News: ジャックとニール・ヤングのコラボの噂[続報]

20130123_TMRrecordbooth.jpg

ニール・ヤングとジャック・ホワイトのコラボに関して続報が入りました!・・・んですが、いくつかの事実が明らかになりつつも、まだちょっと不明な点もあるんですが、とりあえず、時系列風に詳細を追ってみます。まずはニール・ヤングの Facebook に掲載されたこの文。

» Neil Young - False Rumours: Neil Young and Jack White are not...

False Rumours: Neil Young and Jack White are not doing a record of duets as has been erroneously posted on various outlets. We are certain those rumours have no basis in truth.

「間違った噂:ニール・ヤングとジャック・ホワイトはデュエットアルバムを制作してはいません。その噂には根拠が全くありません」
先日話題になった、マイケルさんの記事を真っ向から否定する一文。なーんだガッカリ。あの野郎とんだ釣り師だぜ、なんて罵声があちこちで聞こえ、事態が収束しかけたその頃、ローリングストーン誌がニールに直撃取材をを敢行します。

» Neil Young's Low-Tech New Album 'A Letter Home' Due in March | Music News | Rolling Stone

Your next record's coming out in March?
Yeah, it's one of the lowest-tech experiences I've ever had.
How come?
You'll hear it. It's called A Letter Home.

道すがら御大を捕まえて聞き出した独占情報。さすが老舗。大胆すぎる。あこがれます。それによると「3月にアルバムをリリースする予定で、タイトルは『A Letter Home』。これまでにないローテクで作られた作品になる」ってことがわかりました。
えー!ニューアルバム出るの!?やったー。楽しみ〜!・・・ということで終わるはずが、Third Man Records が全てをひっくり返す爆裂エントリを投下します。

» NEIL YOUNG - Third Man Records

Third Man Records unearths NEIL YOUNG’s A LETTER HOME

An unheard collection of rediscovered songs from the past recorded on ancient electro-mechanical technology captures and unleashes the essence of something that could have been gone forever. − Homer Grosvenor

「Third Man Records はニール・ヤングの『LETTER HOME』を発掘します」

結局出すんかーーーーーーーーーい!!!

20130422_RSD2013_NeilYoung2.jpg

20130422_RSD2013_NeilYoung4.jpg

つまり「二人のデュエットではない」けど、ジャックのプロデュースでTMR からアルバムを出すよ。ってことでいいんでしょうかね。いいですよね?だとしたら、素晴らしいことです。終わりよければ全てよしです。
私事ですが「ニール・ヤング観たさに重い腰を上げてフジロックに行ったら、たまたまホワイト・ストライプスを観た」ところからジャックファンの歴史がスタートした者としては、敬愛するお二人の共同作業はこれ以上ない、天にも昇るほどの喜びであります。胸熱です。さらなる続報お持ちしております。

Date:01/23/2014 | Comment: 2 |

News: Document Records reissue series 第四弾

20140123_DRS_vol4.jpg

» 4th Installment of Document Records Reissue Series - Third Man Records

TMR の〈Document Records reissue series〉vol.4 が発表されました。今回も Charley Patton、Blind Willie McTell、The Mississippi Sheiks の3組のレコードをリリースします。
もう忘れちゃった方のためにおさらいしますと、〈Document Records reissue series〉は廃盤・絶版となってしまった Document Records の古いレコードを Third Man が再発させる企画。昨年の1月からスタートして今回が4回目。これでシリーズ完結なります。
発売は1月28日。1枚あたり$16ですが、4枚セットだとお得な$54(今回 The Mississippi Sheiks だけ2枚あります)。さらにシリーズ全13枚セット販売だと$160で購入できます。正直申しまして私は vol.1 以来、買っておりません。欲しいとは思うんですが、なかなか手が出ないんですよね。。。

Date:01/23/2014 | Comment: 0 |

Disc: Frank Fairfield - Duncan & Brady - Single

thumb
  1. Duncan & Brady
  2. Devil's Dream Medley

Frank Fairfield
Released: Jan 22, 2014
Format: 7" Vinyl/DL

Date:01/23/2014 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、ニール・ヤングとカバー・アルバム制作の噂

» ジャック・ホワイトがニール・ヤングとカバー・アルバムを準備中? - 宮嵜広司の「明るい洋楽」 (2014/01/17) | ブログ | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

音楽ジャーナリストのマイケル・ゴールドバーグによると、ジャック・ホワイトとニール・ヤングはアルバム1枚分の音源をレコーディングしていて、その作品はジャックのサード・マン・レコード、あるいはニール・ヤングの所属するワーナーからリリースされる可能性があるとのこと。

朝からロッキング・オンが、とんでもないニュースをぶっこんできました。なんとなんと、ニール・ヤングとジャックがコラボしたカバーアルバムがでるというのです!
宮嵜氏の記事によると、情報元は音楽ジャーナリストのマイケル・ゴールドバーグなる人物。彼のブログ『DAYS OF THE CRAZY-WILD』によると、ニール・ヤングは昨年の12月「アルバム一枚分のカバー曲がある。敬愛するミュージシャンの全12曲で、オリジナル曲はない」というコメントをしていて、その中には Bert Janschの“Needle of Death”が含まれていることがわかっているそうです(この情報元はニールのファンサイト『Thrasher's Wheat』)。で、ニールは昨年の夏に Third Man の Voice-o-Graph でも“Needle of Death”を録ってるので、きっとジャックとコラボしてるだろう、とのこと。
う〜ん。。。
どうなんだろう。
これだけだと信憑性が高いとは言えないかなあ。噂というより、想像の域を出てないですよね。もしかしたら彼がまだ書けない「真実」を握ってる可能性もありますが。もちろん TMR からは何のコメントもありません。真実であることを祈って、ゴールドバーグ氏の続報に期待しましょう。頼むよ!

