Video: That Black Bat Licorice

Date:02/21/2015 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々(2/16)

» For God Sakes!

必死ぶりにジャック・ホワイトから恐怖の長文手紙がきました。「ワカモーレ」絡みのデタラメ記事がなくならないので、堪忍袋の緒が切れたみたいです。こうなるとジャックの文は長い。とにかく長い。書かれてる内容は「俺は楽屋に何かを用意しろなんて要求をしない」「そもそも、あのレシピは俺のマネージャーと地元のプロモーターの冗談のやりとり。俺のレシピじゃない」「バナナアレルギーなんてない」「学生に契約書をリークされたのは残念だけど、若いうちは誰でも失敗するもの。もう気にしていない」「オクラホマに二度と行かないなんて言ってない」などなど。要はジャーナリストに対して「いい加減まともな仕事をしろ!」ってことです。ちゃんと取材して下さいね。よろしくお願いします。

» Brendan Benson "She's Trying to Poison Me" (video)

ブレンダン・ベンソン『You Were Right』からのニュービデオ“She's Trying to Poison Me”が公開されました。The White Stripes の“I Just Don't Know What To Do With Myself”のアンサービデオです(嘘)。

Date:02/16/2015 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々(2/12)

» "That Black Bat Licorice” 7-inch Single

20140212_TMR301.jpg

ジャック・ホワイト『LAZARETTO』からの3枚目のシングル“That Black Bat Licorice”がリリースされます。B面はアルバム未収録の“Blue Light, Red Light (Someone’s There)”(ハリー・コニックJr. のカヴァー)。ビデオも作ってるそうです。すでにオンラインストアではプレオーダーが始まってます。7インチの発送は2月23日からで、ダウンロード版は17日に発売開始です。

» BBC Radio 6 Music - 6 Music Classic Concert, The White Stripes

BBC Radio 6 のサイトで、ホワイト・ストライプスの 2001年ロンドン公演の音源がアーカイブ公開されています。日付が書いてないですが多分12月6日の公演で、聴けるのは1時間分(フルセットではない)。3月上旬までの限定公開です。

Date:02/12/2015 | Comment: 0 |

News: 【閲覧注意】今度こそマジで悲報

nope sorry, not worth it to go to the east nowadays, too expensive and i felt last time was a waste of eneryg

本日未明、Vault のチャットルームにジャック社長が降臨したので、無邪気に「ラザレットツアーで日本は来ないの?」と聞いてみたところ、こんなお返事が返ってきました。

「ごめん。アジア方面に行くには時間が足りないし、コストが掛かりすぎるし、この前行ったときエネルギーの無駄に感じたんだ。。。」

waste。。。「無駄」。。。エナジーの綴りが間違ってるあたりに事態の深刻さが伺えます。思い出して手が震えちゃったのでしょうか。前回、、、そう、フジロック。あっという間に終わったフジロック。アホみたいに暑かったフジロック。そりゃはるばる極東の山奥まで来て40分だけ演奏して帰るなんてやだよねー。だよねー。わかる。わかるよー。だから単独で呼べばよかったのにー!smash のバカ!バカバカバカ!こりゃもうしばらくこないよ。心折れてるもん。あーあ。やっちゃった。はい撤収ー!!

Date:02/12/2015 | Comment: 8 |

News: 最近のニュース色々(2/9)

グラミー賞の〈MUSICARES PERSON OF THE YEAR〉に選ばれたボブ・ディランの記念コンサートに、ジャック・ホワイトが出演して“One More Cup Of Coffee”をスモーク・フェアリーズと一緒に演奏しました。動画が全然見つからないので、ショーの様子はまだ見てないのですが、きっといい感じだったんだと思います。(いちおう一瞬だけ)

» 57th Grammy Awards | Jack White

そして本番のグラミー賞も発表され、ジャック・ホワイトは“Lazaretto”(曲)が〈Best Rock Performance〉賞を受賞。そして『The Rise & Fall of Paramount Records, Vol. 1 (1917-27)』が〈Best Boxed Or Special Limited Edition Package〉賞を受賞しました。でも何と言ってもめでたいのはベックの〈Album Of The Year〉ですよね。おめでとー!

» Olivia Jean "Merry Widow" 7" Release

オリビア・ジーンがアルバム『Bathtub Love Killings』からニュー・シングル“Merry Widow”をリリースします。B面には Kinks のカヴァー“You Really Got Me”を収録。この曲はサン・ローランの CM で使用されています。シングルの発売日は2月16日。絶賛プレオーダー中です。

Date:02/09/2015 | Comment: 0 |

News: ジャックのライブはお幾ら?

» Holy Guacamole! | Jack White

ジャックは先日、オクラホマ大学でライブを行ったのですが、その際に使用された非公開であるべきライブの契約文書がネット上に公開されるという事件(?)がありました。それにより金額(コストが8万ドル)から細かい条件まで、契約の詳細がほとんど明らかになってしまったわけですが、これに対して、ジャックのマネージメントである Monotone Inc. から HP上に公式の声明が発表されました。
声明では文書が公開されたことは好ましくないとしつつも、ジャックが今回のライブをすごく楽しんだことや、良いライブを行うためにコストが掛かってしまうこと、そして学生たちのいい思い出になったら嬉しいということなどが、かなり優し目の内容で書かれています。たぶんライブのスタッフが学生たちだったので、情状酌量的な感じなんだと思います(公開した子が反省してないのが若干気になるけど…)。ちなみに声明のタイトルの「Holy Guacamole! (聖なるワカモーレ!)」は、文書の中にかなり細かいワカモーレの作り方が書かれていることを、色んなメディアでイジられたからです。曰く「美味しいからぜひ作ってみてね!」とのこと。
アメリカ国内で800万円ぐらいってことは、日本に呼ぶとしたら1000万ぐらいなのかな・・・?

