Feature: 裏Third Man Records ウェブサイト

feature_BlueThirdMan.jpg

Third Man Records ロサンゼルス店のオープンにあわせて、密かに出現していた裏Third Man Records ウェブサイト。一日限定の公開だったようで、現在はすでに元の状態に戻ってしまいました。そこで見逃してしまった方のために、どんな内容だったかを紹介したいと思います。

続きを読む
Date:08/30/2009 | Comment: 4 |

News: Third Man Records ロサンゼルス店

20090927_TMR-LA_01.jpg
photo: current events on Flickr

8月26日の午前10時、米国ロサンゼルスにオープンしたThird Man Records ロサンゼルス店(正式名称はThird Man Records and Novelties West)。すでに写真や店内の様子、インストアライブのビデオなどが各所にアップされているので、いくつか紹介したいと思います。

続きを読む
Date:08/27/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、ライブで新曲を披露

20090827_dw_livephoto.jpg
photo: jadeamey on Flickr

米国/カナダをツアー中のデッド・ウェザーは、最近行ったライブで未発表の新曲を披露しています。新曲は「Jawbreaker」「I Can't Hear You」「No Horse」の計3曲が確認されています。

» Jawbreaker (YouTube)
» I Can't Hear You (YouTube)
» No Horse (YouTube)

Date:08/27/2009 | Comment: 0 |

News: Third Man Records ロサンゼルス店は本日オープン

20090826_tmr_losangeles.jpg
photo: ericrichardson on Flickr

8月26日(現地時間)から3日間限定でオープンするThird Man Recordsのロサンゼルス店。初日は午前10時に開店し、正午からデッド・ウェザーがインストアライブを行うことが発表されています。

Third Man Records and Novelties West
448 S. Main Street (between 4th and 5th)
Downtown Los Angeles, CA 90013

Wednesday, August 26th: 10 am - 8 pm
Thursday, August 27th: 12 pm - 8 pm
Friday, August 28th: 12 pm - 8 pm

Date:08/26/2009 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、"Fly Farm Blues"がNME今週の一曲に選ばれる

NME.comの「今週の一曲(10 Tracks You Have To Hear This Week)」に、MuseやFuck Buttonsを抑えて、ジャック・ホワイトの「Fly Farm Blues」が第一位に選ばれています。
「テクノロジーと戦い続けるジャック・ホワイトが、エレキギターについてのドキュメンタリー映画(『It Might Get Loud』)のために、たった10分でレコーディングしたファースト・ソロ・シングル。乾いて歪んだボーカルと刺々しく激しい演奏はまるで時代遅れなものに感じるかもしれないが、それはホワイトの心から生まれた本能的でエキサイティングな金の塊なのです」

» 10 Tracks You Have To Hear This Week - NME.COM

タグ:FLY FARM BLUES
Date:08/25/2009 | Comment: 0 |

News: GUM DROP GIVEAWAY #102

media_dw_gumdropgiveaway.jpg

音楽情報サイトStereogumは“GUM DROP GIVEAWAY #102”と題したデッド・ウェザーのコンテストを行っています。
このキャンペーンは、Third Man Recordsが以前行っていた“DEAD WEATHER GIVEAWAY”と似た内容で、コンテストの応募者の中から一名様に、デッド・ウェザーのビデオ「Treat Me Like Your Mother」でジャック・ホワイトが着用していた洋服をプレゼントするというもの。さらに賞品として、アルバム『Horehound』のLP、Third Man Recordsのプラチナ会員(3ヶ月)まで付いてきます。
コンテストの参加方法は至って簡単。Stereogumサイトへアクセスして、応募フォームに自分のメールアドレスを記入し、「Enter Gum Drop Giveaway #102」と書かれたボタンを押すだけ。特別な登録は必要ありません(ただし海外からの応募が有効かどうかは不明)。応募は一人一回限定。締切は2009年9月2日です。コンテストの結果は、締切から一週間ほど後に、メールで知らされるそうです。

» The 'Gum Drop Giveaway Entry Form: Win Jack White's bloody video outfit and Third Man Records goodies! | Stereogum

