツアー真っ最中。6月までは単独でツアーを行い、7月13日のワシントンから7月30日のナッシュビルまでの全13公演を、デッド・ウェザーとまわります。

» SCRMNGFMLS (official)
» Screaming Females (MySpace)

Power Move

Power Move
Screaming Females
Don Giovanni Records (2009-04-21)
amazon.co.jpで詳細をみる Screaming Females - Power Move

Date:05/28/2009 | Comment: 0 |

News: メグ・ホワイトとリトル・ジャックが合同で結婚式

» Greetings from the White Stripes

Meg White married fiancé Jackson Smith on Friday, May 22nd in a ceremony in Nashville, TN, as part of a double wedding with Jack Lawrence and girlfriend Jo McCaughey. The nuptials took place in Jack White's backyard and were attended by a small party of close friends and relatives. The wedding was officiated by the most reverend Benjamin Swank.

先週の金曜日(5月22日)にテネシー州ナッシュビルで、メグ・ホワイトと彼女のフィアンセージャクソン・スミス(Jackson Smith)氏との結婚式が行われました。さらに合同でラカンターズ、デッド・ウェザーのジャック・ローレンスと彼のガールフレンド―Jo McCaugheyさんとの結婚式も行われたそうです。
式はジャック・ホワイト邸の裏庭で行われ、ジャックとメグの古い友人であるソールダッド・ブラザーズ(Soledad Brothers)のドラマー、ベンジャミン・スワンク(Benjamin Swank)が牧師を努めました。式の後には、親しい友人と親類だけを集めたパーティーも開かれたそうです。

関連リンク:
Jack The White: メグ・ホワイト、結婚!

Date:05/27/2009 | Comment: 2 |

Media: SPIN MAGAZINE - June 2009

media_spin_200906.jpg

米国の音楽誌「SPIN」の最新号はデッド・ウェザーを特集。最新のインタビュー(ジャックとアリソン)、撮りおろしの写真に加え、ニュー・シングル「Treat Me Like Your Mother」のダウンロード情報が掲載されています(先日の記事と同様です)。また、SPIN.comではデッド・ウェザーが工場見学に行くビデオ「Cutting Vinyl with Dead Weather」も公開されています。ビデオでは、メンバー4人がレコード工場(United Record Pressing)を訪れて、45回転レコードが作られるまでの過程を見学し、最後に出来上がったレコードを持って帰ります。

» The Dead Weather: Gang of 4 | Spin Magazine Online

20090525_spin_video.jpg
"Cutting Vinyl with Dead Weather" SPIN TV

Date:05/25/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、ニューシングルを無料ダウンロード配信

20090521_dw_TMLYM.gif

デッド・ウェザーのニュー・アルバム『Horehound』からのセカンド・シングル「Treat Me Like Your Mother」が、無料ダウンロード配信されています。ダウンロードにはメールアドレス、ジップコード(郵便番号)の入力が必要ですが、日本の郵便番号では認識されません(SPIN誌/米国ワーナーミュージックのサービスのため)。ちなみに・・・米国のジップコードは、例えばサンフランシスコなら「94111」です。
「Treat Me Like Your Mother」は〈Third Man Records〉のMySpaceページで視聴することもできます。

» http://thedeadweather.warnerreprise.com/

Date:05/21/2009 | Comment: 0 |

News: 【ゴシップ】ジャックとアリソンがケンカ?

20090520_finalfight.jpg

» Jack White Weathers punch up with bandmate alison Mossheart | The Sun |Showbiz|Bizarre

英国の新聞The Sunによると、ニューヨークのバーで酔っぱらったデッド・ウェザーのジャック・ホワイトとアリソン・モシャートがケンカして、あわや殴り合いにまでなりかけたそうです。情報筋によると、最初は口喧嘩からはじまり、ついにはつかみ合いにまで発展してしまったそう。現在二人は反省していて、もう二度と同じことを繰り返さなように、誓い合ったとのこと。
デビュー前に解散なんてことになったらシャレにならないですから、良かった良かった。ケンカするほど仲がいい、なんて言いますし。雨降って地固まるというか・・・というか・・・なんか嘘くさい記事だなあ。ジャックが昔ヴォン・ヴォンディーズのジェイソンを殴ったことをヒントに作った話じゃないかな?う〜む、怪しい。
この件に関して、バンドからのコメントは当然ありません。(意外に真実だったりして・・・)

追記:アリソンのコメント
Date:05/20/2009 | Comment: 5 |

News: デッド・ウェザー、1stアルバムの日本盤発売日が決定

» RO69 :: ブログ :: ロッキングオン編集部日記

RO69:ロッキングオン編集部日記によると、デッド・ウェザーのニューアルバム『ホアハウンド(Horehound)』日本盤はソニーミュージックから7月22日に発売されることが決まったようです。収録曲は海外盤と同じ全11曲で、ボーナス・トラックはなし。歌詞・対訳は不明。今のところソニーミュージックのサイトに情報は載っていません。
次号、6月1日発売のロッキング・オンでアルバム速報が掲載されるそうなので、楽しみです。

Date:05/20/2009 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、シングル盤を3枚同時リリース!

