Video: Jack White live at Glastonbury 2014

グラストンバリー 2014 でのライブフル映像です。1時間17分。この日のジャックは酒瓶を持って登場。最近定番のスーツスタイルから一転、黒のライダースに、黒T、黒のジョッパーズパンツ、黒のブーツと全身黒尽くめのハードスタイル。珍しく(?)オシャレさんです。イギリスに行ってファッションに目覚めたに違いない。ライブも一曲の“Ikcy Thump”から激アツ。今回のツアーはかなり激しく動いてるので、首の状態がいいんだと思います。途中で今年のヘッドライナーでもあるメタリカの“Enter Sandman”を演奏(動画45分から。よくわからないけど)。

Date:06/30/2014 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々(6/28)

» BBC - Glastonbury 2014

明日のグラストンベリー、配信あるそうです!

» ジャック・ホワイト、『エレファント』のジャケットは象糞のリサイクル素材だと語る (2014/06/26) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

へー。知らんかったな。

» インフォメーション | Sony Music

6/27 25:30からオンエアの MUSIC ON! TV「宇宙ロック研究所」でジャックのミュージックビデオが特集されるそうです。オレミレナイ。


…今日は以上です。雑ですいません…。

Date:06/28/2014 | Comment: 2 |

Video: 最近のライブ動画


6月24日のダブリンのライブでアリソンと“Love Interruption”をデュエット。アリソン歌詞覚えてる?


The Stooges のカバー“I Wanna Be Your Dog”。そういえば先日観た Cat Power もカバーしてました。猫が犬になりたいって歌うのは、単なるジョークなのかな?


ジャックが気合を入れた“Little Bird”を演奏する場面。めちゃくちゃカッコイイ。こんなシーンを観たい!


この日の最後は、Kills の二人も一緒に“Goodnight Irene”。7NA でガッツリ終わるより、こっちでしんみり終わるほうが好きです。

Date:06/28/2014 | Comment: 0 |

Media: MOJO 249 / August 2014

media_Mojo_249.jpg

» Jack White Tells MOJO, "I’m Easy To Villainise" | MOJO

24日発売の MOJO Magazine 最新号はジャック・ホワイトを特集。付録の CD『The Best Of Third Man Records』には、過去に TMR から発売されたレコードからジャックが選曲した14曲が収録されています。

The Best Of Third Man Records: 1. Black Milk - "Brain"
2. John & Tom - "Gonna Lay Down My Old Guitar"
3. The Gories - "Train Kept a Rolling"
4. Pokey Lafarge - "Central Time"
5. Michael Kiwanuka - "You've Got Nothing Left to Lose"
6. The Raconteurs - "Broken Boy Soldier"
7. The White Stripes - "The Hardest Button to Button"
8. Rock Fire Funk Express - "People Save the World"
9. The Dead Weather - "Blue Blood Blues"
10. Gibby Haynes - "You Don't Have to Be Smart"
11. Kelley Stoltz - "Are You My Love?"
12. Duane - "Postcard From Hell"
13. Haden Triplets - "Slowly"
14. Frank Fairfield - "Duncan & Brady"

Date:06/22/2014 | Comment: 0 |

Video: Jack White Live at Bonnaroo 2014

<Bonnaroo Music Festival 2014>のジャック・ホワイトのライブ動画です。実際は2時間以上ありましたが、これは1時間のダイジェスト版(フルセットの動画もあったけど削除されてしまいました)。この日のジャックはなかなかキレてますね。それにしても“Lazaretto”はレコードでももちろんカッコイイけど、ライブはさらにいいです。ヤバイ。この日はゲスト・ミュージシャンとして、Buzzardos の Cory Younts が久しぶりに参加してます。

Setlist:
Intro
Icky Thump
High Ball Stepper
Lazaretto
Hotel Yorba
Temporary Ground
Missing Pieces
Steady, As She Goes
Top Yourself
I'm Slowly Turning Into You
Freedom At 21

Date:06/22/2014 | Comment: 0 |

News: 『LAZARETTO』全米1位を獲得

» インフォメーション | Sony Music

先週6月11日に、『ブランダーバス』以降ソロ名義としては二作目となるアルバム『ラザレット』をリリースし、見事全米1位を獲得した。これにより、ソロ名義アルバムが二作品連続で全米1位を獲得した形となった。