Date:08/25/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、ヨーロッパ・ツアーを発表

デッド・ウェザーは2009年の10月末から11月頭にかけて、ヨーロッパの3カ国をまわるツアーの追加日程を発表しました。今回発表されたのは、10月28日のフランス公演、11月1日、2日のドイツ公演、11月3日のオランダ公演。全4公演のチケットはすでに販売開始しています。
北米/カナダ、イギリス、ヨーロッパとくれば、次はアジア/オセアニア方面もあるのでしょうか。いつものように、期待しないで待ちたいと思います。

関連記事:
» デッド・ウェザー、2009年ツアースケジュール

Date:08/25/2009 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、ロサンゼルスに限定ショップ

» Third Man Records and Novelties opens in Los Angeles for limited time!

Third Man Records is overjoyed to announce the opening of Third Man Records and Novelties West FOR THREE DAYS ONLY in downtown Los Angeles, California. The store will be located at 448 S. Main Street and opening day is Wednesday, August 26th, at 10 AM.

Come see us for all Third Man releases and miscellany from The Dead Weather, The White Stripes, and The Raconteurs to all Third Man 45s, T-shirts and loads of surprises exclusive to this temporary location.

We will be open 3 days only, store hours are as follows:

Third Man Records and Novelties West
448 S. Main Street Los Angeles, CA 90013 (Google Maps)

Wednesday AUG. 26: 10 am to 8 pm
Thursday AUG. 27: 12 pm to 8 pm
Friday AUG. 28: 12 pm to 8 pm

Third Man Records News Letterによると、Third Man Recordsの期間限定ショップが、先月のニューヨークに引き続き、新たにロサンゼルスにオープンします。店舗は8月26日(現地時間)から、ニューヨーク店と同様に3日間限定で開店。ホワイト・ストライプスやデッド・ウェザーなどの、Third Man Records所属アーティストのレコードやTシャツなどに加え、ロサンゼルス店限定アイテムも販売されるようです。
この時期にバンドはライブやJimmy Kimmel Liveへのテレビ出演でロサンゼルスに滞在しているので、(これもニューヨーク店同様に)シークレット・ライブを予定しているかもしれません。

Date:08/21/2009 | Comment: 0 |

Media: YES - vol.014

media_yes-mag_14.jpg

音楽フリーマガジンYESのvol.014にデッド・ウェザーのインタビューが掲載されています。内容はBARKSなどに掲載されているAko Suzukiさんのインタビューのダイジェスト版ですが、日本の音楽誌で初めてデッド・ウェザーが表紙に載っているところが素晴らしいです(アークティック・モンキーズとのダブル表紙)。
YESは東京および主要都市のレコード店で配布されています。詳しい配布場所はYESの公式サイトに掲載されています。

» YES magazines Website

Date:08/21/2009 | Comment: 0 |

News: 映画『かいじゅうたちのいるところ』

20090821_cover_AllIsLove.jpg

» Karen O and the Kids: The Rockers of “Where the Wild Things Are” : Rolling Stone : Rock and Roll Daily

1960年代に発表され今なお世界中で愛されているモーリス・センダックの絵本を、スパイク・ジョーンズが実写化した映画『Where The Wild Things Are(邦題:かいじゅうたちのいるところ)』。
この映画のサウンドトラックを手掛けているのが、ヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)のボーカル、カレン・オー。さらに彼女をサポートする“Kids”のメンバーとして、バンドメイトであるブライアン・チェイス、ニック・ジナーをはじめ、ディアハンターのブラッドフォード・コックスやデッド・ウェザーのディーン・フェティータ、ジャック・ローレンスなどが参加しています。アルバムの発売はもうしばらく先の9月29日ですが、ファースト・シングル「All Is Love」のデジタル版が今月の25日にリリースされます(共に米国)。
映画は米国で10月16日に劇場公開、日本では2010年1月の予定です。映画の公式サイトで予告編やイメージ写真を観ることが出来ます。

» Where The Wild Things Are (US Official)
» 映画『かいじゅうたちのいるところ』 - シネマトゥデイ

Where Wild Things Are Motion Picture Soundtrack

Where Wild Things Are Motion Picture Soundtrack
Karen O & Kids
Interscope Records (2009/9/29)
Format: CD
amazon.co.jpで詳細をみる

