Video: The Dead Weather - "Open Up (That's Enough)"

デジタル版は2014年1月14日発売です。

Date:12/31/2013 | Comment: 0 |

Video: Charlie Rose

» Charlie Rose | charlierose.com

米 CBS のテレビ番組『Charlie Rose』にジャック・ホワイトが出演。Dean Blackwood(Revenant Records)と共に、『The Rise and Fall of Paramount Records』について話しています。ちなみにジャックがこの番組には、以前ホワイト・ストライプスとしても出演しています。

Date:12/31/2013 | Comment: 0 |

News: ライブ:Brendan Benson & Friends

20131222_JWandBB.jpg

12月18日にナッシュビルの Ryman で行われた『Brendan Benson & Friends』のライブで、友情出演したジャック・ホワイトが、久しぶりにブレンダン・ベンソン(以下 BB)と一緒のステージに立ちました。
ジャックが演奏したのは3曲。BB のソロ曲でホワイト・ストライプスでもカバーしてた“Good To Me”。ラカンターズの曲の中でも特に BB カラーの強い“Hands”、そして二人が初めて共作した”Steady, As She Goes”です。その模様はこちら。

ライブのレビューや写真は、Nashville CreamRolling Stone に、セットリストはこちらに載ってます。これがジャック今年最期の表舞台になりそうな様子。アルバムもツアーも、プロデュースもそんなになかったので、なんだかまったりした年でしたね。

Date:12/22/2013 | Comment: 0 |

Media: 映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

» 映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』公式サイト

いつもお仕事をしながら J-Wave を流してるんですが、おしゃれ DJ のレイチェル・チャンが珍しく「ジャック・ホワイト」って言葉を連呼するので何事かと思ったら、どうやらジム・ジャームッシュの新作映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の話題でした。
この映画は、主人公の「伝説のインディロッカー」が実は何世紀も生きるイケメン吸血鬼で、彼と恋人の吸血鬼との吸血鬼ラブストーリーなんだそうです。…なんか少女漫画みたいな設定だ…。ジャームッシュってたまにこういうヤバいのやるんだよなあ。ゴーストドッグとか…。それはさておきレイチェルによると、その主人公の吸血鬼はデトロイトに住んでてアナログものをこよなく愛していている男で、もちろんロック好きというわけで、ジャック・ホワイトのファンという設定なんだそうです。なんでもジャック・ホワイトの生家を見に行ったりするらしい。へ〜。ほんとの家?
サントラには関わってないので、あくまでお話のつまに出てくるだけなのですが、すごく気になってきました。暇だったら観に行くかも!映画は20日から公開です。

Date:12/17/2013 | Comment: 0 |

News: ジャックとカレンの離婚協議が終結

20131212_jack_karen.jpg
アマゾン川での幸せな挙式も今や昔。。。

» Jack White divorce ends without fireworks | The Tennessean | tennessean.com

2012年9月初めに申請されたジャック・ホワイトとカレン・エルソンの離婚調停は、先月11月26日に無事終結しました。協議の結果、財産は各自が保有してるままで分与は行われず、慰謝料も発生しません。二人の子供の親権はカレンが有しますが、ジャックは年間150日一緒に過ごすことができ、子供たちへのあらゆる援助の提供に同意しています。途中でかなりゴタゴタしましたが、要は円満離婚に落ち着きました。広報によるとジャックからのコメントは無し。この悲しい話題もようやく最期にできそうです。ジャックは最近スタジオにこもってるそうなので、年明けにはいいニュースが聞けるかもしれないですね。とにかくお疲れ様でした。

Date:12/12/2013 | Comment: 0 |

News: 最近のニュースのまとめ(12月11日)

» GRAMMY.com | The Official Site of Music's Biggest Night

ジャック・ホワイトの“I'm Shakin’”が、第56回グラミー賞の〈Best Rock Performance 部門〉と〈Best Music Video 部門〉にノミネートされました。授賞式は2014年の1月26日。

» Treat Me Like Your Mother (Diplo Remix) - Single - The Dead Weather

全然最近じゃない4年前のネタですが、デッド・ウェザーの“Treat Me Like Your Mother”に Diplo Remix バージョンがありました。こんなの知らなかったよ。北米 iTunes なんかでは購入できるんですが、日本からは買えません。権利的な問題ですかね。

» Third Man Rolling Record Store

Third Man Rolling Record Store の Facebook ページが開設されました。全米各地を転がり回る RRS の動向を逐一チェックすることができます。

» Brendan Benson

ブレンダン・ベンソンのニューアルバム『You Were Right』発売中です!CD はこちら、iTunes はこちら、アナログ盤は公式サイトから購入できます。今のところ日本盤の情報はありません。

Date:12/11/2013 | Comment: 0 |

Disc: Sun Records Reissue Series vol.2

thumb
  1. Great Balls of Fire
  2. You Win Again

Jerry Lee Lewis and his Pumping Piano
Released: Dec 4, 2013
Format: 7" Vinyl

thumb
  1. You're My Baby
  2. Rockhouse

Roy Orbison and the Teen Kings
Released: Dec 4, 2013
Format: 7" Vinyl

thumb
  1. Greyhound Blues
  2. Lonesome Old Jail

D. A. Hunt
Released: Dec 4, 2013
Format: 7" Vinyl

Date:12/10/2013 | Comment: 0 |

News: Open Up / Rough Detective

※※※動画は削除された模様※※※
ジャック・ホワイト関連で言えば、今年唯一の新作と言えるデッド・ウェザーの復活第一弾シングルがついにリリースされました。A面はアリソンがボーカルの“Open Up (That's Enough)”。B面はジャックがボーカルの “Rough Detective”。両方かなりアグレッシブな曲ですね。デッド・ウェザーはこっち路線を突き進むのが良いと思います。
Vault 会員じゃない方でもダウンロード版が iTunes Store で発売される予定なので、もうしばらくお待ちください。

Date:12/10/2013 | Comment: 0 |

News: Sun Records リイシュー第二弾

20131207_sun_bundle.jpg

» New Sun Reissues! - Third Man Records

Third Man の Sun Records リイシューシリーズ第二弾が発表されました。今回は、伝説のブルースマン D.A. Hunt、“ビッグ・オー”ロイ・オービソン(プリティウーマンの歌で有名)、そして“キラー”こと帝王ジェリー・リー・ルイスの3枚。早くも発売中です。一枚づつで$6、セットで$15。限定盤情報は後日だそうです。

Date:12/07/2013 | Comment: 0 |

Video: Celebrating The Music Of Inside Llewyn Davis

“We’re Going To Be Friends”

Date:12/05/2013 | Comment: 0 |
↑ Page top