News: Third Man Liveシリーズ、White DenimのLP盤を発売

White Denim - Fits

Third Man Records から、White Denim のライブ・アルバム『Live At Third Man』がリリースされます。
・・・・・・え?・・・???ここで熱心な Third Man ファンは首を傾げるはずです。そんなはずはない。そうです。なぜなら、2、3ヶ月前に Third Man が開催するはずだった White Denim のライブは、その前日に突然キャンセルになってしまったからです。
しかし、実はその日、ライブは行われていたのです。ただし、無観客で。White Denim は食料とビールを渡され、ライブルームで約1時間にわたり演奏を行いました。それはアナログ・テープで録音され、前代未聞の無観客ライブ盤としてリリースされるのです。
発売日は8月23日。フォーマットは LP盤のみ。歓声も拍手もないライブ盤というのがどんなものか気になりますが、何よりも明かされていないキャンセルの理由が一番気になります。

» ||| Third Man Records |||

Date:07/27/2011 | Comment: 2 |

News: Third Man Records、Lanie Laneのシングルをリリース

Third Man Records から、オーストラリア出身の女性ミュージシャン、Lanie Lane のニュー・シングルがリリースされます。Lanie Lane は今年春に本国オーストラリアでデビューしたばかりの新人歌手。いかにもジャックが好きそうな50sライクなサウンドやスタイルに、ちょっと甘くて伸びのある美しい歌声がぴったりマッチしています。YouTube に彼女が部屋や公園で歌った映像がいくつかアップされてるのですが、プロダクションなしでこの歌声は只者じゃあありません。
秋には本国でデビュー・アルバムを発売予定ですが、ひと足お先に Third Man からジャックのプロデュースでシングルをリリース。収録曲は“Ain’t Hungry”と“My Man”の2曲。発売日は8月23日で、フォーマットは45回転盤とデジタルです。

» Lanie Lane (Official)

Date:07/27/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、Loretta Lynnの『Van Lear Rose』を再発

20110727_TMR063_VanLearRose.jpg

ジャック・ホワイトがプロデュースしたロレッタ・リンのアルバム『Van Lear Rose』が、Third Man Records から再発されることが決定しました。
『Van Lear Rose』は2004年にリリースされ大ヒットしたロレッタ・リンのオリジナル・アルバムで、翌年のグラミー賞 Best Country Album など、いくつもの賞も受賞。当時70歳だったロレッタのキャリア最大の成功作となり、当時28歳だったジャックのプロデューサーとしての手腕も高く評価されました。
今回の再発は LP盤でリリースされるのですが、このアルバムは CD しかなかったので、アナログ化は初めて。音源はマスター・テープからダイレクトにアナログ化され、レコードは重厚な180g ビニール盤でプレスされます。発売は8月9日。限定300枚の限定ブルー・ローズ・ビニール盤は、100枚がナッシュビルの Third Man ショップで発売され、残りは何らかのコンテストで販売されるそうです。Third Man のオンライン・ストアではプレオーダーが始まっています。

Date:07/27/2011 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ、さらにライブが決定

20110722_Raconteurs2006AW.jpg

新たに、ラカンターズのライブ日程が発表されました。今度は11月12日〜13日にフロリダで開催されるフェスティバル〈ORLANDO CALLING〉。主な出演アーティストは、The Killers、Bob Segar、Kid Rock、Pixies、Dwight Yoakam、Iron And Wine など。ラカンターズは12日に出演します。

» 2011 Orlando Calling.

Date:07/22/2011 | Comment: 0 |

News: ジャックが曲を書いてるらしい

20110720_JackWritingSongs.jpg

can't tour with the raconteurs right now, i'm writing songs / and recording them. / and listening to them.

今月のはじめに、Vault チャットに投稿されたジャックのメッセージ。「ラカンターズで今はツアーしないよ。俺は曲を書いて、レコーディングして、それを聴いてるんだ」
おぉ…「曲を書いてる」!!……それを待ってたよー。?ん?レコーディングもしてるの?ラカンターズ用?でもブレンダンがソロを作ってるのに、ラカが本格始動するのは考えにくいなあ。ってことは…ソロ?