» Three New Third Man Releases

20090509_jack_7inch.gif

〈Third Man Records〉から、ジャック・ホワイト・プロデュースによる3種類の新しいシングル盤が、来週の月曜日(5月25日)にリリースされます。シングルには通常版と特別版の二種類があり、100枚限定の特別版はナッシュビルの〈Third Man Records〉ショップで店頭販売のみ。ジャック・ホワイトがデザインした黒・白・黄色の3色のビニール盤で、おまけにジュークボックス用ラベルが付いてきます。通常版はオンラインストアで購入可能。すでにプレオーダーが始まっています。

thumb
The Dead Weather
Treat Me Like Your Mother (b/w You Just Can't Win)

thumb
Mildred And The Mice
I Like My Mice (Dead) (b/w Spider Bite)

thumb
Rachelle Garniez
My House Of Peace

Date:05/19/2009 | Comment: 2 |

News: ミルドレッド、ラシェル・ガルニイズの追加情報

ジャック・ホワイト・プロデュースで〈Third Man Records〉からシングルをリリースする二人の女性アーティスト、ミルドレッド(Mildred)とラシェル・ガルニイズ(Rachelle Garniez)の情報が少し明らかになりました。

Mildred and the Mice

20090519_mildred.jpg

ケンタッキー州マンモス・ケーブ・エリア出身のミルドレッドは、今回リリースする7インチ・シングル「I Like My Mice (dead) / Spider Bite」でデビューする、新人アーティスト。彼女がデビューに至ったいきさつについて、このように紹介されています。
「地元ケンタッキーの金物屋で偶然ジャック・ホワイトに出くわしたミルドレッドは、デモテープもギターも持っていなかったため、代わりに大声で歌い始めました。お店にいた他の客は次々と足早にお店から去っていきましたが、ジャックはすぐに彼女と一緒に店を出て、その場でシングル・レコード契約のサインをしました」
このときミルドレッドが歌ったのがデビュー・シングルのA面に収められている「I Like My Mice (dead) 」という曲。エピソードを聞くかぎり剛胆な印象ですが、なぜか「ミステリアスなゴスの意気地なし(mysterious goth milquetoast)」という不思議な呼び名(?)がついているようです。

» Mildred and the Mice (MySpace)

Rachelle Garniez

20090519_RachelleGarniez.jpg

シングル「My House of Peace」をリリースするラシェル・ガルニイズは、ニューヨークのアート&ミュージック・シーンですでに長いキャリアを持っている、多才なアーティスト。彼女はパフォーマー、歌手、作詞作曲家、プロデューサー、マルチ器楽奏者など、多くの顔を持っています。
1997年に自身のレーベル〈Real Cool Records〉を設立したガルニイズは、4枚のオリジナル・アルバムをリリース。またカレン・エルソンも参加しているミュージカル一座〈The Citizens Band〉の音楽監督も務めています。

» Rachelle Garniez, New York Singer and Songwriter (official site)
» Rachelle Garniez (MySpace)

Forte Music Distribution〉では両シングルともに6月1日にリリースと掲載されていますが、リリース元の〈Third Man Records〉からはまだ正式に発表されていません。詳しい情報が入り次第、またお伝えします。

5月19日追記:リリース日は5月25日に決定。詳しくはこちら

Date:05/18/2009 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、ナッシュビルのMusic Business Councilに参加

「音楽の街(Music City)」と呼ばれる米国ナッシュビルのミュージック・シーンを発展させるべく発足された〈Music Business Council(ミュージック・ビジネス評議会)〉。46名からなる評議会のメンバーに、カントリー・シンガーのエミルー・ハリス(Emmylou Harris)、カントリー・デュオ―ブルックス&ダンのキックス・ブルックス(Kix Brooks)らに加え、ナッシュビルを拠点に活動するジャック・ホワイトも参加することがわかりました。
評議会では、ダウンタウンの円形劇場建設、CMAミュージック・フェスティバル(カントリー・ミュージック協会主催のフェスティバル)の発展、カントリー以外の音楽フェスティバルの立ち上げ、音楽教育の充実、などを目指して活動していくそうです。初の会合は来週開催されます。

