Video: この少年は誰でしょう

あー!

Date:10/31/2013 | Comment: 0 |

News: 最近のニュースのまとめ(10月30日)

» Light and Sound Machine 8

今月の Third Man 映画上映会は1983年アメリカ制作のドキュメンタリー映画『Seventeen』です。高校の制度尊重主義に焦点を当てた映画らしいんですが…詳しいことはよくわかんないっす。

» MOJO Magazine Turns 20 | MOJO

創刊20周年の MOJO Magzine が選ぶ〈most world-shaking album of last 20 years(過去20年間で最も世界を“シェイク”させたアルバムトップ20)〉で、ホワイト・ストライプスの『Elephant』が見事1位に選ばれました!やったぜー!2位以下のラインナップはアーケイド・ファイアにボブ・ディラン、レディオヘッドですから大金星ですよ。

» Lou Reed, 1942-2013

10月27日、日曜日の朝、ルー・リードが亡くなりました。享年71歳。上の動画は2000年にホワイト・ストライプスがライブでカバーした“After Hours”(Velvet Underground)。大晦日の夜にメグが楽しそうに歌ってます。もう一本は2006年の MTV Video Music Awards で、ラカンターズとルー・リードが共演した“White Light/White Heat”。どちらもすばらしい曲。彼は行ってしまいましたが、すばらしい音楽は永遠です。

Date:10/30/2013 | Comment: 0 |

News: 最近のニュースのまとめ(10月24日)

20131024_paramount_tshirts.jpg

» Jailhouse Fire Blues Paramount Unisex T-Shirt

Third Man Records からもうすぐパラマウントのボックスセットがリリースされるのを記念して、パラマウントをモチーフにしたTシャツが4型リリースされています。

» The White Stripes On World Cafe : NPR
» The Raconteurs On World Cafe : NPR

アメリカのラジオ局 NPR の番組『World Cafe』に出演した、ホワイト・ストライプス(2003年)とラカンターズ(2006年)の音源がリヴァイバル公開されてます。
ホワイト・ストライプスはちょうどブレイク真っ最中のころですが、その中でも冷静なジャックのインタビューと、"Lord, Send Me An Angel"、"I Want To Be The Boy To Warm Your Mother's Heart"、"The Big Three Killed My Baby"というクールな選曲がすばらしいです。NPRも『最高のスタジオライブのひとつ』と紹介です。ラカンターズは『World Cafe』初登場のときで "Steady, As She Goes"と"Level"の2曲を演奏してます。

Date:10/24/2013 | Comment: 0 |

Disc: Elvira - 2 Big Pumpkins - Single

thumb
  1. 2 Big Pumpkins
  2. 13 Nights of Halloween

Elvira
Released: October 23, 2013
Format: 7" Vinyl/DL
2 Big Pumpkins - Single - Elvira

Date:10/24/2013 | Comment: 0 |

News: Third Man Records、Elviraのニューシングルをリリース

20131023_elvira.gif

» Elvira - 2 Big Pumpkins 7" - Third Man Records

もうすぐハロウィン。Third Man Records のハロウィンといえばやっぱりこの人、エルヴァイラ(ミストレス・オブ・ザ・ダーク)こと、カサンドラ・ピーターソン様が今年もシングルをリリースします。シングルには The B-52's の Fred Schneider の書いた“2 Big Pumpkins”と“13 Nights of Halloween”の2曲が収録。7インチのフロント・スリーブには感温インクが使われていて、こするとエルヴァイラが現れる特殊仕様です。オンラインサイトではもう販売中。購入すると今週中に発送されるようですが、日本には間に合うのかな?いちおう iTunes 版もありますよ。

Date:10/23/2013 | Comment: 0 |

News: ジャックがエルトン・ジョンと・・・!

テレビ番組『Jimmy Kimmel Live』に出演したエルトン・ジョンが、ぽろっとジャック・ホワイトと一緒にレコーディングしたことを明らかにしました(動画の1分50秒あたり)。もしかしてこの間ジャックが L.A. に来てたのってそのため……?