Date:07/20/2011 | Comment: 0 |

News: The White Stripes、未発表音源2曲を公開

20110714_ws_signedDC.jpg

“Signed D.C”

“I’ve Been Loving You Too Long”

「未発表音源公開!」なんて言ってますが、勝手にアップされただけです。前期の Vault パッケージの7インチ・シングルからの2曲。60年代に活躍したアーサー・リー率いるバンド Love のカバー“Signed D.C”と、オーティス・レディングのカバー“I’ve Been Loving You Too Long”です。

Date:07/14/2011 | Comment: 0 |

Disc: Black Milk - Brain - Single

thumb
  1. Brain
  2. Royal Mega

Black Milk
Released: July 12, 2011
Format: 7" Vinyl/DL
Third Man Records
Brain - Single - Black Milk

Date:07/13/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、Black Milkのシングルをリリース

20110712_BlackMilkAndJackWhite.jpg

» Pitchfork: Listen: Jack White and Black Milk Team Up

Third Man Records 初のヒップホップとなる、Black Milk のシングルが、明日7月12日にアナログ盤/デジタル・ダウンロードでリリースされます。ジャック・ホワイトはプロデュースに加え、シングル A面の“Brain”ではギター、B面の“Royal Mega”ではドラムを演奏。2曲とも Black Milk のサイトで試聴できます。
僕は積極的なヒップホップ・ファンではないのですが、聴いてみるとかなりカッコイイです。リズム・マシーンは味付け程度で、メインは生バンドのサウンド。ラップもやや押さえ気味。単なるクラシックでもない、かといって今時でもない、ジャックならではのヒップホップに仕上がっていると思います。この前のコルバートより全然イイ!

» BLACK MILK & JACK WHITE: THE STORY & NEW MUSIC (試聴)
» Brain - Single - Black Milk(iTunes)

Date:07/12/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Live、The Strange Boysが出演

20110709_StrangeBoys.jpg

テキサス州オースティン出身の四人組バンド The Strange Boys が、7月9日に Third Man Records でライブを行います。これまで2枚のアルバムをリリースしている The Strange Boys ですが、特に2010年のセカンド『Be Brave』は名盤。酔っぱらったボブ・ディランのようなヘナヘナ声に、少しグルーブ感のあるフォーキーなサウンドがくせになるのです。
この日はオープニング・アクトとして Natural Child というバンドも出演。チケット代は 5ドル。んー安い!…って行けないけど。そのうち出るライブ盤で我慢です。

» The Strange Boys

Date:07/09/2011 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、自分の離婚パーティーの次は、人の結婚式

» digital convenience:

ケイトとジェイミーの結婚式は、ロック・カップルらしく、なんとフェスティバル形式で行なわれたんだとか。とあるおしゃれ雑誌サイトでは、その名も“モス・ストック”(!)と呼ばれたこの結婚パーティー。式自体は、7月1日に英国南部の小さな教会で行なわれ、ジョン・ガリアーノのウェディング・ドレスを着たモスはそれはそれは美しかったでしょう。写真を見ていると、ジェイミーデレデレです。その後、3日間かけて結婚パーティーもとい“モス・ストック”を開催!イギー・ポップにベス・ディットー、スヌープ・ドッグ(!)そしてカール・バラーに加えて、ザ・キルズのアリソンとジャック・ホワイトもパフォーマンスを行ったらしいんだとか。いや〜すごいです、“モス・ストック”!

残念ながら〈モスストック〉のようすは見れませんが、テリー・リチャードソンの Diary にパーティーの写真がいくつか載ってました。そんな中からジャックを少々。つい先月、離婚パーティーを開いたばかりのカレンと一緒です。まったく、仲がいいんだか悪いんだか。

20110708_JackByTerry_1.jpg

20110708_JackByTerry_2.jpg

20110708_JackByTerry_3.jpg

Date:07/08/2011 | Comment: 0 |

News: The Vault、2011年第3期会員募集開始

20110707_vault9.jpg

Third Man Recordsは、2011年第3期の〈Vault プラチナ会員特典〉を発表しました。
今回のメイン・アイテムは、今年1月にワンダ・ジャクソンがナッシュビルの Third Man Records で行ったライブを収録した『Wanda Live! at Third Man Record』(LP & DVD)。バックにジャック・ホワイトと Third Man House Band 従え、リリース直後の『The Party Ain’t Over』からの曲や、代表曲の“Fujiyama Mama”なども披露しています。LP は青と黒の2色アナログ盤。
そして 7インチは、知る人ぞ知るバンド、2 Star Tabernacle の未発表音源を収録したシングル盤。2 Star Tabernacle って何?って方のために↓