» Mayor Dean assembles music council | www.tennessean.com | The Tennessean

Date:05/14/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、アルバム・アートワークとツアー日程を発表

dw_Horehound_cover.jpg

デッド・ウェザーが夏のツアー日程とアルバムのアートワークを発表しました。ツアーは6月11日から始まり、北米、カナダを中心にまわり、英国とフランスで一公演づつ行いまます。残念ながら、来日の予定はないようです(詳しいツアー日程はこちら)。
アルバムは〈Third Man/Warner Bros/Columbia Records〉から、北米で7月14日、ヨーロッパで7月13日にリリースです(日本のアマゾンでは今のところ6月16日になっていますが、そのうち変更されると思います)

Date:05/12/2009 | Comment: 0 |

People: Alison Mosshart

Date:05/11/2009 | Comment: 0 |

Tour: デッド・ウェザー、2009年ツアースケジュール

  • 03.11 Third Man Records Nashville, TN
  • 04.14 Bowery Ballroom New York, NY [1]
  • 06.11 Coyote at City Block Louisville, KY [2]
  • 06.12 Magic Stick Detroit, MI [2]
  • 06.13 The Legendary Horseshoe Tavern Toronto, ONT [3]
  • 06.17 Roxy Theatre Los Angeles, CA [4]
  • 06.23 Boston Music Room (Tufnell Park) London, UK
  • 06.24 The Forum London, UK [5]
  • 06.26 Glastonbury Festival Glastonbury, UK
  • 06.29 La Cigale Paris, FR [6]
  • 07.13 9:30 Club Washington, DC [7]
  • 07.14 9:30 Club Washington, DC [7]
  • 07.16 Terminal 5 New York, NY [7]
  • 07.17 Terminal 5 New York, NY [7]
  • 07.18 House of Blues Boston, MA [7]
  • 07.19 Ottawa Bluesfest Ontario, Canada [7]
  • 07.21 Olympia De Montreal Montreal, Canada [7]
  • 07.22 Kool Haus Toronto, Canada [7]
  • 07.24 The Fillmore Detroit, MI [7]
  • 07.25 The LC Pavilion Columbus, OH [7]
  • 07.27 First Avenue Minneapolis, MN [7]
  • 07.28 Vic Theatre Chicago, IL [7]
  • 07.29 Vic Theatre Chicago, IL [7]
  • 07.30 War Memorial Auditorium Nashville, TN [7]
  • 08.17 Ogden Theatre Denver, CO [8]
  • 08.18 The Depot Salt Lake City, UT [8]
  • 08.20 Paramount Theatre Seattle, WA [8]
  • 08.21 Commodore Ballroom Vancouver, Canada [8]
  • 08.22 Commodore Ballroom Vancouver, Canada [8]
  • 08.23 Roseland Theater Portland, OR [8]
  • 08.25 Wiltern Theatre Los Angeles, CA [8]
  • 08.26 Mayan Theatre Los Angeles, CA [8]
  • 08.27 Glasshouse Pomona, CA [8]
  • 08.29 Street Scene San Diego, CA
  • 08.30 Outside Lands Music & Arts Festival San Francisco, CA
  • 10.02 Tabernacle Atlanta, GA [9]
  • 10.03 House of Blues New Orleans, LA [9]
  • 10.04 Austin City Limits Music Festival Austin, TX
  • 10.05 House of Blues Music Hall Dallas, TX [9]
  • 10.08 Jose Cuervo Salon Mexico City, Mexico [10]
  • 10.09 Teatro Estudio Cavaret Guadalajara, Mexico [10]
  • 10.19 Manchester Academy Manchester, UK [11]
  • 10.21 Newcastle O2 Academy Newcastle, UK [11]
  • 10.22 Edinburgh Picture House Edinburgh, UK [11]
  • 10.23 Leeds O2 Academy Leeds, UK [11]
  • 10.25 Bristol O2 Academy Bristol, UK [11]
  • 10.26 Birmingham O2 Academy Birmingham, UK [11]
  • 10.28 Olympia Paris, France [11]
  • 10.29 London O2 Brixton Academy London, UK [11]
  • 10.30 The Forum London, UK [12]
  • 11.01 E-Werk Koln, Germany [11]
  • 11.02 Astra Berlin, Germany [11]
  • 11.03 Melkweg Amsterdam, Holland [11]
  • 11.05 Vega Copenhagen, Denmark [11]
  • 11.06 Sentrum Scene Oslo, Norway [11]
  • 11.07 Kagelbanan Stockholm, Sweden [11]
  • 11.17 Music Hall of Williamsburg Brooklyn, NY [13]

