News: ラカンターズ、さらーにライブが決定

ラカンターズが9月14日にナッシュビルの Third Man Records でライブを行うことを発表しました。発表と同時にオンラインでチケットが先攻販売されましたが、あっという間に売り切れています。8月30日には店頭販売もあるそうですが、これもかなりの争奪戦になりそうです。ちなみに、この日が2011年の最初のライブになります。恒例のライブ LP も出ます。ます!

» ||| Third Man Records |||

Date:08/27/2011 | Comment: 2 |

Disc: Danger Mouse & Daniele Luppi - Season's Trees - Single

thumb
  1. Season's Trees (feat. Norah Jones)
  2. The Rose With The Broken Neck (feat. Jack White)

Danger Mouse & Daniele Luppi
Released: August 15, 2011
Format: 7" Vinyl/DL
Parlophone

Date:08/27/2011 | Comment: 0 |

News: ラカンターズのメンバーがオペラに参加?

20110825_KarenO_Opera.jpg

» ヤー・ヤー・ヤーズのカレン・Oがオペラ用音楽を制作中 | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

ヤー・ヤー・ヤーズのカレン・Oがオペラ用の音楽制作を進めていることが明らかになった。オペラは10月13日から16日にかけてニューヨークで開催されるザ・クリエイターズ・プロジェクトというイベントの一環としてブルックリンにある音楽会場セイント・アンズ・ウェアハウスで上演されるとか。

» Pitchfork: Karen O Reveals Details of "Psycho-Opera"

The cast of contributors they've got is an eclectic one: in addition to members of the Greenhornes/Raconteurs, Money Mark, and YYYs drummer Brian Chase, actress Lili Taylor(!) will also perform.

えーと、正直言うと全然よくわかってないんですが、頑張って説明してみます。カレン・O(Yeah Yeah Yeahs) が音楽を作ってるオペラがありまして、それが今年の10月にニューヨークで公演するそうなんです。
で、例によって色んな人(ヤーズのメンバーとか、マニー・マークとか、リリー・テイラーとかとか)が関わってる中に、「グリーンホーンズ/ラカンターズのメンバー」もいるらしいのです。たぶんローレンス(LJ)とパトリックだと思われますが、知名度の問題か字数制限のしわ寄せか知りませんが、情報元の Pitchfork には名前が書いてないのです。ジャックが参加してたら名前が載るだろうけどね…。少なくとも、LJ は『かいじゅうたちのいるところ』でもカレンに招集されたので、やってるんでしょう。で、で、オペラってことは、録音ではなく生演奏。ライブなんです。パフォーマンスするんです。面白そうだなー。全8公演あるのですが、その期間は今のところラカンターズのライブも入っていません。
ということです。あやふやな情報ばっかでスイマセン。どっかの日本のメディアで翻訳記事が出たらこっそり書き換えると思いますがご容赦ください。

8月26日追記
RO69 に情報がアップされましたが、ラカンターズ云々は特に触れられず。まあ、そのうちわかるでしょ。

Date:08/25/2011 | Comment: 0 |

Disc: Lanie Lane - Single - Ain't Hungry

thumb
  1. Ain't Hungry
  2. My Man

Lanie Lane
Released: August 23, 2011
Format: 7" Vinyl/DL
Third Man Records
Ain't Hungry - Single - Lanie Lane

Date:08/25/2011 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ、さらにさらにライブが決定

20110823_RacsEmblems.jpg

ラカンターズはジョージア州アトランタのコンサート・ホール Tabernacle で、11月13日にライブを行うことを発表しました。この日が年内に行われる最後のライブになるそうです。
ちなみにファン・フォーラム Little Room の情報によると、先日 Vault のビデオ・チャットにジャックが登場して「ラカンターズのニュー・アルバムはないよ」と言ったそうです(※注:明確なソースやキャプチャーはないので確実な情報とは言えません)。本当なら残念です。期待しちゃったなー。でも「音楽は作ってるよ」とも言ってたそうです。ふーむ。…何作ってるんでしょうね?

» The Raconteurs

Date:08/23/2011 | Comment: 0 |

News: Lanie Laneのシングル情報

20110822_LanieLane.jpg

オーストラリアの女性歌手、Lanie Lane のブルー・シリーズ・シングルの発売日が8月23日(火)に決定しました。Third Man のサイトでは、シングルに収録されている“Ain't Hungry”、“My Man”の両曲が30秒だけ試聴できます。

» ||| Third Man Records |||

9/1追記:
“Ain't Hungry”のビデオが公開されました。

関連記事:
» Third Man Records、Lanie Laneのシングルをリリース

Date:08/22/2011 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、JEFF The Brotherhoodのシングルをリリース

