News: ジャック・ホワイト、高校でサプライズライヴ

ジャック・ホワイトは今月30日、Washington, D.C. にある Woodrow Wilson High School でサプライズライヴを行いました。生徒たちにもみくちゃにされながら“Seven Nation Army”などを演奏しています。

Date:05/31/2018 | Comment: 0 |

News: Third Man Recordsで、U2がライブレコーディング

» U2 LIVE AT THIRD MAN NASHVILLE

先週の土曜日、ナッシュビルの Bridgestone Arena 公演を終えた U2 のメンバーが、Third Man Records にやってきました。そして店内で“Love Is Bigger Than Anything in Its Way”と“Red Flag Day”の2曲をパフォーマンス。Facebook のストリーミング放送も行いました。Third Man からは正式にアナウンスは出てませんが、どうやら限定アナログ盤もリリースされるようです。

Date:05/30/2018 | Comment: 2 |

News: Jack White - Spotify Singles

Jack White - Spotify Singles

ジャックがニューヨーク の Spotify Studios でレコーディングした“Over And Over And Over”と、“Pablo Picasso”(The Modern Lovers のカバー)を公開しました。これは Spotify のオリジナル・セッション・シリーズ〈Spotify Singles〉用の楽曲で、Spotify 限定公開です。

Date:04/25/2018 | Comment: 0 |

News: Sleep - The Sciences

tmr547_sleep_thesciences_frontcover_2.jpg

» The Sciences

アメリカのドゥーム/ストーナー・ロック・バンド、スリープ(Sleep)が約20年ぶりのニュー・アルバム『The Sciences』を Third Man Records から、サプライス・リリースしました。ストリーミング版は Spotify などで配信中。2枚組 LP は TMR のサイトで購入可能です。私はこっちのジャンルにめっぽう弱いので Sleep の存在をまったく知らなかったのですが、どうやら伝説のバンドらしいです(ひどい説明ですいません…)。今年1月には来日ツアーも行ってました。ちなみに新曲が、ジャックに4.7をつけた Pitchfork で、Best New Track に選ばれております。

» スリープ (バンド) - Wikipedia

Date:04/23/2018 | Comment: 2 |

News: RECORD STORE DAY 2018

» EXCLUSIVE RELEASES FOR RECORD STORE DAY 2018

今年は4月21日に開催されるレコード・ストア・デイ。Third Man Records からリリースされるのはこの2枚です。ジャック関連とか店頭イベントとかも多分あるはずなので、きっとそのうち発表されると思います。

Los Lobos vs. The Shins

TMR-551-LLvTS-Single-Cover-Small.jpg

James Mercer 率いる The Shins の2017年作『Heartworks』に収録された“The Fear”の12インチ・シングル。アルバムのオリジナル・バージョン、対となる逆さまアルバム『The Worms Heart』収録のリミックス・バージョン、そして Los Lobos のカバー・バージョンの3曲を収録。

» LOS LOBOS VS. THE SHINS / THE FEAR [12"] / diskunion.net

Joshua Hedley "Broken Man"

TMR-544-JH-Front.jpg

マーゴ・プライス、リリー・メイに続いて、新たに Third Man と契約したカントリー・シンガー、Joshua Hedley。2018年4月リリースのデビュー・アルバム『Mr. Jukebox』未収録の新曲2曲(A面“Broken Man”、B面“Singin' A New Song”)がマホガニー・ブラウン・カラーの7インチ・シングルとしてリリース。

» JOSHUA HEDLEY / BROKEN MAN / SINGIN' A NEW SONG [7"] / diskunion.net

Date:04/13/2018 | Comment: 0 |

News: 最近のニュース色々(4/5)

今週末、ナッシュビルの TMR で Anna Sui の2018年春夏コレクションのポップアップストアが開催。TMR とのコラボ Tシャツも発売します。結構前に同じようなことを新宿伊勢丹でもやりましたね。見に行っただけで何も買わなかったなあ。

ジャックのツアーに参加するオープニングアクトが発表されました。4月20日からの5公演は、TMR ナッシュビルでもライブを行った女性アーティスト、Mattiel。4月27日からの5公演は、米テキサスの男5人組ロック・バンド、A Giant Dog。5月27日からの4公演はおなじみの Lillie Mae。5月30日からの4公演は、米ミズーリ州出身の3人組パンク・バンド、Radkey。6月26日からの6公演は TMR からデビュー・アルバムをリリースしたばかりの Shirt です。