Date:08/21/2009 | Comment: 0 |

Video: "Treat Me Like Your Mother" - Behind The Scenes

Behind the scenes footage of The Dead Weather video for "Treat Me Like Your Mother" with Jack White and Alison Mosshart

» YouTube - TheDeadWeatherTV

Date:08/20/2009 | Comment: 0 |

News: ブレンダン・ベンソン、ニュー・アルバム発売記念ライブ

20090820_bb_liveAtSpinRooftop .jpg
photo: Kathryn Yu

» Brendan Benson Rocks the SPIN Rooftop | Spin Magazine Online

8月18日に4年ぶりのソロ・アルバム『My Old, Familiar Friend』をリリースしたブレンダン・ベンソンが、火曜日にはニューヨークにある音楽誌SPINのオフィス・ビル屋上で、友人やファンを集めた特別ライブを行いました。
ニュー・アルバムのファースト・トラック「A Whole Lot Better」でスタートしたライブは、同アルバムから「Don't Wanna Talk」や「Feel Like Taking You Home」、過去のアルバムから「Good to Me」や「What I'm Looking For」など、全8曲が演奏されています。ライブのサポートには、ベースにベン・フォールズ(Ben Folds)のJared Reynolds、ドラムにBrad Pemberton、ギター/キーボードにラカンターズのツアー・メンバーでもあるマーク・アラン・ワトラスが参加。このメンバーで今後のツアーも行うようです。

Set List:
A Whole Lot Better
Eyes On the Horizon
Good to Me
Don't Wanna Talk (Download)
Cold Hands (Warm Heart)
Tiny Spark
What I'm Looking For
Feel Like Taking You Home

Jack The White内の関連記事:
» ブレンダン・ベンソン、新作の日本盤は8月26日発売
» ブレンダン・ベンソン、新曲を無料ダウンロード配信
» Brendan Benson "Feel Like Taking You Home" - MP3

Date:08/20/2009 | Comment: 0 |

Media: snoozer #075

cover

snoozer (スヌーザー) #075(2009年 10月号)に、デッド・ウェザーのジャック・ホワイトとアリソン・モシャートのインタビューが掲載されています。後発のインタビューということもあり内容に目新しさはありませんが、デビッド・スワンソン撮影のデッド・ウェザーの写真がなかなかカッコいいです。
snoozer #075は全国書店で絶賛発売中。40ページに渡る特集が組まれているビートルズの表紙が目印です。

» snoozer#051〜

amazon.co.jpで詳細をみる

Date:08/20/2009 | Comment: 0 |

Disc: C'mon and Ride - Single

thumb
  1. C'mon and Ride
  2. After Party

Transit
Released: August 11, 2009
Format: 7" Vinyl/Download
Third Man Records
Transit - C'mon and Ride

タグ:C'mon and Ride
Date:08/19/2009 | Comment: 0 |

Disc: Bohemian Grove - Single

thumb
  1. Bohemian Grove
  2. Atheist Funeral

Dan Sartain
Released: August 11, 2009
Format: 7" Vinyl/Download
Third Man Records
Dan Sartain - Bohemian Grove

Date:08/19/2009 | Comment: 0 |

Video: Will There Be Enough Water - Live from The Roxy

The Dead Weather performs "Will There Be Enough Water" live from The Roxy.

» YouTube - TheDeadWeatherTV

Date:08/15/2009 | Comment: 0 |

Video: Bone House - Live from The Roxy

The Dead Weather performs "Bone House" live from The Roxy.