更に、『ラザレット』のアナログ盤は、アメリカでは初週セールス4万枚以上を売り上げ、1991年に米サウンドスキャンが統計を開始して以来、史上最高の初週セールスを記録した。

『ラザレット』はデンマークでもチャート1位を獲得。その他ではカナダで2位、オーストラリアで3位、UK で4位、ドイツ、オランダ、ポルトガルなどで5位を記録しています。ちなみに日本では、オリコンの洋楽アルバム・チャートで初登場7位でした。
音楽誌のレビューでも中々の高評価で、主要なところでは、AllMusic:4/5、Alternative Press:4/5、Exclaim!:7/10、The Guardian:4/5、NME:7/10、Pitchfork:7.1/10、Rolling Stone:4/5、USA Today:3.5/4、The Daily Telegraph:5/5、などでした。

Date:06/22/2014 | Comment: 0 |

Video: Jack White - LIVE at the Red Bull Sound Space at KROQ

» Red Bull Sound Space At KROQ ≪ The World Famous KROQ

***24時間限定(13日夜23時ごろまで)***

setlist:
High Ball Stepper
Just One Drink
Lazaretto
Temporary Ground
We're Going To Be Friends
Ball And Biscuit

Date:06/13/2014 | Comment: 0 |

News: Jack White @ Conan - 06/11/14


“Temporary Ground (acoustic)”


“Alone In My Home (acoustic)”


interview

Date:06/12/2014 | Comment: 0 |

News: ジャックのインタビュー

» ジャック・ホワイトが語るソロ新作とアナログ再評価「針で溝を引っかく以上に美しいものがあるかい?」 - Real Sound|リアルサウンド


Real Sound にジャック・ホワイトのインタビューが掲載されています。skream! に載ってたのと同じ、フリー音楽ライターの新谷洋子さんのよるインタビュー。後半の話が面白いです。
中で出てくる『Peaky Blinders』は昨年秋に BBC で放送されたテレビドラマ。20世紀初頭の英国バーミンガムを舞台に、実在したギャング集団ピーキー・ブラインダーズを描いたクライム・サスペンスで、主演はキリアン・マーフィー。まだファースト・シーズンが終わったとこですが、かなり評判が良いそうです。

ここ数年よくゲームにジャックの曲が使われるなー、と思ったら、ジャックがゆるくなったんですね。昔は GAP の広告も断ってたのに、大人になったというか、社長になったというか。別に良いと思います。
それにしても没にしたホワイト・ストライプスっぽい曲を、聴きたくてたまりません。

Date:06/12/2014 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々(6/11)

20140611_JackLive_KROQ.jpg

» Red Bull Sound Space At KROQ ≪ The World Famous KROQ

LA のラジオ局 KROQ で、12日朝7時(日本時間で13日の夜23時ごろ)からジャック・ホワイトのライブ映像が配信されます。配信は24時間限定。ライブは KROQ のライブスペース、Red Bull Sound Space で行われ(たぶんショートセット)、インタビューも録られるそうです。

» インフォメーション | Sony Music

ソニーミュージックのサイトに先日のガバナーズ・ボール・フェスティバルのライブレポートが載ってます。

» Top Ten Jack White Songs | Consequence of Sound

Consequence of Sound が選ぶ『(Seven Nation Amy を抜かした)ジャックの名曲トップ10』。なぜだかイマイチしっくりこないランキングです。

» NEW NORTH AMERICAN TOUR DATES, CONAN JUNE 11TH & LIVESTREAM TONIGHT | Jack White

おなじみのコナン・オブライエンの番組にも出演します。ロスは忙しいなあ。

Date:06/11/2014 | Comment: 0 |

Video: Jack White Live at Fonda Theater

今日のお昼にライブ配信されたジャック・ホワイトの Fonda Theater 公演が、npr のサイトに公開されています。
この日のライブは2時間20分ほどで、全22、3曲。まだリリース直後だからか『LAZARETTO』からは5曲と少なめですが、前回のツアーであまりやらなかった“You Don't Know What Love Is”、“You've Got Her In Your Pocket”、“Little Bird”などのホワイト・ストライプスの曲が聴けるのがうれしいです。さらにアンコール1曲目“Ball And Biscuit”では、今回のツアーに参加していない Peacocks のドラマー、カーラ・アザールがゲスト参加しています。

setist:
Dead Leaves And The Dirty Ground
High Ball Stepper
Lazaretto
Hotel Yorba
Temporary Ground
You Know That I Know
Missing Pieces
You Don't Know What Love Is (You Just Do As You're Told)
Cannon / Pipeline / Fell In Love With A Girl
Three Women
Alone In My Home
We're Going To Be Friends
Top Yourself
I'm Slowly Turning Into You

