News: ジャック・ホワイト、ローラ・マーリングをプロデュース

20100630_LauraMarling.jpg

» ジャック・ホワイトがローラ・マーリングのシングルをリリース | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトはイギリスのフォーク系シンガー・ソングライター、ローラ・マーリングのシングルをリリースする。
BBCとのインタビューでジャックは今年の年頭にナッシュヴィルにある自身のスタジオでローラのレコーディングを行ったことを語っているが、それは「その数ヶ月前に知り合いに勧められてすごく気に入ってたからだ」という。
「もう完璧だったよ。テイク一発で終わり」とジャックは説明する。「いやー、ローラはとんでもないね。とんでもない声だよ。人としても最高だし。信じられないような子だよ」。
それからジャックは付け加えた。「誰かがナッシュヴィルを通っていくような時には声をかけるようにしてるんだよ。もしよかったら、ライブの前に寄ってってなにかレコーディングしていかないかってね」。
ローラのトラックのタイトルやリリース時についてはまだ未定だが、ジャックのサード・マン・レコードの『ブルー・シリーズ』の一環として、7インチ・シングルのフォーマットでリリースされるという。

これまでインディ系アーティストや新人の作品を主にリリースしてきたブルー・シリーズですが、今回は珍しくメジャー・アーティスト、ローラ・マーリング(Laura Marling)の45回転盤/デジタル版がリリースされます。
ローラ・マーリングは、英国ハンプシャー出身で現在20歳のシンガー・ソングライター。今年3月にリリースしたセカンド・アルバム『I Speak Because I Can』は、UKチャートで4位を記録しています。
Third Man Records によると、詳細は「Coming soon...」とのことです。

» Laura Marling (official)
» Laura Marling - MySpace

Date:06/30/2010 | Comment: 4 |

News: デッド・ウェザー、グラストンベリーに出演

» Jack White recalls Amy Winehouse punch at The Dead Weather's Glastonbury show - NME.COM

6月26日、グラストンベリー・フェスティバルのピラミッド・ステージにデッド・ウェザーが出演しました。この日は『Horehound』から7曲、『Sea Of Cowards』から5曲の、全12曲を演奏しています。ジャックはコンサート中のMCで、2年前に同じステージでエイミー・ワインハウスが観客とケンカになった事を引き合いに出し、「ベイビー・ルースレス(アリソン)も同じだ。もし彼女の髪に触ろうものなら、ぶちのめされるぜ」なんて言ったそうです。

**どうでもいい閑話休題**
ジャックはライブのメンバー紹介でもアリソンのことをベイビー・ルースレス(Baby Ruthless)と呼ぶのですが、大抵の人は誰のことを言ってるのかわからないので、あんまり盛り上がりません。

20100627_JackWhite.jpg

この日のジャックはデッド・ウェザーのライブでは初めて半袖Tシャツで登場。しかも驚きなのは、プリント入りのTシャツなんです!デッド・ウェザーじゃなくても、これまでにライブでプリント入りのTシャツを着たことない(はず)。Tシャツには「BLACKSTONE!」というロゴと、マジシャンっぽい男性のイラストが描かれています。
う〜ん。気になる。

続きを読む
Date:06/28/2010 | Comment: 0 |

News: カレン・エルソン、オンラインストアがオープン

20100626_title.jpg

カレン・エルソンの公式サイトにオンラインストアがオープンしました。レコードや CD はもちろん、Tシャツやポスター、ステッカーなども販売。もちろん日本からも購入できます。

20100626_Tee.jpg
Tシャツは2タイプ。男性用、女性用があります。左のタイプはオーガニックコットン100%の生地に手染めのプリントで作られています。

20100626_Poster_Budge2C.jpg
Todd Slater デザインのヨーロッパツアー・ポスターとバッヂ。ポスターはオンラインで100枚限定の販売です。

» Karen Elson

Date:06/26/2010 | Comment: 0 |

News: The White Stopの無料ダウンロード?

