News: Have You Seen Our Cat?

20110630_HYSOC.jpg

ジャック・ホワイトと The Black Belles と Stephen Colbert の「猫探しています」のポスターを見ましたか?このポスターをダウンロードしてあなたの街に貼ってください。ポスターに書いてある URL (HAVEYOUSEENOURCAT.COM) にアクセスすると、Colbert のシングル『Charlene II (I'm Over You)』を販売しているページに飛ぶようになってるんです。この曲をナンバー1ヒット・ソングにするために手を貸してください!
街でポスターを貼ったら、それを写真に撮って、inquiries@thirdmanrecords.com 宛にメールで送ってください。キャンペーン・サイトに掲載されるかもしれないですよ。ぜひ参加してね!

» Have You Seen Our Cat?

Date:06/30/2011 | Comment: 7 |

Disc: Rave on Buddy

thumb
  1. Dearest - The Black Keys
  2. Every Day - Fiona Apple and Jon Brion
  3. It’s So Easy - Paul McCartney
  4. Not Fade Away - Florence and the Machine
  5. (You’re So Square) Baby, I Don’t Care - Cee-Lo
  6. Crying, Waiting, Hoping - Karen Elson
  7. Rave On - Julian Casablancas
  8. I’m Gonna Love You Too - Jenny O.
  9. Maybe Baby - Justin Townes Earle
  10. Oh Boy - She & Him
  11. Changing All Those Changes - Nick Lowe
  12. Words of Love - Patti Smith
  13. True Love Ways - My Morning Jacket
  14. That’ll Be the Day - Modest Mouse
  15. Well… All Right - Kid Rock
  16. Heartbeat - Detroit Cobras
  17. Peggy Sue - Lou Reed
  18. Peggy Sue Got Married - John Doe
  19. Raining in My Heart - Graham Nash

V.A.
Released: June 28, 2011
Format: LP/CD/DL
Fantasy
amazon.co.jpで詳細をみる iTunes

Date:06/28/2011 | Comment: 0 |

Video: The National Anthem

Jack White & Stephen Colbert Recite the National Anthem 6/24/11

Date:06/25/2011 | Comment: 0 |

Disc: Stephen Colbert & The Black Belles - Single

thumb
  1. Charlene II (I'm Over You)
  2. Charlene (I'm Right Behind You)

Stephen Colbert & The Black Belles
Released: June 23, 2011
Format: 7" Vinyl/DL
Third Man Records
button

Date:06/24/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、Stephen Colbertのシングルをリリース

20110624_colbert1.jpg

20110624_colbert2.jpg

Third Man Records はスティーヴン・コルベア(Stephen Colbert)と The Black Belles のコラボ・シングル『Charlene II (I'm Over You)』(A面)をリリースしました。B面は Belles だけの曲“Charlene (I'm Right Behind You)”を収録。さっそく iTunes版もリリースされています。
さらに明日24日には、コルベアと Belles そしてジャックがニューヨークでスペシャル・ギグを開催。移動型レコード店 ROLLING RECORD STORE も出動して、限定盤シングルや TMR グッズの販売も行います。

» STEPHEN COLBERT with The Black Belles - Charlene II (I'm Over You) 7" Single

Date:06/24/2011 | Comment: 0 |

Media: Third Man Records featured on Colbert Report (DAY3)

media_ColbertReport3.jpg

Colbert Report の第三夜。コルベアが Third Man Records で写真撮影を行った VTR が流れたあと、ついにスタジオにジャックが登場。今回のために作ったコルベアのシングル・レコードを紹介します。最後はコルベアが The Black Belles を従えたスタジオ・ライブを披露。シングル曲“Charlene II (I'm Over You)”を演奏しました。(via The Audio Perv

Date:06/24/2011 | Comment: 0 |

Media: NME ICONS: JACK WHITE - iPad app

media_NMEIcon_JackWhite_app.jpg

» NME ICONS: JACK WHITE - IPC Media Limited

NME 誌の別冊『NME ICONS: JACK WHITE』の iPad アプリ版がリリースされました。内容は雑誌版にほぼ近いようです。価格は800円。絶賛発売中です。