Date:04/05/2018 | Comment: 0 |

News: 『Boarding House Reach』がビルボードNo.1に

» 【米ビルボード・アルバム・チャート】ジャック・ホワイト首位デビュー、3作目の全米No.1獲得 | Daily News | Billboard JAPAN

祝!ビルボード・チャート No.1!ファンでさえ意見が別れる問題作になった『Boarding House Reach』でしたが、なんとかチャートのトップに輝きました。おめでとうジャック!そして日本のオリコン洋楽アルバムチャートだと初登場8位でした。良いのか悪いのかわからないけど、とりあえずおめでとう!
ちなみに、ウェブ上のレビューや評価を集積するサイト〈Metacritic〉のスコアだと 74/100、同じタイプのサイト〈AnyDecentMusic?〉だと 6.7/10でした。NME や American Songwriter のような高評価と、Pitchfork や Under The Rader のような低評価に別れたので、致し方ないところですね。ソロ作に限定すると『Blunderbuss』『Lazaretto』からスコアを落としてしまいました。
チャートやレビューの数字が音楽の価値とイコールではないのはもちろんですが、多くの人が聴いているのはファンとして純粋に嬉しいです。良かった良かった。

Date:04/02/2018 | Comment: 0 |

News: VAULT PACKAGE #36

» INTRODUCING... VAULT PACKAGE #36: TROUT MASK REPLICA

ジャックが大きく影響を受けたアーティストということで、このブログでも度々名前が登場するキャプテン・ビーフハート。彼の3枚目のアルバムにして最高傑作とも言えるのが、この『Trout Mask Replica』です。
リイシュー盤と一言で言うとなんだか簡単そうですが、10年以上絶版状態だった本作を最高の状態で復活させるために、Third Man は相当頑張ったようです。まず何よりも大事な音源ですが、ビーフハートも本作のプロデューサーのフランク・ザッパも既に他界しているため、ザッパの家族財団が保管していたマスター盤を借り受け、ハリウッドの名エンジニア、クリス・ベルマンが改めてリマスターを行いました。さらにアルバムカバーもオリジナルの写真プリントを使用し、1969年当時のオリジナル盤に極限まで近づけています。レコード盤だけは Third Man オリジナルの“めちゃくちゃな魚の鱗色”カラー盤。2枚組180g重量盤です。
そのほかにも、当時フランスだけで発売された“Pachuco Cadaver”(B面“Wild Life”)の7インチ・シングル(白色カラー盤)、『Trout Mask Replica』ジャケットのお面と布バッチ、イラストレーターの Jess Rotter がデザインしたトートバック、そしてビーフハートが亡くなったときに MOJO Magazine に掲載されたジャックの追悼文ポスター、が付属します。
いきなりビーフハート祭りにびっくりですが、ジャックの『Boarding House Reach』があらゆるジャンルを取り入れた挑戦的な作品だったのには、この『Trout Mask Replica』の影響があったのだと思います。40年も前に作られた革新性と、今もなお色褪せない素晴らしさを、ぜひ楽しみましょう。決してネタがなくなったわけでは……ないはずです。登録の締め切りは今月末です!

» トラウト・マスク・レプリカ - Wikipedia

Date:04/02/2018 | Comment: 2 |

News: ジャックのインタビューなど

オーストラリアの TV 番組のインタビュー。もちろん英語ですが、字幕をつけるとけっこうわかります。便利ですねー。

“Live from New York, it’s Jack White!”

Jack White Liveさん(@officialjackwhitelive)がシェアした投稿 -

米国で1月14日放送のサタデーナイトライブにジャックが出演します。音楽ゲストなのでトークはないと思います。

Date:03/30/2018 | Comment: 0 |

News: Boarding House Reachのトリビア その1

GetInTheMindShaft.gif

» Jack White – Get In The Mind Shaft Lyrics | Genius Lyrics

11曲目“Get In The Mind Shaft”の秘密をご存知ですか?曲の前半部分でジャックが詩を朗読していますが、この詩にはいくつもの種類があります。今わかってるだけで、7種類の詩があり、どの詩が収録されているかは聴いてみるまでわかりません(レコード盤に刻まれたマトリックス番号でも判別できます)。ちなみにデジタルは全て同じ詩です。歌詞カードに詩が載っていないのは、そういう理由だったんですね。
では、あるかないかわかりませんが、トリビアその2でお会いしましょう。

