News: Merry Christmas From...

"Merry Christmas From..." The White Stripes (2002)

続きを読む
Date:12/24/2009 | Comment: 2 |

News: 謎のバンド、The Black Belles現わる

20091223_bb_silhoutte.gif

Third Man Records is very pleased to announced a new release coming early in 2010! Watch this space for more information...

Third Man Recordsの公式サイトに突如登場した謎のバンド、ブラック・ベルズ(The Black Belles)。帽子をかぶった四人組のシルエットと、来年の早いうちに彼ら(彼女ら)のリリースが発表されること以外、何もわかりません。ジャケットのイメージを見る限りブルー・シリーズのようですが、今までに無いやや勿体ぶった感じは何かあるのでしょうか。例えば、見たことのある顔がメンバーにいるとか・・・。
現在、Third Man Recordsはすでに年末の休暇に入っていてオンラインショップもクローズ中。年始の営業は1月4日からということです。

» ||| Third Man Records |||

追加情報(12/24)

20091224_erinbelle.jpg

ホワイト・ストライプスのフォーラムで、「ブラック・ベルズ」のメンバーではないかと噂されているのが、こちらのエリン・ベル(Erin Belle)さん。その理由として、彼女はナッシュビル在住であり(職業はモデル)、さらに「I Cut Like A Buffalo」のビデオに出演していたそうです(ベルさんが自らのtwitterで発言)。これはかなり有力な情報ではないでしょうか。

» Erin Belle | Model

Date:12/23/2009 | Comment: 0 |

Bootleg: The Dead Weather live at Outside Lands Festival

cover art
  1. 60 Feet Tall
  2. Hang You From The Heavens
  3. Jawbreaker
  4. You Just Can't Win
  5. So Far From Your Weapon
  6. Rocking Horse
  7. No Horse
  8. Forever My Queen
  9. New Pony
  10. I Can't Hear You
  11. I Cut Like A Buffalo
  12. Treat Me Like Your Mother
  13. Will There Be Enough Water?

2009年8月に、米国カリフォルニア州サン・フランシスコの〈Outside Lands Music and Arts Festival〉に出演した、デッド・ウェザーのパフォーマンスを収録したライブ・ブートレグです。フェスティバルでなので通常のライブより演奏曲数は少なめですが、未発表の新曲を3曲ほど披露しているのが嬉しいところ。このブートレグはデッド・ウェザーのファン・サイト、thedeadweather.orgで公開されています。

» The Dead Weather Gigs
» Jack The White's original cover art

Date:12/23/2009 | Comment: 0 |

News: 海外メディア2009年ベストアルバムまとめ

SPIN

  1. Animal Collective - Merriweather Post Pavilion
  2. Yeah Yeah Yeahs - It's Blitz!
  3. Phoenix - Wolfgang Amadeus Phoenix
  4. Grizzly Bear - Veckatimest
  5. Girls - Album
  6. Bat For Lashes - Two Suns
  7. Mos Def - The Ecstatic
  8. Florence And The Machine - Lungs
  9. Drake - So Far Gone
  10. The Dead Weather - Horehound

Q Magazine

  1. Kasabian - West Ryder Pauper Lunatic Asylum
  2. Florence And The Machine - Lungs
  3. Yeah Yeah Yeahs - It's Blitz!
  4. Animal Collective - Merriweather Post Pavillion
  5. Manic Street Preachers - Journal For Plague Lovers
  6. Arctic Monkeys - Humbug
  7. Muse - The Resistance
  8. Lily Allen - It's Not Me, It's You
  9. U2 - No Line On The Horizon
  10. Phoenix - Wolfgang Amadeus Phoenix

NME

  1. The Horrors - Primary Colours
  2. The xx - xx
  3. Yeah Yeah Yeahs - It’s Blitz!
  4. Wild Beasts - Two Dancers
  5. Animal Collective - Merriweather Post Pavilion
  6. Grizzly Bear - Veckatimest
  7. The Big Pink - A Brief History Of Love
  8. Fuck Buttons - Tarot Sport
  9. Fever Ray - s.t.
  10. Jamie T - Kings And Queens

Stereogum

  1. Animal Collective - Merriweather Post Pavilion
  2. Grizzly Bear - Veckatimest
  3. Dirty Projectors - Bitte Orca
  4. Phoenix - Wolfgang Amadeus Phoenix
  5. The xx - xx
  6. Girls - Album
  7. Yeah Yeah Yeahs - It’s Blitz!
  8. The Antlers - Hospice
  9. Passion Pit - Manners
  10. Neko Case - Middle Cyclone