Date:10/14/2013 | Comment: 2 |

News: Third Man Records、The Goriesのライブ盤をリリース

20131011_TMR138.jpg

» Upcoming Releases: The Gories + Jack Johnson - Third Man Records

デトロイトの伝説的なガレージ・ロック・バンド、ゴリーズ(The Gories)のライブ盤『The Shaw Tapes: Live in Detroit 5/27/88』が、Third Man Records からリリースされます。
ゴリーズはジャックの地元デトロイトの大先輩ミック・コリンズが80年代に結成したバンド。ガレージ・ロックが低迷していた80年代の最も重要なバンドのひとつで、ストゥージズや MC5 が作った「デトロイト・ガレージ・ロック」を守り続け、のちにジャックたちの2000年代「ガレージ・ロック・リヴァイバル」へと繋がる架け橋ともなりました。ジャック曰く「60年代以降のアメリカで最高のガレージバンド」だそうです。かっこいいもんねー。
このライブ盤は88年デトロイトの店頭ライブを録音したもので、The Stooges や John Lee Hooker にカバー曲を含めた14曲が収録。LP、CD、デジタル・フォーマットで、11月26日にリリースされます。

ゴリーズは1993年に解散して、コリンズは今、The Dirtbombs というバンドで活動中。Third Man Records ユーザーにはお馴染みのジャックのいとこ、ベン・ブラックウェルもメンバーの1人です。先月には新作 『Ooey Gooey Chewy Ka-Blooey』を In The Red Records からリリース。今までよりキャッチーに仕上がってて、こちらもなかなかいい感じです。

おまけ:
若かりし日のジャックとメグとミック・コリンズ。

Date:10/11/2013 | Comment: 0 |

News: ジャック in L.A.

20131007_Jack1.jpg
先週末はロサンゼルスにいたジャックさん。目的はわかりませんがドジャースタジアムにいるところをキャッチされてます。仲良しのコナン・オブライエンと一緒だったそうです。最近良く野球見に行ってますね。

20131007_Jack2.jpg
この雑さ!さすがアメリカン。カリフォルニアの風がこんなに馴れ馴れしい男を育て上げるのです。真似したい。あと右上の少年がめちゃくちゃ小さいけど、妖精じゃないよね?

20131007_Jack3.jpg
こちらは5日の夜に、画家の Mercedes Helnwein さんの展覧会オープニング・レセプションにやってきたジャック。隣の赤髪の美人がその Mercedes さんなんですが……なんかニヤニヤしてるなあ。

20131007_Jack4.jpg
好みなんでしょう。ストライクなんでしょう。完全に、はしゃいでます。ちなみに Mercedes さんは Beck が以前からのお知り合いみたいです。いっしょにいたのか?どうなんだ、おい。

Date:10/07/2013 | Comment: 4 |

News: 最近のニュースのまとめ(10月5日)

20131005_BrookeWaggoner.jpg

» Photo by brookewaggoner_

Peacocks のブルック・ワゴナーのところに Third Man からゴールド・ディスクの楯が届いたそうです。『Blunderbuss』が50万枚突破したってことですよね。おめでとう!

» Rolling Record Store Fall Tour - Third Man Records

Rolling Record Store が秋ツアーに出発。5日のノックスビルから、16日のルイスビルまで、10箇所ぐらいを回ります。

» 元セパルトゥラのカヴァレラ兄弟が“ホワイト・ストライプスのメタル版プロジェクト”を開始、プロデュースはジェイムス・マーフィー  - amass

セパルトゥラ(SEPULTURA)での活躍でも知られるマックス・カヴァレラとイゴール・カヴァレラの兄弟が“ザ・ホワイト・ストライプスのメタル・ヴァージョン”と言える、ドラムとギター/ヴォーカルのみのデュオ・プロジェクトを開始する模様。(中略)発案/プロデュースは元LCDサウンドシステム(LCD Soundsystem)のジェイムス・マーフィー(James Murphy)とのこと。

これって要はバンド編成が一緒なだけで、別に音楽的なところじゃないですよね…。ジェイムス・マーフィーってとこはちょっと気になりますが、とりあえず一旦忘れることにします。何かできたらまた教えてくださいね。

Date:10/05/2013 | Comment: 0 |

News: VAULT PLATINUM PACKAGE #18

20131003_Vault18.jpg

» Vault Platinum Package #18 - Third Man Records

忘れたころにやってくる。2013年最期の Vault Package が発表されました。今回はなかなか良い感じじゃないでしょうか。気になるラインナップはこちら!

PRESENTING THE FINAL VAULT PACKAGE OF 2013:
THE RACONTEURS LIVE AT THE RYMAN AUDITORIUM LP & DVD
THE DEAD WEATHER "Open Up (That's Enough)" / "Rough Detective" 7-INCH

まず LP はラカンターズの2枚組ライブ・アルバム。2011年のちょこっとだけやったツアーのときに、ナッシュビルの Ryman Auditorium(今度ブレンダンとジャックがやるところ)で行われたライブです。180g重量盤で、“ローハイド&タバコ”カラーと、“ゴールド&スイルド”カラー・ヴァイナル仕様。素敵です。そして、DVDにはこのライブの映像が収録されてます。