» YouTube - TheDeadWeatherTV

Date:08/15/2009 | Comment: 0 |

Media: Player 2009年9月号

B002HESN7Y

Player(プレイヤー)2009年9月号に、デッド・ウェザーのインタビューが掲載されています。内容はBARKSに掲載されたインタビューと同じものですが、訳し方が少し違っていたり、内容も所々微妙に違います(例えばプレイヤー にはジャックが「最近、秒間24コマの撮影が出来るHDビデオカメラを買った」くだりなどが出てくるのですが、Barksにこの話は全く登場しません)。
Player 2009年9月号は全国書店で絶賛発売中。モノクロのジョン・レノンの表紙が目印です。

» 最新号案内|Player On-Line プレイヤー・コーポレーション

amazon.co.jpで詳細をみる

Date:08/13/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、英国ツアーを発表( 8.12訂正)

» The Dead Weather | Shows

デッド・ウェザーのツアー日程が追加で発表されました。10月21日から29日にかけて、イギリスのニューカッスル、バーミンガム、ロンドンの3箇所をまわります。チケットの発売は8月14日から。

8月12日訂正:
正確にはUKフルツアーでした。全7公演を行います。正しい追加日程は以下の通りです。失礼しました。

10.19.2009 Manchester Academy, Manchester
10.21.2009 Newcastle O2 Academy, Newcastle
10.22.2009 Edinburgh Picture House, Edinburgh
10.23.2009 Leeds O2 Academy, Leeds
10.25.2009 Bristol O2 Academy, Bristol
10.26.2009 Birmingham O2 Academy, Birmingham
10.29.2009 London O2 Brixton Academy, London

Date:08/11/2009 | Comment: 0 |

Disc: Fly Farm Blues - Single

thumb
  1. Fly Farm Blues

Jack White
Released: August 11, 2009
Format: 7" Vinyl/Download
Third Man Records
Jack White - Fly Farm Blues - Single

タグ:FLY FARM BLUES
Date:08/11/2009 | Comment: 5 |

News: DEAD WEATHER GIVEAWAY

20090807_DWG_jack_m.jpg

デッド・ウェザーのミュージック・ビデオ「Treat Me Like Your Mother」で、ジャックとアリソンが着ていた衣装が当たるコンテスト「DEAD WEATHER GIVEAWAY」が、8月7日午後一時(米国セントラルタイム)にThe Vaultで行われます。
コンテストではデッド・ウェザーに関するクイズが3問出題されるので、答えを書いたメールを指定されたアドレスに送ります。正解の答えを送った先着3名には賞品として、手作りのケースに入れられ「ジャックの革ジャケット+Tシャツセット」、「アリソンの革ジャケット+Tシャツセット」、「アリソンとジャックのジーンズセット」が贈られます(もれなく薬莢付き)。ただしコンテストに参加出来るのは、The Vaultのプレミアム、プラチナ会員に限られています。

» Third Man Records

Date:08/07/2009 | Comment: 0 |

Media: WRVU: Fruits and Cheeses

WRVU

8月6日に放送されたナッシュビルのラジオ局WRVUの番組「Fruits and Cheeses」に、Third Man Recordsのメンバーであるベン・ブラックウェルとベン・スワンクが出演しました。
番組ではインタビューと二人が選んだ曲(約30曲)がオンエア。その選曲はChicken ShackやSavoy Brownなどの英国ブルースから、ソウル・ミュージック(Mel & Tim)、ジャズ(Mose Allison)、ゴスペル(Utah Smith)、パンク(Nobunny)など年代もジャンルも有名無名もバラバラですが、共通してブルースを感じさせる音楽を選んでいます。さらにThird Man Recordsのアーティスト、デッド・ウェザーやミルドレッド、ラシェル・ガルニイズの曲に加え、リリース前のダン・サーティンの「Atheist Funeral」やトランジットの「C'Mon and Ride」も聴くことが出来ます。
この放送はWRVUのサイトでもストリーミング配信されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

視聴 » Archived Audio
※アーカイブのリストからFruits and Cheesesをクリック。
※視聴にはRealPlayerが必要です。Windows | Mac

プレイリスト » WRVU: Playlist Detail

Date:08/07/2009 | Comment: 0 |

News: VMCでジャック・ホワイト特集が放送

» ミュージックビデオ専門|VMC|ARTIST'S INT'L

ミュージック・ビデオ専門チャンネルVMCで、ジャック・ホワイト特集番組の放送が決定しました。放送日時は8/17(月)、時間は夜8時から1時間(リピート放送は8/25 13:00〜、9/6 16:00〜)。VMCはスカパー!、ケーブルテレビ、ブロードバンドで視聴で来ます。詳しくはVMC視聴方法のページへ。