[1] with Crystal Stilts
[2] with Cut In The Hill Gang
[3] with Hollerado
[4] with Mini Mansions
[5] with Smoke Fairies
[6] with Aqua Nebula Oscillator
[7] with Screaming Females
[8] with Tyvek
[9] with Imaad Wasif
[10] with Le Butcherettes
[11] with Creature With The Atom Brain
[12] with The Jim Jones Revue
[13] with Violent Soho

最終更新日:2010.02.02

Date:05/08/2009 | Comment: 0 |

News: MusicRadarによるジャック・ホワイトの最新インタビュー

logo_musicradar.jpg

MusicRadarから、Joe Bossoによるジャック・ホワイトの最新インタビューがポッドキャスト配信されています。インタビューの内容を抜粋すると・・・。
「アリシア・キーズと映画007のプロモーションを行うためにカスタムメイドしたギターやドラムなどの機材を、今はデッド・ウェザーが使用している」「今年はデッド・ウェザーで活動する」「メグの病気は深刻なものだったけど、嬉しいのはそれはもう過去のものだと言えること。みんなわかってくれないけど、ツアーは本当に大変なんだ」「コーナンの番組に出る前に、ホワイト・ストライプスの新曲を〈Third Man Studio〉で何曲かレコーディングした。アルバムはたぶん来年」「自分がギタリストとして有名なのはちょっと不思議。僕はずっとドラマーだったから」
といった感じです(たぶん)。このポッドキャストはMusicRadarのホームページでダウンロード出来ます。余談ですが、電話インタビューなので、珍しい電話越しのジャックの声が聞けます。携帯を持ってないはずだから、家の電話かな?

» Jack White on The Dead Weather, White Stripes | musicradar.com

タグ:MusicRadar
Date:05/07/2009 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、夫婦でパーティーに出席(2009)

20090506_jackandkaren.jpg

米ニューヨークのメトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art)のコスチューム・インスティチュート(Costume Institute)で5月6日から8月9日まで開催されている展覧会「ミューズとしてのモデル(The Model as Muse: Embodying Fashion)」。5月4日に開かれたオープニング・パーティーに、去年に引き続きホワイト夫妻が出席しています。

» The Best of the Rest of the Costume Institute Gala! | Jack White, Karen Elson | PopSugar - Celebrity Gossip & News

Date:05/06/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、Ottawa Bluesfest 2009に出演決定

logo_CiscoBluesfest.jpg

カナダのオンタリオ州オッタワで2009年7月8日から19日まで行われる〈Ottawa Bluesfest〉に、デッド・ウェザーが出演することが決まりました。デッド・ウェザーはフェスティバル最終日(19日)のRogers Stageに、午後8時から登場します。
その他のラインナップは、Jeff Beck、Jackson Browne、Brian Setzer Orchestra、Stone Temple Pilots、Kiss、Yeah Yeah Yeahsなどが予定されています。

» Cisco Ottawa Bluesfest

Date:05/06/2009 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、ケイト・モスとコラボレートの【噂】

20090506_kateMoss.jpg

» Jack White asks Kate Moss to join him in the studio at sessions for new band Dead Weather’s album. | The Sun |Showbiz|Bizarre

相変わらずコラボレートの【噂】が後を絶たないジャック・ホワイト。今回も正式な発表ではないため、あくまで【噂】ですが、一応お伝えしたいと思います。
英国の新聞The Sunによると、ジャックはモデルのケイト・モス(Kate Moss)に、デッド・ウェザーのアルバムのために一緒にレコーディングする話をもちかけているそうです。そもそもケイト自身もロック・クイーンになりたがっているのですが、恋人であるキルズ(The Kills)のジェイミー・ヒンス(Jamie Hince)は全然とりあってくれない。そこにジャックが名乗りを上げた、というようなストーリーです。
ケイト・モスはホワイト・ストライプスのビデオ「I Don’t Know What To Do With Myself」に出演したことがあって、彼女のボーイフレンドにロック・ミュージシャンが多くて(しかも今付き合っているのがヒンスで)、さらにジャックの奥さんがモデルだから、、、なんていう勝手な捏造ではなく、もちろん確かな情報源があっての記事だと、思われます。ちなみに情報源は明らかにされていません。
さてさて、真偽のほどはどうでしょう?