関連記事 » Jack The White: Record Store Day 2013

Date:01/17/2014 | Comment: 0 |

News: ジャック、6月にフェスティバルに出演決定

20140116_JackWhite.jpg

» Jack White at Governors Ball 2014

いきなりジャックのソロライブが発表されました!出演するのは6月6日から8日にニューヨークで開催される〈Governors Ball Music Festival〉。どうやらヘッドライナー扱いです。フェスに出るってことは、そこらあたりからツアーが始まるんでしょうか。ってことはアルバムもその前後……?

暑い夏がやってくる予感っっ!!!

(それにしてもこのフェス良いラインナップだなあ。ストロークスやキルズも出ますよ。)

Date:01/16/2014 | Comment: 3 |

Disc: The Dead Weather - Open Up (That's Enough) - Single

thumb
  1. Open Up (That's Enough)
  2. Rough Detective

The Dead Weather
Released: Jan 14, 2014
Format: 7" Vinyl/DL

Date:01/14/2014 | Comment: 0 |

News: 最近のニュースのまとめ(1月14日)

20140114_grimshaw_whitestripes.jpg

» Detroit rock poster artist Grimshaw dies at 67 | The Detroit News

デトロイトのロックポスターアーティスト、Gary Grimshaw が、13日の月曜日に亡くなりました。
Grimshaw は60年代から活動をスタートし、彼の親友だったロブ・タイナー率いる MC5 を始め、クリーム、ヤードバーズ、ポール・バターフィールド、ストゥージズなど数多くのロックポスターを手掛けました。近年でもホワイト・ストライプスやダートボムズなどの若いバンドのために、彼の得意とするサイケデリックなポスターを制作していました。
Grimshaw は長い闘病生活を送っていて、ジャックを含めた数多くのミュージシャンがチャリティーオークションなどで彼の治療をサポートしてきましたが、残念ながら帰らぬ人となってしまいました。67歳でした。

» The Haden Triplets Pre-Order + Rolling Stone Video Premiere - Third Man Records

Third Man Records から2月4日にリリースされる The Haden Triplets のニューアルバムのプレオーダーがスタートしました。Rolling Stone.com でティザー・ビデオも公開されてます。The Haden Triplets について詳しくは以前の記事(こちらこちら)をどうぞ。

» コーエン兄弟の最新作が今夏公開決定。キャリー・マリガン、ジャスティン・ティンバーレイク等出演 | Qetic - 時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

コーエン兄弟の新作映画『Inside Llewyn Davis』の日本公開が決定しました。放題は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』。公開は2014年初夏、TOHO シネマズ シャンテ他で全国ロードショーです。主演のオスカー・アイザックは『ドライヴ』で(今作でも共演している)キャリー・マリガンの旦那役をやってた人です。全然印象が違いますね。元々ミュージシャンだったそうで、この役にもぴったりなわけです。ちなみに紹介しといて何ですが、ジャックはこの映画にもサントラにも特に関わってないです。ライブだけですね。

Date:01/14/2014 | Comment: 0 |

News: 2014年最初のブルー・シリーズは

20140110_tmr244.jpg

» FRANK FAIRFIELD – DUNCAN & BRADY b/w DEVIL’S DREAM MEDLEY - Third Man Records

Third Man Records から2014年のブルー・シリーズ第一弾、野口英世…じゃなくてフランク・フェアフィールド(Frank Fairfield)のシングルがリリースされます。
あまり馴染みのない方ですが、このフランク・フェアフィールドはカリフォルニアを拠点に活動しているソロミュージシャン。最近ジャックが特に力を入れている「伝統的なアメリカ音楽」を現代に蘇らせたような、オールド・タイミーなサウンドが特徴です。A面はトラディショナルソングの“Duncan & Brady”、B面は“Watson Devil’s Dream Medley”。7インチとダウンロード版で、1月21日発売。ちなみに現在フランクは Cass McCombs と UK/ヨーロッパをツアー中。いいなあ…。

Date:01/10/2014 | Comment: 2 |

News: Vault Package #19

20140105_Vault19.jpg

» Vault Package #19 - Third Man Records

"Seven Nation Army"
"I Just Don't Know What to Do With Myself"
"The Hardest Button to Button"
"There's No Home For You Here"

今度の Vault Package はホワイト・ストライプスの『Elephant』シングル4点セット。オリジナルアナログ音源からリマスター化され、カラー・ヴァイナル仕様。『There's No Home For You Here』はジャケットもリニューアルしました(オリジナルはこれ)。レザー&ラバー製の専用ボックスも付いてきます。

Date:01/05/2014 | Comment: 0 |

News: 新春新着情報

20140106_tdw.jpg

i'm producing two albums this month, and finishing them
one of them is mine

あけましておめでとうございます。今朝方、ジャックが新年早々 vault chat に登場しました。そこで語った事をまとめると…

◎今月中に新しいブルー・シリーズ・シングルを出す。

◎ふたつのアルバムをプロデュースしてて、今月中に仕上げる予定。
 ひとつは自分の

◎今年デッド・ウェザーのツアーはない。(アルバムは2015年)

◎ジャックが選ぶ2013年ベストアルバムはカニエ・ウエストの『Yeezus』。2013年ベストソングもカニエの“New Slaves”(ライブも最高)

ということです。何よりも気になるのが「2つのアルバム」です。mine…セカンドソロって解釈していいんでしょうか…。いいんでしょうか……。いいんでしょうか……。(リフレイン)

Date:01/05/2014 | Comment: 0 |
↑ Page top