Date:08/06/2009 | Comment: 0 |

News: この曲が「Fly Farm Blues」?【噂】

映画『It Might Get Loud』のために書き下ろされたジャック・ホワイトの新曲「Fly Farm Blues」。その楽曲はまだ発表されていませんが、ホワイト・ストライプスのファン・フォーラムでは「映画の予告編でジャックが弾き語りしている曲が"Fly Farm Blues"ではないか」という噂が出ています。上のビデオがその予告編(5分15秒あたりから始まります)。聴いてみると、確かに「これぞブルース!」といった曲ですが、真偽は不明。この噂は正解なのか・・・それは8月11日のリリース後にわかります。

» ||| Third Man Records |||

タグ:FLY FARM BLUES
Date:08/06/2009 | Comment: 0 |

News: ブレンダン・ベンソン、新作の日本盤は8月26日発売

20090806_brendanbenson.jpg
photo: Autumn de Wilde

純粋でストレート、それが最高のロックン・ロール!

ザ・ラカンターズではジャック・ホワイトと共にギター・ヴォーカルを担当するブレンダン・ベンソンが待望のソロ4作目となる『マイ・オールド、ファミリア・フレンド』をリリース!プロデューサーにギル・ノートン(Foo Fighters他)、ミックスにデイヴ・サーディー(The Rolling Stones、Oasis)と超売れっ子を迎え、米ナッシュヴィルと英ロンドンでレコーディングされた本作は、ストレートなロックとポップ性を兼ね備えたブレンダン史上最高傑作!96年、ジェリーフィッシュのジェイソン・フォークナーとの共作でソロデビューしてからザ・ラカンターズのメンバーとして走り続けるブレンダンがキャリアの集大成として放つ超本気作品!!!(Amazon.co.jp)

ブレンダン・ベンソンのニュー・アルバム『My Old, Familiar Friend』の日本盤が、レディオヘッドやアークティック・モンキーズを取り扱うホステス・エンタテインメントから、8月26日にリリースされることが決定しました(米国は8月18日)。
ニュー・アルバムには、いかにも彼らしいポップな曲から、ラカンターズが演奏してもおかしくないドラマチックな曲まで、これまで以上に深く広い音楽性を持った作品に仕上がっています。もちろんブレンダンならではの美しいメロディ・ラインは健在。前作『The Alternative to Love』から大きな成長を遂げた今作は、彼の最高傑作と言っても間違いないありません。
アルバムの発売に先駆けて、米国NPRのサイトで全曲視聴を行っています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

» Exclusive First Listen: Brendan Benson : NPR

マイ・オールド、ファミリア・フレンド

マイ・オールド、ファミリア・フレンド
ブレンダン・ベンソン
(ホステス)2009-08-26
amazon.co.jpで詳細をみる

My Old Familiar Friend [Import] [from US]

My Old Familiar Friend [Import] [from US]
Brendan Benson
(ATO) 2009-08-18
amazon.co.jpで詳細をみる

Date:08/06/2009 | Comment: 0 |

News: アル・ヤンコビックがホワイト・ストライプスをパロディ

マイケル・ジャクソンや、マドンナ、ニルヴァーナなど有名アーティストのヒット曲を、はちゃめちゃな替え歌でカバーすることで有名なミュージシャン、ウィアード・アル・ヤンコビック("Weird Al" Yankovic)。1984年にマイケル・ジャクソンの「Beat It」の替え歌「Eat It」が大ヒットして以来、三度のグラミーを受賞し、2006年にはシングル/アルバム共にトップ10ヒットを記録するなど、いまだ人気は衰えていません。
そんなアルの新曲「CNR」では、なんとホワイト・ストライプスをパロディ。すでに公開されているミュージック・ビデオでは、アルがジャックに扮して登場しています。これまでのような忠実にパロディ化された作品とは違い(例「Smells Like Nirvana」)、ビデオも曲もオリジナルですが、曲調はストライプスっぽく仕上がっています。タイトルの「CNR」は米国の俳優/コメディアンのチャールズ・ネルソン・ライリー(Charles Nelson Reilly)の頭文字で、この曲は2007年に亡くなったライリー氏に捧げられているようです(といいつつ、ビデオの中でライリー氏は、めちゃくちゃなことにされていますが)。またこのビデオは、ユーザーの顔をビデオの中に登場させるキャンペーンも行っています。詳しくはこちらのサイトへ。