Date:05/06/2009 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、Dexter Romweber Duoとレコーディング

20090507_DexSaraJack.jpg

» Dex Romweber: the Jack White touch | Metromix Nashville

彼は僕の音楽に最大の影響を与えたし、今も与え続けている。10代の頃に彼らのレコードは全部持っていた。クラシックなアメリカン・ミュージック、南部の音楽、ロカビリー、カントリー、R&Bなんかを下地にしたデクスター・ロンウェバーの愛に基づいたソング・ライティングは、ロックのアンダーグラウンド・シーンにおいて知られざる、しかし最高の存在なんだ

ジャック・ホワイトがホワイト・ストライプスを結成する際に、そのバンド・スタイルの青写真として考えていたのが、80年代から90年代にかけて活躍した二人組のガレージ・バンド、フラット・デュオ・ジェッツ(Flat Duo Jets)でした。
ボーカル/ギタリストのデクスター・ロンウェーバー(Dexter Romweber)と、ドラマーのクリス“クロウ”スミス(Chris "Crow" Smith)の二人が、1983年に米国ノース・カロライナで結成したフラット・デュオ・ジェッツ。インディーで8枚のアルバムをリリースした後、メジャー・レーベルの〈Outpost Records〉と契約し、1998年に初のメジャー・アルバム『Lucky Eye』をリリースしますが、翌年の1999年にバンドは解散してしまいます。デクスターはしばらくソロで活動した後、妹のサラと共にDexter Romweber Duoを結成。精力的なライブ活動を続け、今年2月には、スペシャル・ゲストとしてキャット・パワー(Cat Power)やニーコ・ケース(Neko Case)なども参加したアルバム『Ruins of Berlin』をリリースしました。

ジャック・ホワイトはフラット・デュオ・ジェッツのドキュメンタリー『Two Headed Cow』や、彼らの故郷アセンズのガレージ・シーンを追った映画『Athens, Ga : Inside Out』、また今年公開される『It Might Get Loud』などでも、デクスターに影響されたことを発言していました。
そして、4月29日と30日の二日間にわたり、Third Man Studioでデクスターとジャックは始めて一緒にセッションを行い、「Last Kind Word Blues」と「The Wind Did Blow」の2曲を録音しました。
初日にレコーディングされた「Last Kind Word Blues」は1930年代の女性ブルース・ミュージシャン、ギシー・ワイリー(Geeshie Wiley)のカバー。この曲ではデクスターがボーカル/ギター/ピアノ、ジャックがボーカル/ギター、サラがドラムを担当しています。翌日に録られた「The Wind Did Blow」はデクスターの未発表曲。デクスターがボーカル/ギター/オルガン、ジャックがボーカル/ベース、サラがタンバリンとドラムを担当。2曲ともジャックがプロデュースも行っています。
このシングルは、ブルーバックにアーティスト写真だけがプリントされた「ブルー・シリーズ(Blue Series)」として、7インチのアナログ盤のみ、〈Third Man Records〉と〈Bloodshot Records〉から今月末にリリースされます。

» Geeshie Wiley "Last Kind Words" - MP3 (Internet Archive)

Go Go Harlem Baby

Go Go Harlem Baby
Flat Duo Jets
(Sky Records)
Flat Duo Jets - Go Go Harlem Baby

Date:05/03/2009 | Comment: 0 |

News: メグ・ホワイト、結婚!

Jackson Smith
Jackson Smith at Bowery Sessions 2007-04-24

ホワイト・ストライプスのメグ・ホワイトが、ミュージシャンのジャクソン・スミス(Jackson Smith)氏と結婚する事が明らかになりました。
お相手のスミス氏はデトロイトのバンド―Back in Spadesのギタリスト。しかも母親がパティ・スミス(Patti Smith)で父親がMC5のフレッド“ソニック”スミス(Fred (Sonic) Smith)という、ガレージ・パンクのサラブレッドのような男性です。
Detroit Free Pressによると、交際は昨年の夏にスタートし、現在はデトロイトのメグの家で同棲中。数週間前に婚約を決めた二人は、5月22日にナッシュビルで結婚式を行うと伝えられています。(デトロイト出身の二人がナッシュビルで結婚をするのはプライバシー上の問題で、結婚式の後にデトロイトでレセプションを行う事も計画しているそうです)

» Rockers Meg White, Jackson Smith set to marry | Detroit Free Press

Date:05/03/2009 | Comment: 0 |
↑ Page top