Date:06/23/2011 | Comment: 0 |

Media: Third Man Records featured on Colbert Report (DAY2)

media_ColbertReport2.jpg

Colbert Report の第二夜。(多分内容はこんな感じです→)インタビュアーのコルベアは、ジャックが影響を受けたアーティストに無理やり自分の名前を挙げさせると、グラミー賞を取れるようなヒット曲をプロデュースしろと要求。結局ブラック・ベルズを一緒にゴス・ロックをやることになったのですが、さてどうなることやら…。
続きは明日の第三夜に。本当にシングルとして販売するってオチになるのかな。しかし、影響を受けたアーティストでプリンスの名前が出たのがびっくりだなあ。ちなみに番組ホストのコルベアさんについて知りたい方は Wikipedia で。ホワイトハウス晩餐会のエピソードを読むと、なかなか気骨のある人物であることがわかります。(via The Audio Perv

Date:06/23/2011 | Comment: 0 |

Media: Third Man Records featured on Colbert Report (DAY1)

media_ColbertReport.jpg

6月21日に放送された米国のコメディ番組 Colbert Report は、ジャック・ホワイトを特集。番組ホストの Stephen Colbert がナッシュビルの Third Man Records まで行って、ジャックにインタビューしています。インタビューといってもお笑い番組なので、まじめなお話しはいっさいなし。“Seven Nation Army”をヨーグルトの CM 音楽にさせられたり、あんまり関係ない Bob Seger の話をされたり、おだてられたり、すかされたりしてます。インタビューの続きは明日の放送で。23日には The Black Belles のライブもあります。(via The Audio Perv

Date:06/22/2011 | Comment: 0 |

News: カレン・エルソン参加『Rave On Buddy Holly』の全曲試聴

カレン・エルソンが参加している、バディ・ホリーのトリビュート・アルバム『Rave On Buddy Holly』の全曲試聴が、NPR First Listen ではじまりました。カレンがカバーした曲は“Crying, Waiting, Hoping”。プロデュースはもちろん元夫ジャック・ホワイトです。ちなみにこの歌の歌詞はこんな感じ。

» 一緒に歌える 洋楽ブログ (FC2)  64. Crying, Waiting, Hoping

泣いているんだ、待ってるんだ、望んでいるんだ、
きみが 戻ってくるだろうと
きみはぼくの愛する ただ一人(の人)だ
そしてぼくは きみのことを考えている
どんな時にも

……特に深い意味はないはずです。まーそれは置いておきまして、このアルバムは参加アーティストが豪華。Patti Smith や Julian Casablancas(The Strokes)、Lou Reed、Graham Nash、The Black Keys などなどすごい面子です。どの曲もそれぞれ個性が出てて面白いのですが、個人的には Paul McCartney のちょっとハウったボーカルにメロメロです。
アルバムの発売日は6月28日(洋盤)。国内盤はちょっと遅れて8月17日にリリースされます。

» First Listen: 'Rave On Buddy Holly' : NPR

Date:06/20/2011 | Comment: 2 |

News: The Black Belles、活動再開?

20110617_TheBlackBelles.jpg

2010年1月に Third Man Records が送り出した、女性四人組バンド The Black Belles。梶芽衣子へのオマージュかのごとく、全身黒の魔女っ子スタイルでゴリゴリのガレージ・ロックをかき鳴らす姿が、めちゃくちゃかっこ良かったのです。しかーし。せっかくジャックが監督したビデオや公式サイトまでつくったのに、シングル一枚出したっきり、その後は目立った活動もありませんでした。
あれから1年ちょっと。そんな Belles が、なんと来週の6月23日に、アメリカのお笑い番組『The Colbert Report』に出演することが発表されました。ソースは番組のサイトから(Third Man からの発表はなし)。これは、本格的な活動再開の合図なのでしょうか。(via The Little Room

» .: THE BLACK BELLES :.

6.21追記
Third Man Records 全面参加というか、どうやらジャック・ホワイトも登場するようです。コメディ好きですねー。

Date:06/17/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、チャリティー・オークション開催中

20110616_TMR_auction1.jpg
20110616_TMR_auction2.jpg
20110616_TMR_auction3.jpg

» Limited Edition Third Man Vinyl +White Stripes Rarities | eBay

Third Man Records が ebay でチャリティー・オークションを開催しています。限定レコード4枚と非売品グッズ3点という豪華セットだけあって、あと9日間もあるのに、すでに10万円を超えてます。落札価格はすべて American Red Cross に寄付されます。

  • The Dead Weather - Blue Blood Blues - The Triple Decker Record™
  • The White Stripes - Self-Titled Split-Color (Red/White) 12” Vinyl
  • The White Stripes - De Stijl Split-Color (Red/White) 12” Vinyl
  • Cold War Kids - Live At Third Man Split-Color (Black/Blue) 12” Vinyl
  • The White Stripes Icky Thump Peppermint-Flavored Candy Stick
  • White Stripes Button Tote
  • Under Great White Northern Lights wooden airplane
Date:06/16/2011 | Comment: 0 |

News: ジャックとカレン、離婚を発表

20110611_KarenJackDivoce.jpg

» ジャック・ホワイトが離婚 - OOPS!