20100621_whitestop.jpg

» Freemusichk

中国の音楽誌 RE:SPECT のアンチパイラシーキャンペーンで制作されたジョークサイトがなかなか秀逸です。何はともあれ上のリンク先で好きなアルバムを選んで、ダウンロードしてみてください(ぜひ3回ほど)。The White Stop のアルバムなんていかがですか?

おお〜。

「違法ダウンロードは駄目」という当然のことながら堅苦しいメッセージを、ちょっと面白く作っているだけなんですが、作り込みがなかなか素晴らしいです(ちょっと重いけど)。著作権保護を訴えてるのが、中国の雑誌ってところもいい。ミュージシャンだけじゃなくモノ作りをする人にとっては大切な問題なので、しっかりと考えたいものです。(おっと、この手の話は深入りすると大変な事になりそうなので、このくらいにしておこう…。)

» アルバムを違法ダウンロードしようとしたらアーティストが爆死した :P2Pとかその辺のお話

Date:06/21/2010 | Comment: 0 |

News: 「ジャックとレコーディングした」というツイート

» Twitter / Jason Evans Groth: I was in Drakkar Sauna tod ...

20100621_rumor1.jpg

Jason Evans Groth さんが Twitter に「6月20日の午後にジャックとレコーディングしたよ」とツイートしています。Drakkar Sauna というバンドなのかな?でも彼は The Coke Dares というバンドをやっているようだし。真偽も詳細も不明。

» Twitter / Lydia Rogers: recording with mr. jack wh ...

20100621_rumor2.jpg

もうひとつ。Lydia Rogers さんも Twitter で「今日はジャックとレコーディング!」とツイートしています。6月17/18日に行ったようですが、こちらも真偽・詳細ともに不明。最近ブルー・シリーズがご無沙汰なので、ツアーの合間にちゃちゃっとレコーディングしてるのかもしれません。とはいえ、Third Man Records の発表前に漏らして、社長に怒られないといいのですが…。
(via. The Little Room

Date:06/21/2010 | Comment: 0 |

Disc: Karen Elson - The Ghost Who Walks

thumb
  1. The Ghost Who Walks
  2. The Truth Is In The Dirt
  3. Pretty Babies
  4. Lunasa
  5. 100 Years From Now
  6. Stolen Roses
  7. Cruel Summer
  8. Garden
  9. The Birds They Circle
  10. A Thief At My Door
  11. The Last Laugh
  12. Mouths To Feed
  13. Trouble With The Lord (Bonus Track)
  14. The Ghost Who Walks (Live Acoustic) (JP-CD Bonus Track)
  15. A Ghost In The Canyon (v) (iTunes Bonus Track)

カレン・エルソン
"ザ・ゴースト・フー・ウォークス"
Released: 2010年6月16日
Format: LP / CD / Download
Third Man Records / XL / ホステス
amazon.co.jpで詳細をみる The

Date:06/16/2010 | Comment: 0 |

Media: Bonnaroo 2010: Dead Weather In Concert

20100613_dw_bonnaroo2010.jpg
Photo by allsongs on Flickr

» Bonnaroo 2010: Dead Weather In Concert : NPR

6月12日の土曜日、デッド・ウェザーがボナルー・フェスティバルで行ったライブが、早くも npr のサイトでフルストリーミング配信されています。2010年のサマー・ツアーの初日となったこのライブでは、これまでに比べてセカンド・アルバムからの曲が大幅に増加。'The Difference Between Us' や 'I'm Mad' などツアーでは初演奏の曲も披露されています。(6/17追記:全然初披露じゃありませんでした。失礼しました・・・。)

Bonnaroo 2010: Dead Weather In Concert - June 12, 2010

01 Forever My Queen
02 60 Feet Tall
03 Hang You From The Heavens
04 You Just Can't Win
05 So Far From Your Weapon
06 I Cut Like A Buffalo
07 No Horse
08 A Child Of A Few Hours Is Burning To Death
09 The Difference Between Us
10 I'm Mad
11 Hustle And Cuss
12 Die By The Drop
13 New Pony
14 Will There Be Enough Water
(encore)
15 Blue Blood Blues
16 I Can't Hear You
17 Treat Me Like Your Mother