(encore)
Ball And Biscuit
Icky Thump
Love Interruption
You've Got Her In Your Pocket
Steady, As She Goes
Little Bird
Seven Nation Army

Date:06/11/2014 | Comment: 2 |

Video: Jack White @ The Tonight Show


"Just One Drink”


"Lazaretto"


interview

ジャック・ホワイトが6月9日に Jimmy Fallon がホストを務めるテレビ番組 The Tonight Show に出演しました。スタジオライブではニューアルバムから“Just One Drink”を披露。スペシャルゲスト(?)に Olivia Jean も参加してます。

Date:06/10/2014 | Comment: 4 |

News: 最近のニュース色々(6/10)

» ジャック・ホワイトのハリウッド公演をライヴ・ストリーミング、6月11日13時45分〜  - amass

ジャック・ホワイト(Jack White)の最新ライヴの模様がウェブキャストされることに。配信されるのは米ハリウッドのFonda Theaterで行われるコンサートの模様で、当日のフルセット映像が米ラジオ局NPRのサイトにてストリーミング配信されます。配信は日本時間6月11日(水)13時45分〜

Live Tuesday: Jack White In Concert : NPR

先日の Governors Ball Festival は有料配信でしたが、こちらは無料です。さすが我らが npr。

» NEW FALL UK, SCOTLAND & EUROPE TOUR DATES + NEWPORT FOLK FESTIVAL | Jack White

November 16: Forest National in Brussels, Belgium
November 17: Leeds Arena in Leeds, UK
November 18: Hydro Arena in Glasgow, Scotland
November 19: O2 Arena in London, UK

ジャック・ホワイトの11月中旬のヨーロッパ、イギリスツアーが発表されました。日本はまだかなー。まだかなー。

追記:夏から秋の北米ツアーも追加が出ました。

August 18: Midland Theatre in Kansas City, MO
August 20: Red Rocks Amphitheater in Morrison, CO
August 23: Bill Graham Civic Auditorium in San Francisco, CA
August 25: Paramount Theater in Seattle, WA
August 26: Paramount Theater in Seattle, WA
August 28: Deer Lake Park in Vancouver, BC
September 14: Merriweather Post Pavilion in Columbia, MD
September 17: The Bleacher Theater at Fenway Park in Boston, MA
Date:06/10/2014 | Comment: 0 |

Disc: Jack White - LAZARETTO

thumb
  1. Three Women
  2. Lazaretto
  3. Temporary Ground
  4. Would You Fight For My Love?
  5. High Ball Stepper
  6. Just One Drink
  7. Alone In My Home
  8. Entitlement
  9. That Black Bat Licorice
  10. I Think I Found The Culprit
  11. Want And Able

Jack White
Released: Jun. 10, 2014
Format: LP/CD/DL
Third Man
amazon.co.jpで詳細をみる  Third Man Records Online Store

Date:06/10/2014 | Comment: 0 |

Disc: jack White - Lazaretto - Single

thumb
  1. Lazaretto
  2. Power of My Love

Jack White
Released: Jun. 9, 2014
Format: 7" vinyl
Third Man
Third Man Records Online Store

Date:06/09/2014 | Comment: 0 |

Media: FILTER Magazine - FILTER 56

media_FILTER_56.jpg

» FILTER Magazine - News - FILTER 56: “Instant Manipulation: Jack White By Jack White”

米音楽誌 FILTER Magazine 最新号はジャック・ホワイトの特集です。しかもテキストをジャックが書いて、写真もジャックが自分のポラロイドコレクションから選んだ、最高の自作自演特集です。これは見たい!