» The Official "Weird Al" Yankovic Web Site

Date:08/05/2009 | Comment: 2 |

News: Third Man Records、3枚のニューシングル発表

Third Man Recordsから新たに3枚のシングル盤が発表されました。その内の一枚はジャック・ホワイトのソロ(!)、さらにジャック・ホワイトのプロデュースによる2枚のブルー・シリーズがリリースされます。

JACK WHITE "FLY FARM BLUES"

20090805_7inch_jackwhite.jpg

映画『It Might Get Loud』の監督デイビス・グッケンハイムのリクエストで、映画のために書き下ろされた曲「Fly Farm Blues」が収録された、A面のみのシングル盤。

TRANSIT "C'MON AND RIDE"/"AFTER PARTY"

20090805_7inch_transit.jpg

トランジットはナッシュビル州地下鉄管理局の従業員によって結成されたバンド。「C'mon and Ride」と「Afterparty」の2曲は、ナッシュビルの公共バスについて歌ったもので、運転手、清掃員、整備士、事務員らによって書かれたそうです。

DAN SARTAIN "BOHEMIAN GROVE"/"ATHEIST FUNERAL"

20090805_7inch_dan.jpg

ホワイト・ストライプスのオープニング・アクトを務めた経験もある、アラバマ出身のシンガー・ソングライター、ダン・サーティンのシングル盤。「Bohemian Grove」と「Atheist Funeral」の2曲を収録。サーティンのMySpaceページで「Atheist Funeral」を聴くことが出来ます。

リリース日は8月11日、フォーマットは7インチ・アナログ盤とデジタル・ダウンロード配信の2種類。アナログ盤は1枚$10で、3枚セットのパック($27)もあります(価格は日本から購入の場合、送料別)。すでにオフィシャル・サイトではプレオーダーの受付を開始しています。

8月6日追記:Third Man Recordsではおなじみの限定版3色アナログ盤が、ナッシュビルの店頭発売される100枚に加え、オンライン販売される中にもランダムで50枚入っているそうです。

» ||| Third Man Records |||

Date:08/05/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、CD101でライブ・セッションを配信

20090804_CD101.com.jpg

米国オハイオ州コロンバスのラジオ曲CD101.1は、8月9日にデッド・ウェザーのライブ・セッションをストリーミング配信(※)します。すでにセッションはCD101.1内にあるスタジオBig Roomで収録されており、その様子を収めた写真をサイトで観ることが出来ます。

※閲覧にはMicrosoft Silverlightのインストールが必要です。

» CD101.1 FM Radio, Columbus, Ohio. The Alternative Station

Date:08/04/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、Photo Booth Strips Contestは残り4枚

20090804_goldentickets.jpg

以前お伝えした、デッド・ウェザーがファンをThird Man Recordsへ招待してくれるキャンペーン『Photo Booth Strips Contest』ですが、現在のところ全6枚のゴールデン・チケットの内、2枚が発見されたそうです。幸運な当選者は、シカゴ在住のKoziolさんとメリーランド在住のFoxさん。残る4枚は未だどこかのレコード店に眠っています。
キャンペーンに参加出来るのは18歳以上で米国(またはプエルトリコ)在住の方に限られているので、日本に住んでいる方はチケットを手に入れても残念ながらツアーに行くことは出来ません(詳しい応募要項はこちら)。また、ゴールデン・チケットが入っているのはUS盤のみなので、Sonyからリリースされている日本盤やUK盤には入っていません。キャンペーンの締め切りは8月15日です。

追記:同じようにFilterマガジンが、デッド・ウェザーの出演するOutland Festivalへのチケットや特別アナログ盤が当たるキャンペーンを行っていますが、こちらも参加資格は18歳以上の米国在住の方のみです。

» Deadweather at FUEL.TV

Horehound [Import] [from US]

Horehound [Import] [from US]
The Dead Weather
(Columbia)
amazon.co.jpで詳細をみる

Date:08/04/2009 | Comment: 2 |
↑ Page top