20110819_JeffBros.jpg

Third Man Records は、ナッシュビル出身の兄弟バンド JEFF The Brotherhood のシングル・レコードをリリースします。A面には6分半にもおよぶジャム・ソング”Whatever I Want”、B面には Tiger B. Smith のカバー”Everything I Need”が収録されます。もちろんプロデューサーはジャック・ホワイト。発売は10月。ちなみに上の写真はジャケ写ではないそうです。

» JEFF THE BROTHERHOOD

Date:08/19/2011 | Comment: 0 |

Disc: Loretta Lynn - Van Lear Rose

thumb
  1. Van Lear Rose
  2. Portland Oregon (Duet With Jack White)
  3. Trouble On The Line
  4. Family Tree
  5. Have Mercy
  6. High On A Mountain Top
  7. Little Red Shoes
  8. God Makes No Mistakes
  9. Women's Prison
  10. This Old House
  11. Mrs. Leroy Brown
  12. Miss Being Mrs.
  13. Story Of My Life

Karen Elson
Released: August 9, 2011
Format: LP
Third Man Records

Date:08/11/2011 | Comment: 0 |

News: ホワイト・ストライプスの曲が映画『フットルース』に採用?

1980年代に大ヒットした『フットルース(Footloose)』が新キャストでリメイクされる2011年度版の映画『フットルース』に、ホワイト・ストライプスの曲“Catch Hell Blues”が使われているそうです。
ケビン・ベーコンに代わって主役のレン・マコーミック役を務める Kenny Wormald は、Moviefone のインタビューで

「あんまり詳しく明かしたくはないんだけど、やっぱり感情をすべて吐露していくのをよく表現しているのはこういう曲だと思うんだ。(監督のクレイグ・ブリューワーは)完璧な曲をみつけてきたと思ってるよ。すごく接点をみつけやすい曲だし、この曲を通して主人公がどれだけの怒りと感情の爆発を経験しているのかを理解することもできるからね。こういう場面には、強烈なドラムとパーカッションによるクレイジーなロックを求めるものだけど、“キャッチ・ヘル・ブルース”はまさにそんな曲なんだよ」(via RO69

と語っています。
しかーし、そんな名シーンで使われてるのにもかかわらず、なぜかサントラには収録されていないようです。映画はアメリカで10月14日から公開。日本での公開は未定です。

Date:08/11/2011 | Comment: 0 |

News: The Blue Rose Beauty Pageant

20110810_VLR_BlueRoseBeauty.gif

Third Man Records はロレッタ・リンの LP『Van Lear Rose』リリースを記念して、〈青いバラの美人コンテスト〉を開催しています。
これはアルバムのジャケットでロレッタが着ている青いドレスにちなんだコンテストで、参加者は自前の青いドレスを着た写真を Third Man の Facebook ページに投稿すると、優勝者に限定盤ブルー・カラー・アナログ盤が当たります。すでにたくさんの写真が集まってきていますが、なぜか男性からの痛い投稿が多いので、まだまだチャンスはありそうです。締切は8月15日(月)まで。詳しいコンテストの内容はオフィシャル・サイトに掲載されています。

» ||| Third Man Records |||

Date:08/10/2011 | Comment: 0 |

News: 映画『ゲット・ラウド』のコラボTシャツ販売

20110809_GetLoudT.jpg

» BEAMSコラボTシャツ、3大ギタリスト共演のレアデザイン : 映画ニュース - 映画.com

ロック界の3大ギタリストが初共演を果たす映画「ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター」とファッションブランドの「BEAMS」が、8月10日からコラボレーションTシャツを販売する。(中略)Tシャツは、同ブランドがデザインを手がけた、メインロゴを中心に配置した「GET LOUD “LOGO”」と、3人が初めて集まって一夜限りのジャム・セッションを行う「ロック・サミット」の劇中場面をデザインした「GET LOUD “GUITARIST”」の2種類で展開。各4200円。ONLINE SHOP、ZOZO TOWNでは、8月20日から発売開始。

9月の公開が近づき、映画のキャンペーンや試写会の情報が各所で出始めています。Tシャツかー。ふーむ。場末のブログなのでこっそり生意気言わせてもらうと、いつの頃からか増えだした、こういう映画宣伝用のファッション・ブランドのTシャツに、いささかうんざりしております。思い入れのないどっかの誰かが作る、おしゃれと映画とやっつけ感を足して三で割った中途半端だけどお値段だけは一人前のTシャツが巷にあふれ過ぎです。イラストレーターとフォトショップは使ってるけど、想像力とオリジナリティーをインストールし忘れたのかな。最近のバンドTも同じだけど、無難なデザインで個性がない。もっとハートを込めて作ってほしいなあ……って、思ってるのは僕だけでしょうか。

Date:08/09/2011 | Comment: 2 |

News: The Lost Notebooks of Hank Williams

» Bob Dylan, Jack White and Norah Jones Record Unheard Hank Williams Songs | Rolling Stone Music