Date:03/28/2018 | Comment: 0 |

News: ジャックのインタビュー

Happy Place ☀️🌊‍♀️

Karen Elsonさん(@misskarenelson)がシェアした投稿 -

» ジャック・ホワイト、新作『ボーディング・ハウス・リーチ』について語ったロング・インタヴュー | NME Japan

ソニー・ミュージックによるジャックのインタビューです。ありがたい。アルバムタイトルの由来やジャケットのこと楽曲のことまで色々聞いてくれていて、すごく良いインタビューなんですが、何と言っても最高なのは、最後に聞いてる日本のこと来日のこと。日本のことをそんな風に思ってなんて…。これはぜひ、みなさんの目で読んでみてください。

Date:03/26/2018 | Comment: 0 |

News: Boarding House Reach、本日発売!

ついに本日リリースされたジャックのニューアルバム『Boarding House Reach』。みなさんはもう聴きましたか?僕も早速ガンガン聴いています。各メディアのレビューだと高評価なものもあれば、かなり厳しいものもありますが、今作に関してはそれもしょうがないかな、と思っています。
そしてジャックの今後の予定ですが、まず KROQ のセッション&インタビューがすでに公開されています。さらに、今晩ニューヨークの Warsaw で行われるショーがライブ配信。日本時間だと土曜日の朝11時ですね。そして、明日には“Over and Over and Over”の PV が公開されます。引き続きチェックしていきましょう!

Date:03/23/2018 | Comment: 2 |

News: Boarding House Reach、明日発売!

» インフォメーション | ジャック・ホワイト | ソニーミュージック オフィシャルサイト

いよいよ明日発売になるジャックのニューアルバム(もう店頭には並んでいるのかな?)。タワーレコードではサイン入りグッズの展示(新宿、渋谷、神戸、大阪)があったり、日本盤を購入すると、先行視聴会でも配ってた缶バッチがもらえたりするみたいです。日本盤には、これらのサイン入りグッズが抽選で当たるステッカーも付いているので(詳しくはこちら)、ぜひとも応募しましょう。
ちなみに最近のジャックは、メタリカのラーズと対談したり、KROQ でセッションをレコーディングしたり、もしかしたら SNL も…、と色々なメディアに登場予定らしいので、今後の公開が楽しみです。
でもまずはアルバムを楽しむ!ですね!

Date:03/22/2018 | Comment: 2 |

News: ジャック・ホワイト、復活ライブ2日目

#jackwhite @thirdmanrecords #nashville 03.16.18

Jack White Liveさん(@officialjackwhitelive)がシェアした投稿 -

Setlist from March 16, TMR Blue Room:
Battle Cry
Wasting My Time
Over and Over and Over
Why Walk A Dog?
Corporation
Fell in Love With a Girl
Connected by Love
Catch Hell Blues
Little Bird
Blunderbuss
Missing Pieces
Dead Leaves and the Dirty Ground
Hypermisophoniac
Ice Station Zebra
Hello Operator
Respect Commander
Sixteen Saltines
I'm Slowly Turning Into You
Seven Nation Army

プレライブ2日目。セットリストは初日と全く変えてきました。1曲目からいきなり去年 Warstic のプロモ用に発表された“Battle Cry”からスタート。“Hypermisophoniac”や“Ice Station Zebra”などの初披露の新曲も披露しつつ、最後は 7NA で締め。最高ですね。

Date:03/19/2018 | Comment: 2 |

News: ジャック・ホワイト、追加のプレライブを発表

» THREE INTIMATE SHOWS IN LA, BROOKLYN & LONDON | Jack White

Third Man Records の2公演に続き、ジャックのプレライブが3公演追加されました。新たに発表されたのは、3月20日のロサンゼルス、3月23日のニューヨーク、3月28日のロンドン。Vault メンバーは優先的にチケット応募が可能ですが、相当な激戦になるんじゃないでしょうか。ちなみに“intimate”というのは「親しい」という意味なんだそうです。

Date:03/16/2018 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイト、復活ライブ一発目

LIVE at @ThirdManRecords. 3.15.18.