Date:02/09/2015 | Comment: 0 |

Video: Jack White @ The Tonight Show - 2015/02/05

“That Black Bat Licorice”

Date:02/06/2015 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々(2/6)

Gang of Four がアリソン・モシャートをフィーチャーした新曲“England’s in My Bones”の PV が公開。アリソンも出てます。このシャツを着てるとカート・コバーンっぽいな。

ジャックとアル・ヤンコビックがお食事。7インチでも作ればいいのに。だとしたらやっぱりこれ?→ホワイト・ストライプスのパロディ“CNR”。ジャックは珍しく Dickies のジャケットを着てます。

Tonight Show 出演前の楽屋(?)で、ジャック・バンドのファット・カプリンがヨーヨーの腕前を披露。マルチプレイヤーだけに手先が器用なのかも。撮影はベースのドミニクです。

Date:02/06/2015 | Comment: 0 |

News: ダル・ジョーンズの最新インタビュー(と残念なお知らせ)

20150205_esq-daru.jpg

» Daru Jones Jack White Drummer - Meet Jack White's Secret Weapon - Esquire

Esquire Magazine による、ジャック・ホワイト・バンドのドラマー、ダル・ジョーンズ(Daru Jones)のインタビューです。彼の生い立ちから、ドラムとの出会い、そしてジャックのことまで語っています。例えばジャックとの出会いについて。

デトロイトのヒップホップミュージシャン、ブラック・ミルクが、2010年にリリースした曲“Deadly Medley”を気に入ったジャック・ホワイトは、彼をナッシュビルの自宅スタジオに招き、シングル用に数曲をレコーディングをした。そのとき一緒にナッシュビルを訪れたのが、当時ミルクのツアー・バンドに参加していたダル・ジョーンズだった。シングルのリリースに伴い、ブラック・ミルクがサード・マン・レコーズで300人の観客を前にライブを行うと、そのときのジョーンズのドラム・プレイがジャックに衝撃を与えた。
「その日演奏した中に“Losing Out”っていう曲があって、俺のドラム・ソロがあるんだ。ジャックはバックステージから俺のプレイを見てたんだけど、こっちの方に走ってきて「イエーー!」って叫んでさ。すごく気に入ったのは間違いなかったよ」


Black Milk “Losing Out” のライブ動画(TMR ではない)。2分頃からジョーンズのドラムが加速していく。

その数カ月後、ジャックは RZA とレコーディングする計画が持ち上がったとき、再びダル・ジョーンズに連絡をとり、ナッシュビルに呼び寄せた。しかしレコーディング直前で RZA がキャンセル。
「ジャックは残念そうだったよ。俺をそのまま帰したくはなかったんだと思う。それで彼が言ったんだ。「実は制作途中の曲がちょっとあるんだけど、一緒にやってみないか」ってね」
それは“Trash Tongue Talker”という曲で、のちにジャックのファースト・ソロ・アルバム『Blunderbuss』へ収録されることになった。

これを読むと、数年前 Vault のチャットで「すごいドラマーを見つけたんだ!」とジャックが書き込んでたのを思い出します。この後のダル・ジョーンズはジャックのバンドのドラマーとして、あらゆるツアーやレコーディングに参加することになります。ジャックが絶大な信頼を置いてることは間違いないですね。
インタビューでは他にも、ジャックとのライブの楽しさや大変さなどを話してくれていますが、そんな素敵な話をふっ飛ばしてしまうような、衝撃の一言が最後に書いてありました。これは原文で。

The 18,000-plus audience at Madison Square Garden certainly felt it. "This is the loudest crowd I think we've ever played to here," White said before leaving the stage. The Lazaretto tour continues through mid-April, with stops in Las Vegas, South America, Hawaii, and a headlining slot at Coachella.

Lazaretto ツアーは4月中旬まで・・・。

日本来ないのーーーーーー!!??(爆死)

Date:02/05/2015 | Comment: 3 |

News: Jack White Live at MSG - 2015/01/30

20150202_JW_MSG.jpg

» Jack White Live At Madison Square Garden Replay | Jack White

1月30日にライブ配信されたジャック・ホワイトのマディソン・スクエア・ガーデン公演は聴きましたか?配信は米国限定だったので残念な思いをした方も多いと思いますが、YouTube などにも映像がちょこちょこ上がってきているので、雰囲気は楽しめると思います。二日前のナッシュビル公演ではロレッタ・リンやラカンターズのメンバーなどを呼んでカントリー・ミュージックでライブを盛り上げましたが、打って変わって30日はニューヨークらしく Run the Jewels や Zack de la Rocha(!)、Q-Tip が参加したヒップホップ色の強いライブになりました。
ちなみに、Pandora.com のライブ配信は72時間限定でリピート配信中。2月3日には Jordan Klepper によるインタビューの完全版も配信されます。


“That Black Bat Licorice” and “Excursions (A Tribe Called Quest)”

Setist:
Dead Leaves and the Dirty Ground
High Ball Stepper
Lazaretto
Hotel Yorba
Temporary Ground
Cannon
Broken Boy Soldier
Cannon(reprise)
Love Interruption
We're Going to Be Friends
Three Women
Black Math
Top Yourself
Ball and Biscuit

Encore:
That Black Bat Licorice (With Q-Tip)
Excursions (A Tribe Called Quest cover) (With Q-Tip)
Sixteen Saltines
Astro
Steady, As She Goes
Would You Fight for My Love?
Just One Drink
Blunderbuss
Seven Nation Army
Date:02/02/2015 | Comment: 0 |
↑ Page top