ジャックとカレンは6月10日、「関係者各位。本日、カレン・エルソンとジャック・ホワイトは離婚します」との声明を連名にて発表。2人はさらに声明において「僕らはこれからも友人であり、僕らの素敵な2人の子供の両親でもあり続けます。僕らはこれまでに一緒に過ごせた時間をとても幸せに思うし、これから一緒に子供の成長を見守ることのできる時間を持てることも嬉しく思います。共に過ごした時間に敬意を表して、今夜僕らはナッシュビルで家族や近しい友人たちと、過去と未来を祝福する離婚パーティーを開催します」とし、離婚が円満なものであることと、離婚パーティーまで開催することを明かしている。

おしどり夫婦と思われていたジャックとカレンが突然の離婚。さらに離婚パーティーまで開くという大人すぎる関係に、もうなんだかよくわからない展開。前の日にボナルーでステージ袖から妻を見守ってのにね。冷静になって考えてみると、そもそも元嫁とバンドをやってた男なので、それほど驚くには値しない気もしてきました。残念ですが、しょうがない。とにかく二人ともお幸せに。

続きを読む
Date:06/13/2011 | Comment: 7 |

News: カレン・エルソン、限定シングルのダウンロード版が発売

20110609_KE_Vicious.jpg

カレン・エルソンがレコード・ストア・デイにリリースした限定シングル『Vicious』が iTunes Store でも発売されました。ジャケットいいですねー。お値段たったの150円。こちらで試聴出来ます。

Vicious - Single - Karen Elson

Date:06/09/2011 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、The Kinksのサントラには参加せず

» Pitchfork: Jack White Not Contributing Music to Kinks Film

"Rumors of Jack White's participation in the film version of the Kinks' Schoolboys in Disgrace are untrue. Jack White has great respect for the Kinks and the film's director, Bobcat Goldthwait, but has no plans to record any music for the film as erroneously reported."

Pitchfork によると、以前報じられたジャックが映画『不良少年のメロディ〜愛の鞭への傾向と対策(Schoolboys in Disgrace)』のサントラに関わっているという情報は、事実ではないそうです。
ジャックのスポークスマンによると「ジャックは The Kinks やボブキャット・ゴールドスウェイトに対して敬意を持っていますが、映画に関するいかなる音楽にも参加する計画はありません」とのこと。
というわけでこの話題はここでオシマイ。ジャックは自分の作品に力を入れてほしいので、正直これで良かったと思います。

Date:06/08/2011 | Comment: 0 |

Disc: Seasick Steve - You Can't Teach An Old Dog New Tricks

thumb
  1. Treasures
  2. You Can't Teach An Old Dog New Tricks
  3. Burnin' Up
  4. Don't Know Why She Love Me But She Do
  5. Have Mercy On The Lonely
  6. Whiskey Ballad
  7. Back In The Doghouse
  8. Underneath A Blue And Cloudless Sky
  9. What A Way To Go
  10. Part
  11. Days Gone
  12. It's A Long, Long Way

Seasick Steve
Released: June 7, 2011
Format: LP/CD/DL
Third Man Records (US only)
amazon.co.jpで詳細をみる You Can't Teach an Old Dog New Tricks - Seasick Steve

Date:06/07/2011 | Comment: 0 |

News: 最近のジャック目撃談。

20110603_Jack1.jpg

近頃メディアへの露出がめっきり減っているジャック。一体何をしてるんでしょうか。上は先月の25日に、ミシシッピ州テューペロにある Main Street Vintage Guitars を訪れたジャック。写真はお店のホームページから拝借しました。新しいギターでも物色しに来たのかな?ちなみにテューペロはプレスリーやジョン・リー・フッカーが生まれた町なんだそうです。