90年代末、ジャックが初めてプロのミュージシャンとしてデビューしたバンド Goober & The Peas が解散したあと、同じくメンバーだったダン・ミラーとダンの奥さんトレイシーが結成したバンド 2 Star Tabernacle に入ります。バンドはデトロイトの R&B ミュージシャン Andre Williamsとのコラボ・シングルを一枚リリースしますが、結局 2年もたたず消滅。その後ダンとトレイシーは Blanche を結成し、ジャックは並行してやっていたホワイト・ストライプスの活動がメインになっていきます。

というわけです。要はジャックが昔ちょっといたバンドということですね。そして今回の 7インチは、バンドが唯一出したシングル『Ramblin’ Man』のレコーディングのときに録られた“Ramblin’ Man”のデモ音源に加え、当時はお蔵入りになったジャックの曲“The Big Three Killed My Baby”が収録されています。
会員申し込みは Third Man Records のサイトから。プラチナ会員価格は$70(3ヶ月)。申し込み期限は7月末の予定です。

» ||| Third Man Records |||

Date:07/07/2011 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ、3年ぶりのライブが決定!

20110707_Raconteurs.jpg

9月17日にアメリカミシガン州ブルックリンで行われる MI Fest ’11 に、ラカンターズの出演が決定しました!!ラカンターズが4人揃ってライブを行うのは3年ぶりです。
発表されたのはこの日のライブだけで、それ以降のスケジュールは不明。このまま本格的に活動再開して、アルバム制作とかに突入するのかな?ちなみにジャックは今バンドはしてないし、パトリックとリトル・ジャックは、9月に地元シンシナティでやるライブで、グリーンホーンズの活動に一区切りつきそうな感じ。でも残るブレンダンは、ただ今ニュー・アルバムをレコーディング中なので、終わってすぐにラカンターズの活動をやるのは難しそう。そう考えると、単発のライブって可能性が高いのかなあ・・・。
んー、まあ何はともあれ、4人がそろった姿をはやく観たい!

» MI Fest Outdoor Music + Camping Festival ~ Sep. 17, 2011 ~ Michigan International Speedway, Brooklyn, Michigan

Date:07/07/2011 | Comment: 2 |

News: ジャック出演の映画『It Might Get Loud』の日本公開が決定

20110704_GetLoud.jpg

» 巨匠ギタリスト夢の共演「ゲット・ラウド」フジロックで最速試写 : 映画ニュース - 映画.com

人気音楽ドキュメンタリーの第2弾「ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター」が、9月9日の日本公開に先駆け、7月29〜31日に新潟・苗場で開催される野外音楽フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL’11」で、日本最速試写会を実施することが分かった。
「不都合な真実」のデイビス・グッゲンハイム監督がメガホンをとり映画化。エレクトリックギターの名手として知られる「U2」のジ・エッジ、「Led Zeppelin」のジミー・ペイジ、元「The White Stripes」のメンバーで、現在「The Dead Weather」「The Raconteurs」で活躍するジャック・ホワイトが、初共演を果たした。「メタリカ」など数多くのバンドに絶大な影響を与え続けてきた、不遇のメタルバンド「アンヴィル」の姿を追ったドキュメンタリー映画「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」(09)を日本で公開したチームが、今回の公開も実現させた。

日本では完全に忘れ去られたと思われていた、ジャック出演のドキュメンタリー映画『It Might Get Loud』の日本公開が決まりました。邦題は『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』。9月の一般公開は TOHOシネマズ六本木ヒルズ、他全国でロードショー。フジロックでの先行上映の情報は、後日<FUJI ROCK FESTIVAL’11>公式サイトで発表されるそうです。

» 映画『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』公式サイト

Date:07/04/2011 | Comment: 2 |

News: ジャックとアリソンがSeasick Steveのライブに登場

7月2日に行われた iTunes Festival のシーシック・スティーブのライブで、ジャックとアリソン、そして元レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズが競演を果たしました。四人が演奏したのは、シーシックが Third man Records からリリースした曲“Write me a few lines”。ジャックはドラム、アリソンはボーカルを担当しています。(via NME.COM

Date:07/04/2011 | Comment: 0 |
↑ Page top