Date:06/09/2014 | Comment: 0 |

Video: Jack White - Live in Houston - FPSF 2014

6月1日にテキサス州ヒューストンで行われた Free Press Summer Fest に出演した、ジャック・ホワイトのパフォーマンス。プロショットではないので見づらい部分や、切れてる箇所もありますが、動画全17本で1時間20分のフルセットです。

Date:06/08/2014 | Comment: 0 |

Media: ギター・マガジン 2014年7月号

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2014年 07月号 [雑誌]

» ギター・マガジン 2014年7月号 | リットーミュージック

■Featured Guitarists
ジャック・ホワイト(12ページ)
ホワイト・ストライプス、ラカンターズ、デッド・ウェザーで魅力的な音楽を提示してきた一方、最近ではニール・ヤングの作品を手がけたことも話題を呼んだジャック・ホワイト。自身が主宰するサード・マン・レコーズの運営にも積極的で、アナログ盤や音楽カルチャーの保全に力を注いでいる。音楽的冒険を続けるジャック・ホワイトが、2ndソロ作品『ラザレット』を発表。既存の音楽とは一線を画す彼らしい“奇妙”さも持ち合わせている点がとても興味深い。今回は、“サード・マン・レコーズ”、“ナッシュビル”という2つのキーワードを軸に、ジャック・ホワイトの正体に迫ってみよう。

インタビューはないかもしれませんが、12ページにわたる大特集(?)です。

Date:06/08/2014 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々つめこみ(6/5)

» Jack White "Lazaretto" 7"

世界最速レコードじゃない『Lazaretto』の普通シングルが6月9日にリリースされます。B面はこちらもプレスリーのカバー“Power of My Love”ですが、ステジオで録音したバージョン。アルバム未収録なので、これでしか聴くことができません。

» Governor’s Ball ’14: Hear live sets from Jack White, Outkast + more | SiriusXM Blog

ジャックが6月7日に出演する Governors Ball NYC Music Festival が SiriusXM で配信されます。ラジオだから音だけなのかな?っていうかお金かかるの…?よくわからん。むーん。

» The Tonight Show Starring Jimmy Fallon | NBC

ついこの前ニール・ヤングと出演したばかりの Jimmy Fallon に再びジャックが出演します。今回もトーク&ライブがあるみたい。出演日は6月9日です。

» ULTRA LP SNEAK PREVIEW - Third Man Records

世界中のレコードショップで『LAZARETTO』の Ultra LP が視聴できるそうです。いい企画ですね。でも、日本のお店は入ってません。なんで?

» BBC Radio 6 Music - Steve Lamacq, Jack White in conversation, Jack White chats exclusively to Steve Lamacq" target="_blank">BBC Radio 6 Music - Steve Lamacq, Jack White in conversation, Jack White chats exclusively to Steve Lamacq

BBC 6 の DJ Steve Lamacq によるジャックのインタビューです。

Date:06/05/2014 | Comment: 0 |

Video: Jack White - Lazaretto

directed by Jonas & François

Date:06/05/2014 | Comment: 2 |

Media: Hard To Explain Vol.56

media_HardToExplain56.jpg

» Hard To Explain

本日6月4日発売のインディロックマガジン『Hard To Explain』Vol.56 はジャックが表紙。特集ページも組まれています。インタビューは…なさそうですね。全国のタワーレコード、HMV、ディスクユニオンなどで購入可能。

Date:06/04/2014 | Comment: 0 |

News: LAZARETTOをそろそろ聴こうかな…の話

20140603_akashirobou.jpg

僕は一番最初にジャック・ホワイトの音楽をまともに聴いたのは、2002年フジロックのホワイト・ストライプスでした。昼間のレッドマーキーでギターをかき鳴らすジャックを見ながら僕が思っていたのは「お昼何食べようかな」ということ。最初から最後までステージを見たものの、特に感銘を受けることもなく、唯一印象に残ったのは、ライブ終了後に二人が赤白帽をお客さんに配りまくってたことぐらい。そしてそのまま、すっかりホワイト・ストライプスのことを忘れていました。

次にジャックの音楽と出会ったのは、まだ新宿にあったリキッドルームにベックを見に行ったとき。ライブ前の会場に流れていた Seven Nation Amy でした。
「これなんだっけ、ダットサンズ?」
僕にはそれがあのときのホワイト・ストライプスだってことさえ分かりませんでしたが、なんだか耳に残る音楽。ボディブローのようなドラミングとカミソリのようなギターは、次の日の朝になっても忘れることが出来ず、ネットでホワイト・ストライプスだということを調べると、すぐにタワレコに飛んでいきました。それが僕が初めてジャックを体験したアルバム『Elephant』で、次の日には残りのアルバムを買いにまたタワレコへと向かったのを、今もよく覚えています。

すっかりジャックのファンになった僕は、数年後、この Jack The White を立ち上げました。日本でジャックの人気を広めたい!とか、アフェリエイトでお小遣い稼ぎたい!とか、そういった目的はなんにもなく、ただ好きだから何となくはじめました。そしてあれからずいぶん経って、ホワイト・ストライプスはなくなり、ジャックはソロで活動をしていて、Blog もダラダラと続いています。(注:しめっぽい文章ですが「Blog 辞めます」みたいな気の利いたオチはないです!)