20110603_Jack2.jpg

こちらは、同じくテューペロ市内にある CAFE 212 での一枚。真ん中は店員さん。右は Cut In The Hill Gang(元 The Soledad Brothers)のジョニー・ウォーカー(Johnny Walker)です。こんなところで二人は何をやってるんでしょうねー。もしやアルバム作ってるの?気になる気になる。

Date:06/03/2011 | Comment: 2 |

News: ブレンダン・ベンソン、『Lapalco』リマスター版を再発

20110603_Lapalco.jpg

ラカンターズのボーカル/ギターも務めるソロ・アーティストーブレンダン“BB”ベンソンが、アルバム『Lapalco』のリマスター版を再発しました。
『Lapalco』は2002年に発売された、二枚目のソロ・アルバム。レコーディングはデトロイトの自宅スタジオで行われ、BB 本人と元ジェリー・フィッシュのジェイソン・フォークナーがプロデュース、ライナーノーツは古くからの友人、ジャック・ホワイトが書いています。ジャックはこのアルバムから“Good to Me”や“Folk Singer”などを、ホワイト・ストライプスの頃にカバーしています。
今回販売されるアルバムはフォーマット別で4種類。

MP3 アルバム
+ボーナストラック“Maybe So Hard”

MP3 アルバム
+ボーナストラック“Maybe So Hard”+ Lapalco B サイド集

LP アルバム( MP3 ダウンロード付き)

限定サイン入り LP アルバム( MP3 ダウンロード付き)
+ボーナストラック“Maybe So Hard”+ Lapalco B サイド集

Lapalco B サイド集は、EP の曲やデモ音源などをまとめたもの(全16曲)。価格は一番シンプルな MP3 版で 8$、限定版のサイン入り LP が 50$。全バージョンを BB のオンラインストアで購入できます。
現在の BB は、2009年の『My Old Familiar Friend』に続く、セルフ・プロデュースのニュー・アルバムを制作中。レコーディングはナッシュビルで行っていますが、今のところジャックの参加情報はありません。安易に Third Man を絡めてこないところに、ソロ・アーティストとしてのこだわりと自信を感じます。でも、何か一緒に作ってくれたら嬉しいんですけど…ね。

» brendanbenson.com

タグ:Brendan Benson
Date:06/03/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、新たに再発レコードをリリース?

20110602_PublicNuisance.jpg

» REALITY IS FORBIDDEN | N▲SHVILLE'S DE▲D

パブリック・ニューサンス(Public Nuisance)というバンドをご存知でしょうか。彼らは1960年代中頃にカリフォルニア州サクラメントで結成。オーソドックスな男性四人組のバンドで、音楽性はサイケデリック・ロックやガレージ・ロックと呼ばれる、いわば当時の最先端のサウンドでした。1968年、デビュー・アルバム『Gotta Surve』をリリースする予定だったものの、アルバム制作を取り仕切っていたテリー・メルチャー(コロンビア社の有名 A&Rマン)という人物がチャールズ・マンソン事件の関係者であったため、レコーディングは完了してたのにも関わらず、とばっちりでリリース中止に追い込まれてしまいます。その後もアルバムはリリースされないまま、結局バンドは解散してしまいました。
近年になってバンドの評価が高まり、2000年代に入ると、カリフォルニアのレーベル Frantic Records が2枚組 CD でアルバムを再発し、ドイツのレーベル Shadoks も LP 版を再発しました(現在は両方とも廃盤)。ジャックもパブリック・ニューサンスのファンだったようで、2003年頃に彼らの曲 'Small Faces' を、ライブでカバーしています。そして今度は Third Man Records が、彼らのレコードを再発することが決まったようです。
…などとだらだら書いてきましたが、ともかく、まずは聴いてみてください(YouTube とかで何曲か聴けます)。どーです。アメリカン・ガレージやブリティッシュ・フリーク・ビート、西海岸サイケなどの60年代当時の音楽性と、現代にも通用するキャッチーな作曲センスが組合わさった彼らの音楽は、最高にカッコいいんです!Third Man のリイシュー・シリーズに外れ無し!今回も…期待大…です(まだ正式発表はされてないけど…)。

» Public Nuisance (MySpace)

Date:06/02/2011 | Comment: 0 |

News: ヘンリー坊や、写真を撮る

20110601_PhotoByHenry.jpg

新進気鋭の天才カメラマン誕生です。なんとまだ3歳。

Date:06/01/2011 | Comment: 0 |
↑ Page top