Jack White Liveさん(@officialjackwhitelive)がシェアした投稿 -

Setlist from March 15, TMR Blue Room:

Dead Leaves and the Dirty Ground
Over and Over and Over
Hypocritical Kiss
Respect Commander
Corporation
We're Going to Be Friends
Why Walk A Dog?
Connected by Love
Love Interruption
Cannon

Encore:
Ball and Biscuit
Sixteen Saltines
Steady, as She Goes

約3年ぶりの本格的なライブとなった、昨日の Blue Room 公演のセットリストが明らかになりました。“Dead Leaves”からスタートして、新曲5曲を含む全13曲。新曲以外の構成はこれまでとあまり変わっていませんが、サウンドがどう変化してるのかが楽しみです。次は今日、同じ Blue Room での2日目です。

Date:03/16/2018 | Comment: 0 |

News: JACK WHITE FIRST LIVE LISTEN

JW-POSTERNASH-ROUGHS1.1.jpg

» JACK WHITE FIRST LIVE LISTEN − NASHVILLE

3月15日と16日(今日と明日)、ナッシュビルの Third Man Records Blue Room でジャックがライブを行います。アルバムのリリースを控えて、復帰一発目のライブ、しかもブルールームということもあって、前日発表&販売ながらチケットは即完しました。そりゃそうだ。そういえば初期の Vault はライブ配信したこともありましたよね。あれ以来全然やってくれないけど、遠くのファンにもおこぼれを分けて欲しいなあ…。きっと LP になるんだろうけど。
そしてライブに先立ち、新たなジャック・バンドのメンバーも公開されました。メンバーは左から

Quincy McCrary
キーボード。Unknown Mortal Orchestra のメンバー。Kanye West から Black Eyed Peas などとも仕事をした経歴を持つ。4月から始まる UMO のツアーは…?

Carla Azar
ドラム。Autolux のメンバーであり、Blunderbuss ツアーでもドラムを担当。ジャックのソロアルバム全てに参加している。

Dominic Davis
ベース。デトロイト出身。ジャックとは幼馴染。ジャックのツアー全てに参加する唯一の男。

Neal Evans
キーボード。ニューヨーク州ウッドストック出身。ジャズ・ファンク・バンド、Soulive のメンバー。2011年にはソロ・アルバムもリリースしている。

という編成です。これがそのままツアーメンバーなんでしょうか。もっと大所帯でやるのかと思ったら、意外と少ない人数。でもギターがジャックだけだったり、キーボードが2人いたり、どんなサウンドになるのか想像つきません。これまでの曲も、だいぶアレンジを変えてそうですね。
あとどうでもいいけど、ジャックがジャージ&スニーカーというのもすごく気になります!

Date:03/15/2018 | Comment: 4 |

News: 『Boarding House Reach』先行視聴イベント

» インフォメーション | ジャック・ホワイト | ソニーミュージック オフィシャルサイト

抽選で1人だけに当たるスペシャルグッズが気になりますが、それよりも気になるのは人がたくさん集まるのかということです。缶バッチももらえるのでぜひぜひみなさん行きましょう!(私は行けないと思いますが…)

Date:03/05/2018 | Comment: 0 |

News: 久しぶりにジャックのチャットへ

久しぶりにジャックのチャットに巡り合ったので、覗いてみました。前半5分ぐらいは見れてませんが、そのあとはこんな話をしてました。(一部抜粋です)

ファン「ツアーのセットリストはどうなる?」
ジャック「セットリストは使わないよ。でも50曲ぐらいリハしてて、その膨大な中から選ぶんだ」
ファン「新しいバンドメイトはどう?」
ジャック「すごくソリッドなバンドだよ。今までとは全然違うサウンドになる。ペダルスティールもヴァイオリンもマンドリンも使わないんだ」
ファン「リハで演奏してて楽しい曲は?」
ジャック「“Ice Station Zebra” と “Respect Commander”」
ファン「ツアーで新しいギターは使う?」
ジャック「3本用意してるよ」
ファン「ツアーで新しいカバーはやるの?」
ジャック「楽しみにしてて!」

ジャック「“Corporation”を聞いてみんなどう思った?いいと思った人いる?」
好意的な意見の中、一人のファン「「好きじゃない」
ジャック「どこが駄目だった?」
先ほどのファン「歌詞が少ないところだね」
ジャック「曲の中で、もっと早く歌い始めた方がいいってこと?」
先ほどのファン「繰り返しみたいな感じで。サウンドは好きだよ。ファンキーで。でももっと歌ってほしいな」
この後の会話よくわからず。