ジャック・ホワイトも参加しているボブ・ディラン企画のハンク・ウィリアムス・トリビュート・アルバムの追加情報が発表されました。アルバムのタイトルは『The Lost Notebooks of Hank Williams』。ハンク・ウィリアムスの失われたノート、です。参加アーティストはすでに明らかになっていた Alan Jackson や Lucinda Williams に加え、Norah Jones、Sheryl Crow、Jakob Dylan など、計12組が参加しています(噂のあった Willie Nelson は結局不参加になったようです)。そして気になる発売日は10月4日。発売元はディラン自身のレコード・レーベル Egyptian Records になるようです。日本盤に関しては今のところ何も発表されていません。

The Lost Notebooks of Hank Williams

01 Alan Jackson - You’ve Been Lonesome, Too
02 Bob Dylan - The Love That Faded
03 Norah Jones - How Many Times Have You Broken My Heart?
04 Jack White - You Know That I Know
05 Lucinda Williams - I’m So Happy I Found You
06 Vince Gill w/ Rodney Crowell - Hope You Shed a Million Tears
07 Patty Loveless - You’re Through Fooling Me
08 Levon Helm - You’ll Never Again Be Mine
09 Holly Williams - Blue Is My Heart
10 Jakob Dylan - Oh, Mama, Come Home
11 Sheryl Crow - Angel Mine
12 Merle Haggard - The Sermon on the Mount

関連記事:
» ジャック・ホワイト参加のハンク・ウィリアムス・トリビュート
» ジャック・ホワイト、ボブ・ディランのプロジェクトに参加

Date:08/04/2011 | Comment: 0 |

Media: Black Cab Sessions USA

一般のロンドンのタクシー車内で、ミュージシャンたちがセッションを繰り広げるウェブ番組〈Black Cab Sessions〉。次回放送される新たなシリーズ〈Black Cab Sessions USA〉にジャック・ホワイトが出演します。
今回の USA シリーズではロンドン・キャブがはじめて海を渡り、アメリカ東側にある6つの音楽シティーフィラデルフィア、アセンズ、ニューオリンズ、ナッシュビル、メンフィス、ニューヨークーを回ります。出演アーティストは John Legend や The Roots、Suzanne Vega、Washed Out など。ジャックはもちろんナッシュビル篇に出演して、ワンダ・ジャクソンと一緒にセッションを行います。ちなみに運転手は映画『Walk Hard』で共演した、俳優のジョン・C・ライリーなんだとか。番組は TV 放送もあるそうですが、公開時期はまだ発表されていません。
〈Black Cab Sessions〉ではこれまでに、Fleet Foxes や Brian Wilson、The Flaming Lips などの有名ミュージシャンに加え、The Smoke Fairies や Cold War Kids、Seasick Steve、Laura Marling など、Third Man Records ゆかりのアーティストも多数出演しています。過去のセッションはオフィシャル・サイトで観ることが出来ます。

» BLACK CAB SESSIONS

Date:08/04/2011 | Comment: 0 |

Media: rockin'on 2011年 09月号

thumb

» rockin'on 9月号 | ロッキング・オンの出版物 | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

絶頂期のレッド・ツェッペリンが産み落とした、ロック史に残る屈指の名盤『W』のリリースから40年――今、改めてジミー・ペイジがその歴史的名作と向き合った最新インタヴュー! 加えて映画『ゲット・ラウド』の公開を機に実現したジミー・ペイジ×ジ・エッジ(U2)×ジャック・ホワイトの3人による超貴重な対談、ジョン・ポール・ジョーンズ&ロバート・プラントが『W』について語るテキストも同時に掲載!

今月のロッキング・オンは公開間近の映画『ゲット・ラウド』の特集……かと思いきや、それに便乗したレッド・ツェッペリン特集です。ロキノンはほんとにツェッペリン好きですねー。というかペイジが出てなかったら、映画を取り上げることさえ…。それはともかくペイジとエッジとジャックが集まった貴重な対談です。ぜひ読んでみてください。

rockin'on (ロッキング・オン) 2011年 09月号 [雑誌]

Date:08/02/2011 | Comment: 0 |

News: ラカンターズ、単独公演を発表

20110802_RymanAuditorium.jpg

ラカンターズは9月15日にナッシュビルの Ryman Auditorium でライブを行うことを発表しました。これまでに発表されていたのは、MI Fest(9/17)、Orlando Calling(11/12)、Voodoo Music Experience(10/30)と全てフェスティバルでしたが、今回は単独公演です。現在ジャックたちのホームタウンとなったナッシュビルで、Ryman は最高の会場であることから、この日がツアーのスタートになる可能性もありそうです。
そしてなにより、これは間違いなくツアーなんです!ラカンターズは本格的に再始動したのです!ステージで暴れまくる四人を観れる瞬間が、スグそこまできてるんです!(……たぶん)

Date:08/02/2011 | Comment: 4 |
↑ Page top