Rolling Stone

  1. U2 - No Line on the Horizon
  2. Bruce Springsteen - Working on a Dream
  3. Phoenix - Wolfgang Amadeus
  4. Jay-Z - The Blueprint 3
  5. Green Day - 21st Century Breakdown
  6. Dirty Projectors - Bitte Orca
  7. Neko Case - Middle Cyclone!
  8. The-Dream - Love vs Money
  9. The xx - The xx
  10. Sonic Youth - The Eternal

Pitchfork

  1. Animal Collective - Merriweather Post Pavilion
  2. Dirty Projectors - Bitte Orca
  3. The xx - xx
  4. The Flaming Lips - Embryonic
  5. Raekwon - Only Built for Cuban Linx... Pt. II
  6. Grizzly Bear - Veckatimest
  7. Bat For Lashes - Two Suns
  8. Phoenix - Wolfgang Amadeus Phoenix
  9. Fever Ray - Fever Ray
  10. Girls - Album

アニマル・コレクティブの『Merriweather Post Pavillion』とヤー・ヤー・ヤーズの『It’s Blitz!』は、ほとんどのメディアでトップ10にランクイン。今年を代表する2作品と言えそうです。アニマル・コレクティブは今年フジロックで素晴らしいステージを披露したのも記憶に新しいところ。ヤー・ヤー・ヤーズは来年1月に来日公演を控えています。その他では、グリズリー・ベアやThe XX、フランスのバンドーフェニックスあたりの人気も高いです。
さて、今年6月に発売されたデッド・ウェザーの『Horehound』ですが、SPINで10位に入ったものの、Qでは27位、ステレオグラムでは42位、それ以外はランク外という結果。ジャック・ホワイトがボーカル、ギターから、新たにドラマーというポジションで話題を集めたデッド・ウェザーですが、デビュー作『Horehound』は、あまり大きな支持を受けられなかったようです。

『Horehound』についての個人的な感想などなど・・・
Date:12/19/2009 | Comment: 3 |

News: ジャック・ホワイト、2009オスカー候補にノミネート

20091219_JackWhite_FlyFarmBlues.jpg

» 第82回米アカデミー賞の歌曲賞候補63曲が発表! U2、PAUL McCARTNEY、KAREN Oらがノミネート - bounce.com [ニュース]

米映画芸術科学アカデミーによる第82回アカデミー賞の歌曲賞候補が発表された。
ビバリーヒルズのアカデミー本部は12月16日、オフィシャルサイトにおいて本年度の歌曲賞候補となる63曲を発表。映画に使用されていることが条件となる候補曲には、すでにグラミー賞にノミネートされたヤー・ヤー・ヤーズのカレン・Oによる“All Is Love”(映画「かいじゅうたちのいるところ」より)や、ゴールデン・グローブ賞の候補にもなったポール・マッカートニー“(I Want To)Come Home”(映画「Everybody's Fine」より)、U2“Winter”(映画「Brothers」より)、リッキー・リー“Possibility”(映画「ニュームーン/トワイライト・サーガ」より)、ブライアン・アダムス“You've Been A Friend To Me”(映画「Old Dogs」より)などの楽曲が選出されている。

以上のラインナップの他に、ジャック・ホワイトの「Fly Farm Blues」(映画『It Might Get Loud』)も選ばれています。これらの63曲は来年の2月にさらに数曲に絞り込まれ、最終的に3月にハリウッドで開催される授賞式でオスカーが決定します。

» 63 Original Songs Tune Up For 2009 Oscar® | Press Release | The Academy

Fly Farm Blues

Fly Farm Blues
Jack White
2009 (Third Man Records)
Jack White - Fly Farm Blues - Single

Date:12/19/2009 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、ジャズ・フェスト2010に出演決定

logo_noJazzFest.jpg

2010年のニューオリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテイジ・フェスティバル(New Orleans Jazz & Heritage Festival)―通称ジャズ・フェスト(JAZZ FEST)に、デッド・ウェザーの出演が決定しました。
ジャズ・フェストは、ジャズのみならずR&B、ロック、カントリー、ブルース、ゴスペルなど、あらゆるジャンルをミックスしたフェスティバル。米国ニューオリンズで4月23日から5月2日まで開催され、デッド・ウェザーは4月29日から5月2日までの2nd WEEKENDに出演します。詳しい情報やフルラインナップは公式サイトまで。