ファン「新しいレコードにはなにか隠し要素はある?」
ジャック「ないよ…本当に」(注:おそらくあるんでしょう)

ジャック「新曲の“Over and Over and Over”がもうすぐ公開予定だよ。たぶんみんなは退屈なリフのいわゆるロックンロールソングの方が好きだと思うけど」
ファン「なんでロックンロールに飽きちゃったの?」
ジャック「ロックンロールに飽きたことなんてないよ!でも、ギターリフありきの曲を作るのはもう飽きたんだ」
ファン「 AC/DC はギターリフで有名だけど最高だよ!アンガスは最高のギタリストの一人だし」
ジャック「え?もしかして俺がハードロックのことバカにしてると思ってる?そんなんじゃないよ!俺はあらゆる音楽が好きなんだから。俺が言いたいのは、自分に楽な方法で曲作りをしたくないってことさ」

ファン「 新曲の中で一番気に入ってるのは?」
ジャック「“Ice Station Zebra”だよ。好きじゃないって人もいると思うけど、俺としては気に入ってる一曲なんだ」

ジャック「最近ずっと、ニューアルバムのために面白いことを色々企画してたんだ。でも考え方を変えたんだ。今、俺の2人の子供が監督になってビデオを撮ってる。10歳と11歳なんだけど、俺は言われるがままだよ。世に出すかはわからないんだけどね」

ファン「 Radiohead とレコーディングした曲は出さないの?」
ジャック「俺は彼らとは何もレコーディングしてないよ。俺のスタジオを貸しただけさ。結局リリースはしなかったけどね。だってこの前のアルバムにその曲が入ってたから。たぶんナイジェル・ゴドリッチが他所でレコーディングしたことに、やきもち焼いたんじゃないかな。ハハハ!」(注:もちろんジョークです)

ちなみに、ある心優しいファンからの「日本で待ってるよー」というコメントは、軽く既読スルーされましたとさ。

Date:02/21/2018 | Comment: 4 |

News: 『ボーディング・ハウス・リーチ』店舗限定特典が発表!

201802161916351.jpg

» インフォメーション | ジャック・ホワイト | ソニーミュージック オフィシャルサイト

【特典内容】
■全店共通(初回盤にステッカー添付)
抽選でアーティスト・グッズが当たる応募ステッカー
A賞:サイン入りシンセサイザー(クリッター&ギターリ製) <1名様>
B賞:アーテイストTシャツ <10名様>
締切:2018年5月31日(木) *当日消印有効

■TOWER RECORDS全店(タワーレコードオンライン含む/一部店舗除く)
特製オリジナル ギター・ピック

■TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
特製オリジナル ミニ・ステッカー(ジャケット写真絵柄)

TOWER RECORDS の特典として、デザイン、色の指定、全てジャック本人が監修したギターピックがついてきます。CD はタワレコで買うしかない!TSUTAYA でもミニステッカーがプレゼントされます。日本盤ニュー・アルバムは3/23発売!

Date:02/20/2018 | Comment: 0 |

News: 最近のジャックの話題(1/27)

r1307_fob_white_b_crop-b28870c1-cff9-48e4-8360-f687472bc2be.jpg

» ジャック・ホワイト、来たるアメリカ・ツアーで携帯電話禁止とすることを発表 | NME Japan

以前からジャックは、ライブ中に携帯電話を使うことを「片手に携帯、片手にグラスで、拍手もしない」なんて嫌がっていましたが、ドリンクを禁止するわけにはいかないので、携帯禁止に決まりました。個人的にはされも良いと思います。僕も、ずっと写真や動画を撮ってる人が側にいると、気が散るから嫌いです。たまにならいいんですがね。というわけで写真を見たい人は @officialjackwhitelive をフォローしましょう。

» Jack White on New Album, Lost White Stripes Song, Touring - Rolling Stone

米ローリング・ストーン誌にジャックのインタビューが掲載。休んでいた最近の2年間のことから、ニュー・アルバムについて語っています。そんな中で一番気になるのは、アルバム収録曲“Over and Over and Over”についての話。この曲をジャックが書いたのは13年前も前のこと。しかしながらホワイト・ストライプスでもラカンターズでも、なんと Jay-Z とのコラボ(未発表)でもレコーディングを試みたものの、上手くいかなかったそう。ジャックにとってこの曲は「白鯨みたいなもの」だったが、今回ついに完成したとのこと。どんな曲なのか楽しみですね。