そして、7インチ・シングルは、出ました!デッド・ウェザーの新曲。しかも両面新曲のダブル A サイド・シングルです!この前録ってたやつかな?さっそく“Open Up (That's Enough)”の方だけ、30秒のスニペットが公開されてます。それがこちら。

おお・・・。相変わらずデッド・ウェザーらしいハードなナンバーだぜ。しかも今後デッド・ウェザーは Vault シングルで新曲をリリースしていって、2015年にそれらをまとめたアルバムを出す計画なんだそうです!斬新!!「でもそれってシングル集みたいで、アルバムの新鮮味がなくなるんじゃないの?」って思った人も心配無用。アルバムにはアルバムだけの曲も入るので、お楽しみはたっぷりあるんです。ちなみに新曲はデジタルで一般発売されるけど、アナログは Vault 会員だけのプレミアム・アイテム。なるほどねー。考えたなあ。
とはいえアルバムに関しては先の話過ぎてまだピンと来ないけど、ジャックがいろいろ新しいことを企んでそうなのは楽しみですね。とにかく今はこの2曲が早く聴きたい。続報を待て!!

Date:10/03/2013 | Comment: 2 |

News: ジャックとブレンダンが久しぶりに共演

20131002_bb_live.jpg

» Brendan Benson & Friends

ラカンターズのブレンダン・ベンソンがニューアルバム『You Were Right』(12/29)の発売を記念したライブを、11月18日にナッシュビルの Ryman で行い、ゲストにジャック・ホワイトも出演することが発表されました。
ゲストは他にも、エリック・バードン(元アニマルズ)やブッチ・ウォーカー(プロデューサー。アヴリル・ラヴィーンとかパフィーとか織田裕二とか)、ディーン・フェティータ(デッド・ウェザー)、コニー・チーゼル、ブレンダンのレーベルメイトのヤング・ハインスなどなど、ゆかいな仲間たちが大集合します。 ジャックとブレンダンが共演するのは数年前のラカンターズちょこっとツアー以来。ゲストはまだ増えるようですし、久しぶりの新作も含めて、いろいろ楽しみですね。

20131002_bb_YouWereRight.jpg

» Brendan Benson announces You Were Right

Brendan Benson - You Were Right

TRACK LISTING
1. It's Your Choice
2. Rejuvenate Me
3. As of Tonight
4. Diamond
5. Long Term Goal
6. I Don't Wanna See You Anymore
7. I'll Never Tell
8. Swallow You Whole
9. She's Trying to Poison Me
10. Purely Automatic
11. New Words of Wisdom
12. Oh My Love
13. The Fritz
14. Swimming
15. Red White and Blues
Date:10/02/2013 | Comment: 0 |

News: 映画『Inside Llewyn Davis』記念ライブが開催

20130820_poster.jpg

コーエン兄弟の新作映画『Inside Llewyn Davis』のライヴ・イベントが、日曜日にマンハッタンで行われ、ジャック・ホワイトのほか、主演のオスカー・アイザック、エルヴィス・コステロ、パティ・スミス、マーカス・マムフォード、ジョーン・バエズらが出演しました。
ライブは二部構成になっていて、二部の最初に登場したジャックは、“Mama's Angel Child”(Sweet Papa Stovepipe)、“Did You Hear John Hurt?”(Tom Paxton)と、“We’re Going To Be Friends”の計3曲を演奏。最初の2つは、古いフォーク・ソングのカバーで、おそらく初披露です。聴きたいなあ。バンドメンバーは、ソロツアーのメンバーからファッツ・キャプリン、ドミニク・デイビス(Buzzardos)、たぶんリリー・リシェ(Peacocks)の三人。ゲストとの競演はなかったようです。
YouTube あたりに上がってた動画関係はごっそり削除されてますが、そのうち放送されたりするんでしょうか。いくつかの写真と、ちょこっと映像はあったので貼っておきます。

20131002_InsideLlewynDavisShow_1.jpg
ライブの様子

20131002_InsideLlewynDavisShow_2.jpg
ジョーン・バエズと

20131002_InsideLlewynDavisShow_3.jpg
コステロと

関連記事:
» Inside The Star-Studded Inside Llewyn Davis Concert | American Songwriter
» Elvis Costello, Marcus Mumford, others perform at show celebrating ‘Inside Llewyn Davis’ music - The Washington Post
» Joan Baez, Avett Brothers, Jack White Play 'Inside Llewyn Davis' Benefit - Speakeasy - WSJ
» 'Inside Llewyn Davis' concert at NYC's Town Hall celebrates folk music - latimes.com
» Jack White and Marcus Mumford head up star-studded 'Inside Llewyn Davis' gig in New York | News | NME.COM

Date:10/02/2013 | Comment: 0 |
↑ Page top