» New Orleans Jazz & Heritage Festival | April 23 - May 2, 2010

Date:12/15/2009 | Comment: 0 |

Video: The White Stripes - Let's Shake Hands

from "Under Great White Northern Lights"
Director: Emmett Malloy

Date:12/14/2009 | Comment: 0 |

News: ホワイト・ストライプス、UGWNLボックス・セット発売決定

20091211_UGWNL_boxset.jpg

2007年にホワイト・ストライプスが行ったカナダ・ツアーを記録したドキュメンタリー映画、『The White Stripes Under Great White Northern Lights』。この映画を収めたDVDに加え、数々の特典が付属する限定ボックス・セットのリリースが決定しました。

限定ボックス・セットの内容

  • ドキュメンタリー映画のDVD(92分、監督:エメット・マロイ)
  • ノヴァ・スコシア、サボイ・シアターで行われた10周年記念ライブのDVD(135分、監督:エメット・マロイ)
  • カナダ・ツアーで行われたライブの中から選ばれた16曲を収録したCD二枚組LP。 LPは180gブラック・ビニール盤で、ゲートフォールド(見開き)ジャケットに収納。CDは2枚のDVDと一緒に7インチ角フォルダーに収められていて、さらに24ページのブックレットとスリップケースが付属。
  • 「Icky Thump」と「The Wheels On The Bus」のライブを収録した7インチ・アナログ盤。ジャケットとアナログ盤の色が2種類あり、どちらが届くかは購入者が居住している地域によって異なる。
  • 208ページに及ぶハード・カバーの写真集(撮影:オータムン・デ・ワイルド、前書き:ジム・ジャームッシュ)
  • ロブ・ジョーンズがデザインしたシルク・スクリーン・プリント。全6種類の内、いずれか1枚が同梱。

プレオーダーは本日12月11日からスタート。年内に注文した場合に限り特別価格の£110/$179(1セット)で販売され、注文後すぐに10周年記念ライブの音源から「A Martyr For My Love For You」、「Hotel Yorba」、「Hello Operator」のMP3とホリデーカードが送られてきます。年明け後の注文は、1セット£140/$229になります。金額に送料は含まれていません。
商品の発送は2010年3月16日。同日に、ドキュメンタリーDVD、16曲入りCD、LPの単品販売も開始される予定です(写真集は4月以降の販売)。10周年記念ライブのDVD、7インチ・アナログ盤、シルク・スクリーン・プリントは、ボックス・セットでしか手に入りません。

» Greetings from the White Stripes

Date:12/11/2009 | Comment: 11 |

Disc: Fame #9 - Single

thumb
  1. Fame #9
  2. I Believe in Elvis Presley
  3. BP Fallon Interview

BP Fallon
Released: December 8, 2009
Format: 7" Vinyl / Download
Third Man Records
BP Fallon - Fame #9

Date:12/09/2009 | Comment: 0 |

Disc: Gastown - Single

thumb
  1. Gastown
  2. Riversong

Smoke Fairies
Released: December 8, 2009
Format: 7" Vinyl / Download
Third Man Records
Smoke Fairies - Gastown - Single

Date:12/09/2009 | Comment: 0 |

Media: It Might Get Loud Featurettes - Podcast

20091209_ItMihtGetLoud-Podcast.jpg

ジャック・ホワイトが出演した、映画『It Might Get Loud』のビデオ・ポッドキャストがiTunes Storeで配信されています。今のところ観ることができるのは、映画本編ではカットされた2編のショート・ストーリー(1〜2分ほど)。他にも監督と出演者が出席した映画の記者会見の模様などが、今後配信されるようです。iTunesを利用していればすぐにダウンロードできるので、興味のある方はぜひ登録してみてください(無料)。

Sony Pictures - It Might Get Loud Featurettes

Date:12/09/2009 | Comment: 0 |

News: Emmett Malloy | Morrison Hotel Gallery

logo_MorrisonHotel.gif
20091208_EmmettMalloy_photo.jpg

ニューヨーク・ソーホーにあるモリソン・ホテル・ギャラリー(Morrison Hotel Gallery)で、12月16日からホワイト・ストライプスのビデオ監督としても知られるエメット・マロイ(Emmett Malloy)の写真展が開かれます。ホワイト・ストライプスのみならずラカンターズ、デッド・ウェザーのPV撮影中のひとコマやライブ・ショットなど、今まで見たことのない写真が満載。ニューヨークまで観に行くのはさすがに難しいですが、嬉しいことに公式サイトにも展示写真が掲載されています。興味ある方はぜひご覧下さい。