Date:01/27/2018 | Comment: 0 |

News: ジャック、新曲を一部公開

ジャックのニュー・アルバムから新曲“Corporation”のスニペットを公開。金曜日の夜にフルバージョンが公開されるようです。

Date:01/25/2018 | Comment: 0 |

News: ジャック・ホワイトの2018ワールドツアー日程

» Jack White Live 2018

ジャックの2018年ワールドツアーの日程が発表されました。4月19日のデトロイトを皮切りに、6月上旬まではアメリカを回り、6月下旬から7月上旬まではヨーロッパ、8月はまたアメリカに戻り23日のラスベガスまでです。
7月ががっつり空いてるのが気になりますが、夏季休暇もしつつ、フェスがいくつか追加されるんだと思います。一応、苗場に行って帰ってこれるだけの時間はありますね…。
あと気になるのはツアーメンバー。新作のレコーディングメンバーから抜粋されるんでしょうか。前回の男バンド女バンドみたいに、今回もしかけ(?)があるのかもしれません。楽しみです。

Date:01/17/2018 | Comment: 2 |

News: ついにアルバム『Boarding House Reach』情報が公開!

BoardingHouseReach_std.jpg

» Introducing... VAULT PACKAGE #35: JACK WHITE BOARDING HOUSE REACH

お待ちかね、ジャックのニュー・アルバム『Boarding House Reach』の情報が解禁されました。
Third Man Records のリリース・ノートによると、今作は「これまでで最も意欲的な作品で、普遍的かつ現代的な曲のコレクションである。ジャックはアパートの一室で外界との接触を断ち、15歳の頃と同じように4トラックのテープレコーダーを使い楽曲制作を始めた。彼は音楽性の幅を大きく広げ、ロックンロール、エレクトロ、ハード・ファンク、プロト・パンク、ヒップ・ホップ、ゴスペル・ブルース、さらにはカントリーに至るまで、弛まぬ膨大なジャンルの音楽を探求した」そうです。意欲的なのはジャケットからも十分すぎるくらい伝わってきますね。発売日は3月23日です。トラックリストは以下。

1. Connected By Love
2. Why Walk A Dog?
3. Corporation
4. Abulia and Akrasia
5. Hypermisophoniac
6. Ice Station Zebra
7. Over and Over and Over
8. Everything You've Ever Learned
9. Respect Commander
10. Ezmerelda Steals The Show
11. Get In The Mind Shaft
12. What's Done Is Done
13. Humoresque

すでに公開されている2曲を含めた全13曲。これまでにない刺激的なタイトルが並んでいます。「アイス・ステーション・ゼブラ」ってどんな曲なんでしょう?想像もつきませんね。
そしてアルバム情報と同時に、Vault Package #35 も発表。もちろん、ジャック尽くしです。

Vault35.jpg

LP は『Boarding House Reach』のスペシャル・エディション。レコードは180gの重量盤で、光をかざすと青と黒の渦巻き模様が浮かび上がる特殊加工が施されています(こんな感じ)。カバー・アートはクローム化したジャックの顔がホログラムシートのような紙に描かれているそうなので、こちらも光の加減で色が変わるような印刷になってるのでしょうか。
7インチ・シングル盤は、ファースト・シングル“Connected By Love”と、アルバム収録曲“Why Walk a Dog?”のデモ音源。A面“Connected By Love”は、ナッシュビルのアパートで録音された初期のシンプルなデモで、曲名も“Infected By Love”だったころのもの。B面はジャックのプライベートな作曲場所で録られていて、シンセやドラムマシーンが使われています。この2曲は、新作のイメージを膨らませる鍵となった曲なのだそう。
さらに、レコーディング・セッションで撮影されたメンバーとの写真、3曲の歌詞が書かれた3色3枚のメタリック・カード、TMR のお店で使えるストアコインがセットで付いてきます。
メンバーシップの登録締め切りは1月31日。価格は変わらず($60+送料)です。

Date:01/13/2018 | Comment: 0 |

News: ジャックの新作情報(1/11)

541-jacket-cover-rightsideup.jpg

○ “Connected by Love”は、ニューヨークの Sear Sound、ロスの Capitol Studios、ナッシュの Third Man Studio でレコーディング。メンバーはジャック(ボーカル、シンセ、アコギ)と Louis Cato(ドラム)、Charlotte Kemp Muhl(ベース)、DJ Harrison(シンセ)、Neal Evans(キーボード)、Bobby Allende(パーカッション)、Ann McCrary と Regina McCrary(バックボーカル)。プロデュースはジャック本人。