というわけで10年ほどジャックを追っかけてきて、手に入るあらゆる音源を聴いてきたので、とっくにお腹はいっぱいです。そして悪いことに、初期の衝撃が忘れられていません。正直に言えば、ホワイト・ストライプスの解散の痛みを引きずっています。だから、最近の数年間、新しいジャックの作品を聴くとき、どうしても『Elephant』や『Get Behind Me Satan』なんかと比べてしまい、毎回ガッカリしていました。とはいえ、ガッカリするのは最初だけで、聞き込むうちに好きにはなります。『Blunderbuss』も何十回も聴きました。iTunes のプレイリストを見るだけでも50回以上聴いてます。でも…でも…なんです!

今日『LAZARETTO』の視聴が始まりました。聴こうと思えば、いますぐ聴くことが出来ます。ポチっとすれば、Three Women が流れてきます。僕はあと何回、「ジャックの新しいアルバムを初めて聴く」という体験をできるのでしょうか。ジャックのクリエイティブのキラメキはいつまで続くのでしょうか。ジャックが40代になって3年に一枚出したとして、あと3枚。50代はちょっとペースが落ちて5年に一枚になって、+2枚。60代で急に元気になって、+4枚。…とすればあと10枚ぐらいは聴けるのかな…。けっこうきけるなー。

なんてことを、アルバムを聴く前に考えていました。どうか僕にとっても、この Blog のへたくそな文章にも適当な和訳にも文句一つ言わない心優しいジャックファンのみなさんにも、『LAZARETTO』がすてきなアルバムでありますように。

というわけで、そろそろ聴こうと思います。ではでは、また。

Date:06/03/2014 | Comment: 6 |

News: iTunes で『LAZARETTO』の全曲フル視聴開始

» iTunes - Music - Lazaretto by Jack White

みなさんもう聴きましたか?iTunes で『LAZARETTO』の全曲フル視聴が始まりましたよー。僕は……まだ聴いてません!

Date:06/03/2014 | Comment: 4 |

Media: Skream! 2014年6月号

media_skream201406.jpg

» 【Jack White、空想委員会、爆弾ジョニー表紙】トリプル表紙号、Skream!マガジン6月号配布スタート。キュウソネコカミ、忘れらんねえよ、ハルカトミユキらのインタビュー、星野源、THE BLACK KEYSの特集記事など掲載 | Skream! ニュース 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

フリーペーパー Skream! の表紙にジャック・ホワイトが掲載されています。まだ手にいれることが出来てないのですがインタビューはなさそうです(追記あり)。全国の HMV、TOWER RECORDS、TSUTAYA などで入手できるので、ぜひ探してみてください(配布先一覧)。

追記:
インタビューありました!失礼しました。下記のリンクからも読めます!

» Jack White | Skream! インタビュー 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

Date:06/02/2014 | Comment: 2 |

News: ジャック・ホワイトが謝罪文を掲載

» An apology and explanation from Jack White | Jack White

I wish the band the Black Keys all the success that they can get.

細かい内容に関してはニュアンスが難しいので書きにくいんですが、とにかく上の一文がすべてを語っていると思います。流出したメールに関しては、あくまでプライベートなことであると同時に、説明するのが難しい大きなものの一部を、彼を貶めようとする弁護士に公表されてしまったこと。Rolling Stone の記事に関しても“仕事上”の発言をネガティブに書かれすぎてしまったが、Duffy や Lana Del Rey、Adele は素晴らしいパフォーマーであり、彼女らの成功を祈ってること。メグを愛していること、等が書かれています。そして最期に、自分の発言で傷つけてしまった全ての人に謝罪することも付け加えられています。

追記:
中村明美の「ニューヨーク通信」 - ロッキング・オンの音楽情報サイトに全訳が掲載されています。

Date:06/01/2014 | Comment: 3 |
↑ Page top