Date:06/13/2010 | Comment: 2 |

News: Conan O’Brien at Third Man Live

20100612_ThirdManLive_Conan.jpg

6月11日に Third Man Records でコナン・オブライエンと彼のバンド Legally Prohibited Band によるライブが行われました。演奏曲は 'On The Road Again'、'The Weight'、'Seven Nation Army'、'Rock This Town'、'Creep'など(全てカバー曲。コナンは 'Creep' みたいな超メジャー曲もカバーしてしまう強者です)。ライブの最後にはジャックも参加して、エディ・コクラン(Eddie Cochran)の '20 Flight Rock' などを演奏したそうです。
この日のライブは『Third Man Live』シリーズとして、早くも Third Man Records のオンラインストアで予約販売を開始しています(LP 盤のみ)。また、コナンは7インチ・シングル盤のレコーディングもすでに行っていて、これは BPフェロンと同様のグリーン・シリーズのシングルとしてリリースされる予定です。

» Conan O’Brien teams up with Jack White at Third Man Records « Consequence of Sound
» Conan O’Brien at Third Man Records

Date:06/12/2010 | Comment: 0 |

News: Bonnaroo Live Webcast

logo_bonnaroo.jpg

今週末の土曜日にボナルー・フェスティバルで行われるデッド・ウェザーのライブが、ウェブキャスト配信されます。配信がはじまるのは現地時間(CST)で6月12日午後6時から。日本時間では13日(日曜日)の午前8時からのスタートです。

» YouTube - BonnarooMusicFest

Date:06/10/2010 | Comment: 0 |

News: ジャックとコナン・オブライエンが何やら計画中

» Twitter / Conan O'Brien: Jack White & I are doing s ...

ジャック・ホワイトと人気司会者のコナン・オブライエン(Conan O'Brien)が何やら計画中のようです。公開されたビデオでは、ジャックが Third Man Records のドアに本日付けのコナンのライブ告知と思われるポスターを貼りつけています。(ちなみに BGM はジェイ・Z の 'D.O.A (Death of Auto-Tune)'!さて・・・。

Date:06/10/2010 | Comment: 0 |

Disc: Twilight Saga: Eclipse

thumb
  1. Metric- Eclipse (All Yours)
  2. MUSE- Neutron Star Collision (Love Is Forever)
  3. The Bravery- Ours
  4. Florence + The Machine- Heavy In Your Arms
  5. Sia- My Love
  6. Fanfarlo- Atlas
  7. The Black Keys- Chop And Change
  8. The Dead Weather- Rolling In On A Burning Tire
  9. Beck and Bat For Lashes- Let's Get Lost
  10. Vampire Weekend- Jonathan Low
  11. UNKLE- With You In My Head (Feat. The Black Angels)
  12. Eastern Conference Champions- A Million Miles An Hour
  13. Band of Horses- Life On Earth
  14. Cee Lo Green- What Part of Forever
  15. Howard Shore- Jacob's Theme

Twilight Saga: Eclipse [Soundtrack] [Import] [from US]
Various Artists
Released: June 8, 2010
Format: CD / Download
Atlantic / Wea
amazon.co.jpで詳細をみる The Dead Weather - The Twilight Saga: Eclipse (Original Motion Picture Soundtrack)

Date:06/08/2010 | Comment: 0 |

Media: デッド・ウェザー、Zepp Tokyoのライブがオンエア

» ジャック・ホワイト〜WHITE STRIPES/UNDER GREAT WHITE NORTHERN LIGHTS & The Dead Weather in Zepp Tokyo〜 - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)

