News: Merry Christmas from Third Man Records

Date:12/25/2015 | Comment: 0 |

News: Why The Mountains Are Black

20151214_TMR334.jpg

» Why The Mountains Are Black

キリストとイスラムの狭間にあって、常に争いの中にあったバルカン半島は、様々な民族、様々な宗教が入り乱れた複雑な文化を形成してきました。400年に及ぶオスマン帝国からの独立後の、1900年代初頭から中頃にかけてのギリシャでも、バルカン戦争、第一次世界大戦、クーデター、第二次世界大戦、内戦と、相変わらず激動の時代にありました。当然、長い戦争により経済は不安定化し、失業率の増加、差別、貧困、移民、犯罪、麻薬、酒などあらゆる問題で、国民は過酷な生活を強いられることになります。
そんな世界だからこそ、人々は夜の酒場に集い、悲喜こもごもにアラブのメロディと、ギリシャの伝統楽器や、弦楽器、管楽器などを組み合わせて、ギリシャのブルース・ミュージック=レンベーティカを生みだしました。
『Why The Mountains Are Black』は、プロデューサー/サウンド・エンジニアの Christopher King が集めた当時のギリシャ民族音楽を収録した、2枚組のコンピレーション・アルバムです。録音時期は1907年から1960年に渡り、全てオリジナルの SP盤からリマスタリングされた音源を収録しています。
発売は来年の2月5日。トラックリストや価格などの詳細も後日発表されると思います。Third Man のルーツ・ミュージック探訪が、アメリカを飛び出してついにギリシャまで行きましたので、数年後には島唄あたりがコンピレーションになってるかもしれません。

Date:12/14/2015 | Comment: 0 |

News: Third Man、今年最後のグッズが発売

20151214_TreeOrnament.jpg

» One Stop Holiday Shop

ホリデー・シーズンに今年最後のグッズが Third Man からリリースされました。レコード盤をリサイクルしたクリスマスツリーのオーナメントや、タンブラー、Margo Price のTシャツ、トートバッグなどがあります。今年中に商品を発送できるのは今日の注文までなので、お買い求めの方はお早めにどうぞ。

Date:12/14/2015 | Comment: 0 |

News: 第58回グラミー賞のノミネーションが発表

» THIRD MAN RECORDS GRAMMY NOMINATIONS

第58回グラミー賞のノミネーションが発表され、Third man Records から The Dead Weather の “I Feel Love (Every Million Miles)”が〈Best Music Video〉部門、『THE RISE & FALL OF PARAMOUNT RECORDS, VOLUME TWO (1928-32)』が〈Best Boxed or Special Limited Edition Package〉部門、Elvis Presley の“My Happiness”が〈Best Recording Package〉部門にノミネートされました。
授賞式は2016年2月15日、ロサンゼルスの Staples Center で行なわれます。

Date:12/09/2015 | Comment: 0 |

News: Third Man、Jack Woodのシングルをリリース

20151209_TMR348.jpg

» Reissue of a Rare, Unheralded Michigan Single from the 1960's

Third Man Records はジャック・ウッド(Jack Wood)のシングル“Born to Wander”のリイシュー盤をリリースします。この聞いたことあるような無いようなジャック・ウッドという歌手には、ちょっとしたお話があります。
1966年5月、無名の歌手だったジャック・ウッドは、ミシガン州スパルタのグレート・レーク・スタジオで、“Born to Wander”、“So Sad”という2曲をレコーディングしました。ウッドはその2曲を入れたシングルを100枚作り、自身のレーベル Lawrence Records からセルフ・リリースします。が、全く売れず、すぐに忘れ去られてしまいました。結局、彼はその後10年に渡り、レコーディング費用に借りた250ドルを返済し続る羽目に…。
しかしそれから半世紀も過ぎた21世紀に、事態は急転。ノーザン・ソウル、ガラージ、ビッグ・バンド、カントリーなど様々なジャンルが一曲にまとめられたパワフルなウッドのサウンドが、コレクター達の間で次第に評価され始めます。そしてついには“Born to Wander”が Bacardi の CM ソングとして使用されることになり、時代を超えた名曲として世間に知られることになったのです。
そんな再評価の波に乗っかって、今年、Wood 氏が自らシングルをアナログとデジタルで再発したのですが(渋いおじさんになった Wood 氏 )、ミシガン繋がりということで、ついでに Third Man Records からもリリースされることが決まりました。これで少しは元が取れるといいですね。

Date:12/09/2015 | Comment: 0 |

News: LJ、ソロデビュー!?

» Jack Lawrence Critter & Guitari BLUE ROOM SPOTLIGHT SERIES

“リトル”ジャック・ローレンス(The Dead Weather、The Raconteurs、The Greenhornes、City and Colour)が、オリジナル曲“Silver Flying Machine”を公開しました。 Third Man の Blue Room Spotlight Series*1として公開されたこの曲は、Critter & Guitari’s Septavox synthesizer と Terz amplifier*2を使用して制作(英語ばっか)。LJ がメインボーカルなんて初めて、というか初のソロ!?今のところリリースの予定はないみたいですが、ぜひシングルカットしてほしいです。

*1:Third Man Records の Blue Room で RED カメラを使って撮影されたライヴ・ビデオ・シリーズ
*2:Third Man から以前発売された、シンセサイザーとアンプ

Date:12/07/2015 | Comment: 0 |

News: Third Manから『The Hateful Eight』のサントラが発売

20151203_tmr364.jpg

» Quentin Tarantino's Hateful Eight Soundtrack on Vinyl

クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『The Hateful Eight』のサウンドトラックに、ホワイト・ストライプスの”Apple Blossom”が入っていることを先日お伝えしましたが、その US アナログ盤が Third Man Records からリリースされます。
仕様は180gの2枚組で、見開きリバーシブル・ジャケット、ポスター2種、12ページのブックレット入りという大変豪華なもの(通常版)。さらに Third Man 限定版があり、まだ詳細は発表されていませんが、さらに凄いことになってるそうです。すでにオンラインストアで通常版のプレオーダーが始まってますが、アメリカ国内のみの配送で、日本からは購入することができません。日本盤の発売は未定です。
映画の公開はアメリカでクリスマスに限定公開し、年明けから拡大公開。日本では来年 2月27日より公開です。

Date:12/03/2015 | Comment: 0 |

News: Third Man Records デトロイト店がオープン

20151201_TMRdetroit_1.jpg

» Third Man Records Cass Corridor Is Officially Open For Business

Third Man Records デトロイト店〈Third Man Records Cass Corridor〉が、先週の金曜日にオープンしました。
当日はあいにくの雨だったもののたくさんのお客さんが訪れたようです。映像を見るとナッシュビル店に比べて大分広くなったのがわかります。店内では、Margo Price、Timmy's Organism などに加えて、アナウンスされてなかったブレンダン・ベンソンもライヴをやったので、きっとすごく盛り上がったんじゃないでしょうか(息子もステージに上がってる!)。新作グッズもいろいろ発売されまして、ホッケージャージや、ラグビーポロ、ハワイアンシャツ、キャップ、スピーカー、ヘッドホン、バッジなどなど山ほど店頭に並びました。その内のいくつかはデトロイト限定グッズなので、現地に行かないと手に入らないとのこと。 来年完成予定の Vinyl Pressing Plant も含めて、今後の展開が楽しみです。

Date:12/01/2015 | Comment: 0 |
↑ Page top