» Emmett Malloy | Morrison Hotel Gallery

Date:12/08/2009 | Comment: 0 |

Video: The Dead Weather - 2009 Woodie Awards: 360 Performances

20091206_TDW_mtvu09_video.jpg

デッド・ウェザーがMTVU 2009 Woodie Awards授賞式で披露したライブを、360°全方向から観ることができるビデオ〈360 Performances〉が、MTVUのサイトで公開されました。
このビデオでは、ステージ中央から撮影された固定カメラの映像を、ユーザーが自由に360°回転させることができます(グーグルのストリートビューみたいな感じです)。例えば、ジャックやディーンの演奏だけをずっと眺めていることもできれば、逆にジャック目線でアリソンの後ろ姿と観客を観るなんてこともできます。映像が荒いのと、データが重いのかビデオがスムーズに再生されないという難点もありますが、なかなか面白いのでぜひ一度遊んでみてください。

» "I Cut Like a Buffalo (Live)"
» "Treat Me Like Your Mother (Live)"
» "Hang You from the Heavens (Live)"

Date:12/06/2009 | Comment: 5 |

News: 「2000年代ベスト」ランキングまとめ

PasteNMEなどに続き、音楽誌、新聞、ウェブ・メディアが選んだ「2000年代ベスト」ランキングが続々と発表されているので、まとめて紹介します。

The Observer

» Albums of the decade | guardian.co.uk

英オブザーバー紙(ガーディアン紙)のベスト・アルバム。1位に輝いたのはThe Streetsの『Original Pirate Material』。7位にホワイト・ストライプスの『Elephant』が入り、さらにジャック・ホワイトは「2000年代のベスト・ロックスター」に選ばれています。それ以外にも「2000年代のベスト・バンド」(Radiohead)、「2000年代のベスト・ニューカマー 」(Arctic Monkeys)などが発表されています。

Times

» The 100 best pop albums of the Noughties - Times Online

英Times紙のベスト・アルバム100。1位はRadioheadの『Kid A』。8位に『Elephant』、31位に『White Blood Cells』、74位に『Broken Boy Soldiers』が選ばれています。

Pitchfork

» Pitchfork: P2K: The Decade in Music

発表はずいぶん前でしたが、Pitchforkのベスト・アルバム200。1位はTimes誌と同じくRadioheadの『Kid A』。12位に『White Blood Cells』74位に『Elephant』が選ばれています。他にもベスト・ソング200ベスト・ビデオ50(1位は「Fell in Love With a Girl」)なども発表されています。

Entertainment Weekly

» Best of the Decade | EW.com

エンターテイメント・ウイークリー誌のベスト・アルバム10。1位はKanye Westの『The College Dropout』。残念ながらジャック・ホワイト関連は入っていません。EW誌ではワースト・アルバム50も発表しています。

Consequence of Sound

» CoS Top 50 Songs of the Decade

コンシークエンス・オブ・サウンドのベスト・ソング50。ホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」が見事1位に輝いています。

Rolling Stone

» The Decade-End Readers' Poll : Rolling Stone

米ローリング・ストーン誌のThe Decade-End Readers' Poll。何と発表された全3部門(ベスト・ソング、ベスト・アルバム、ベスト・アーティスト)で、全て1位にグリーン・デイが輝いています。グリーン・デイ強し!そんな中、ベスト・ソング部門の10位にホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」、ベスト・アーティスト部門の9位にジャック・ホワイトが選ばれています。

Date:12/05/2009 | Comment: 0 |

Video: The Dead Weather - MTVU 2009 Woodie Awards

The Dead Weather perform "Hang You from the Heavens" live at the 2009 Woodie Awards

» 2009 mtvU Woodie Awards| MTV.com

Date:12/04/2009 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、(いつか)キッド・コンゴ・パワーズとコラボ

20091202_KidCongoPowers.jpg

» The Quietus | News | Jack White To Work With Kid Congo Powers

"They are very respectful. I know Jack and Meg and they've always been super nice, you know, and they were really shy when they first met me."