ホワイト・ストライプス〜ラカンターズ〜ソロと、多岐にわたる活躍でアメリカ音楽界を揺さぶり続ける魂のミュージシャン、ジャック・ホワイト。

番組では、2007年夏、ホワイト・ストライプス10周年記念公演として、彼らの故郷デトロイトから北に向かいカナダを縦断する旅に挑むという、ホワイト・ストライプス初のカナダ・ツアーを追った感動的且つ貴重なドキュメンタリー映像「アンダー・グレイト・ホワイト・ノーザン・ライツ」に加え、2010年3 月31日に行われたジャックの最新バンド【デッド・ウエザー】のライブを交えて放送。そして、なんと、ジャック・ホワイト番組独占インタビューもオンエア!アメリカ・ミュージックシーンの若き鬼才ジャック・ホワイトの魅力に迫る!ロックシーンを牽引する鬼才ジャック・ホワイトの「今」を逃すな!

放送日は6/9(水) 20:00〜22:00。

Date:06/08/2010 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザーと意外な人達の写真

20100604_SpikeAndJack.jpg

» Rocking Paris by Philip Andelman - NOWNESS

ジャックとジェイ・Zのレコーディング風景を撮影した写真家 Philip Andelman。彼が昨年6月にフランスのパリで撮影したデッド・ウェザーの写真が NOWNESS のサイトに掲載されています。このシリーズでは、何とデッド・ウェザーがビースティ・ボーイズのメンバーや、映画監督のスパイク・ジョーンズと一緒にいる貴重なショットをがたくさんあります。(こんな写真も!)

» Jack The White: ジャックとジェイ・Zの写真

Date:06/04/2010 | Comment: 0 |

News: カレン・エルソンのインタビュー @ Interview Magazine

» Karen Elson - Interview Magazine

私はニューヨークのキャバレーで The Citizens Band のメンバーとして活動した7年間は、これまで人生で最高に素晴らしい経験のひとつでした。ジャックは頻繁にその舞台で私が歌うのを見にきていたけど、家では隠れて自分の歌を歌っていました。浴室のドアをロックして。でも結局、彼に言われました。「なんで俺に隠すんだ?」

Interview Magazine にカレン・エルソンのインタビューが掲載されています。インタビュアーはシャルロット・ゲンズブール。最近ベックをプロデューサーに向かえてアルバムを制作したシャルロットが、同じようにジャックとアルバムを作ったカレンに話を聞いています。

Date:06/04/2010 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、ホワイトハウスのコンサートに出演 (2)

20100603_JackAndKarenAtWhiteHouse.jpg

» McCartney Is Honored at White House - NYTimes.com
» Pool Report: Paul McCartney at the White House June 2, 2010 - The Page by Mark Halperin - TIME.com

今日行われたポール・マッカートニーのガーシュウィン・ポピュラー・ソング賞コンサートで、ジャック・ホワイトはポールのビートルズ時代の曲 'Mother Nature’s Son' を演奏しました。この曲は1968年に発表されたアルバム『ザ・ビートルズ(通称ホワイト・アルバム)』に収録されている、アコースティック・フォーク・ソング。もちろんポールによる作詞作曲です。
ジャック以外の参加者では、エルビス・コステロが 'Penny Lane'、デイブ・グロールは 'Band on the Run'、スティービー・ワンダーが 'We Can Work It Out' などを演奏。コンサートの模様はアメリカではPBS系テレビで7月28日から放送予定です。


追記:みんなで 'Hey Jude'。

Date:06/03/2010 | Comment: 0 |

News: デッド・ウェザー、'Rolling In on a Burning Tire' 試聴開始

『トワイライト・サーガ/エクリプス』サウンドトラックの全曲試聴が、サウンドトラック用の公式サイトでスタート。もちろんデッド・ウェザーの新曲'Rolling In on a Burning Tire' も聴くことが出来ます。怪しげなイントロから始まるアリソンがボーカルのバラードで、『Sea Of Cowards』にはないタイプの曲です。

追記:試聴は終了しました。

» Eclipse Soundtrack Preorder

Date:06/03/2010 | Comment: 0 |

News: ジャック先生にギターを習おう

指一本で弾けちゃうんだなあ。

Date:06/02/2010 | Comment: 6 |
↑ Page top