○ アルバム・タイトルの『Boarding House Reach』は「欲しいものがあれば勝手に手を伸ばして取る」という意味。慣用句みたいなものでしょうか。

» 辞書の中の単語たち

boarding house が「賄(まかな)い付きの下宿」ですね。(中略)reachには「着く」の他に「手を伸ばして取る(こと)」という大事な意味があります。out of [beyond] my reach は「私の手の届かないところに」という意味です。この reach と boardinghouse を組み合わせたのが "boardinghouse reach" です。本来食卓には自分のテリトリーがあります。もし調味料などが相手のテリトリーにある場合は "Would you pass me the salt?" といって相手にとってもらうのがマナーです。しかし boarding house の住人はたいていはマナーなどそっちのけの若者たち。「欲しいものがあれば勝手に手を伸ばして取る」--これが "boardinghouse reach" です。

○ 日本版は前作に引き続きソニーミュージックになりそうです。公式サイト上でのアナウンスはまだありませんが、新曲発表をツイートしています。海外では Columbia と XL。

» ジャック・ホワイト | ソニーミュージック オフィシャルサイト

今のところはそんなもんでしょうか。引き続きチェックしていきたいと思います。

Date:01/11/2018 | Comment: 0 |

News: ジャックの新曲“Connected By Love”が公開!

Jack White Approved Press Photo_.jpg

» JACK WHITE “CONNECTED BY LOVE”

ジャックのニュー・アルバム『Boarding House Reach』からのファースト・シングル“Connected By Love”、そしてシングル B面の“Respect Commander”がデジタル・リリースされました。さらに“Connected By Love”の PV(監督は Pasqual Gutierrez)と“Respect Commander”のオーディオ・ビデオも公開。通常盤のアナログ・シングルは今日から発売。土曜日には限定カラー盤が、Third Man Records ナッシュビル/デトロイトの両店で発売されます。
新曲の個人的な第一印象としては、すごくドラマチックだなあ、って感じです。ざっくり言えばクイーンっぽい。とはいえゴスペル調のコーラスとかソウルフルな歌い方とかブラック・ミュージックへの影響がありつつも、全体にはロック・サウンドなのでなんか奇妙な感じ。もう何回もリピートしてるけど、正直まだピンときてませんです。まあ、のんびりいきましょう。

追記:NME Japan に新曲に対するジャックのコメントが出ています。

Date:01/11/2018 | Comment: 2 |

News: ジャックの新曲“Connected by Love”は明日公開!

Date:01/10/2018 | Comment: 0 |

News: Third Man Recordsから初のラッパーが登場!

shirt_purebeauty.jpg

» THIRD MAN RECORDS 1ST RAP ARTIST: SHIRT

Third Man Records は、ニューヨーク、クイーンズ出身のラッパー、SHIRT のニュー・アルバム『Pure Beauty』を2月9日にリリースすることを発表しました(アナログ盤は23日)。Third Man にとっては初のラップ・アーティストとの契約。ファースト・シングル“Flight Home”のミュージック・ビデオが公開中です。

Date:01/05/2018 | Comment: 0 |

News: ジャックが Governors Ball フェスに出演決定

GovernorsBall2018.jpg

» The Governors Ball Music Festival

あけましておめでとうございます!新年早々素敵なニュースです。6月1日から3日にかけて、ニューヨークで開催される Governors Ball Music Festival に、ヘッドライナーとしてジャック・ホワイトが出演することが発表されました。ニュー・アルバムを控えてるジャックですが、2018年はツアーもやるんでしょうか。ちなみにこのフェスには Yeah Yeah Yeahs も出演。こちらも久しぶりの活動再開になりそうで楽しみです。

Date:01/04/2018 | Comment: 0 |

News: JACK WHITE IS BACK!!

600x600sr.jpg

» Jack White presents “Servings and Portions from my Boarding House Reach”

ついにキタ!!ジャックがニュー・アルバムのティザーと思われる動画“Servings and Portions from my Boarding House Reach”を公開しました。約4分の動画には新作音源がコラージュされています。アルバムのタイトルは『Boarding House Reach』ということなのかな?リリース日などの詳細もまだ不明。続報を待て!

Date:12/13/2017 | Comment: 0 |
↑ Page top