次から次へと後を絶たないジャックのコレボレート話。いささか食傷気味な感もありますが、今回はジャックの方からお願いしたいぐらいの話かもしれません。
そのお相手はギタリスト/シンガーのキッド・コンゴ・パワーズ(Kid Congo Powers)。これまでに、ガン・クラブ(The Gun Club)、クランプス(The Cramps)、ニック・ケイブ&ザ・バッド・シーズ(Nick Cave and the Bad Seeds)などのメンバーとして活躍してきた人物です。The Quietusが11月27日に行ったインタビューで、彼はジャック・ホワイトについて次のように話しています。

Q:ホワイト・ストライプスがガン・クラブのデビュー・アルバム『The Fire of Love』の曲をカバーしていることをどう思いますか?
「とてもリスペクトしてるよ。ジャックとメグには会ったことがあるんだ。スゴくいい奴らだよ。初めて会ったときは、二人とも凄く緊張してたなあ。一緒に何かやろうって話したこともあって、お互いにアイデアを出し合ったりしたんだ。いつか実現するかもね。ただジャックは忙しいやつだから」

ジャックは若い頃からガン・クラブの大ファン。過去のインタビューでは「『The Fire of Love』は僕にもの凄い影響を受けたよ。あの頃、ソングライターのキッド・コンゴ・パワーズとジェフリー・リー・ピアースは、誰よりも新しいブルースに挑戦してたんだ。「Sex Beat」、「She's Like Heroin To Me」、「For The Love of Ivy」・・・こういう曲をなんで学校は教えないんだろう?」と、ガン・クラブについて熱く話しています。
今年は、同じように大ファンだったデックス・ロンウェバーと、レコードを制作しただけに、いつかはキッド・コンゴ・パワーズとの共演も期待できるかもしれません。

続きを読む
Date:12/02/2009 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、2枚のニュー・シングルを発表

20091201_TMR_SmokeFairies.jpg
The Smoke Fairies "Gastown b/w The River Song"

20091201_TMR_BPFallon.jpg
BP Fallon "Fame #9"

ジャック・ホワイトがプロデュースした2枚のニュー・シングルが、Third Man Recordsからリリースされます。
一枚は英国出身の女性デュオ、スモーク・フェアリーズ(Smoke Fairies)のシングル「Gastown (b/w The River Song)」。ナッシュビルのThird Man Studioで今年の9月に行われたレコーディングには、スモーク・フェアリーズの二人の他に、ジャック(ドラム、ギター、ティンパニー)とリトル・ジャック(ベース)が参加しています。現在、スモーク・フェアリーズのMySpaceページで「Gastown」を視聴できます。
もう一枚は、ジャーナリスト、DJ、フォトグラファーなど様々な顔を持つBPファロン(BP Fallon)のシングル「Fame #9」。ロック界の伝説的存在であるBPファロンは、レッド・ツェッペリン、T・レックス、ジョニー・サンダースなどのマネージメントや、ビートルズのApple Recordsでも働いていた人物で、最近ではデッド・ウェザーのビデオ「I Cut Like A Buffalo」にカメオ出演していました。
初の3サイド・シングル盤としてリリースされるこのシングルは、「Spoken Word Instructional Record series」と名付けられた、朗読とインストがメインのレコード。A面「Fame #9」にはBPファロンの朗読、B面(左)「BP Fallon Interview」にはジャックによるBPファロンへのインタビュー、B面(右)「I Believe in Elvis Presley」にはジャック(ギター)とパトリック・キーラー(ドラム)のインストをバックにBPファロンの朗読が収録されています。
リリース日は12月8日で、本日からThird Man Recordsの公式サイトでプレオーダーの受付けが開始予定。例によって、限定トライ・カラー盤(ナッシュビル店:100枚、ネットオーダー:50枚)もあるようです。

12/2追記
プレオーダーがスタート。同時にThird Man Recordsの公式サイトでの買物方法が、これまでと少し変わっています。配送される地域別に異なっていた商品の金額は統一され、別途追加の配送代が加算されます。また個人情報を入力するオンライン登録(無料)が必要になりました。

» smoke fairies - MySpace
» www.SmokeFairies.com
» BP Fallon Blog
» BP Fallon

関連記事:
» ジャック・ホワイト、今後のリリース予定は…

Date:12/01/2009 | Comment: 0 |
↑ Page top