Band: Los Buzzardos

Date:08/15/2012 | Comment: 0 |

Band: The Peacocks

Date:08/15/2012 | Comment: 0 |

Band: The Third Man Band

The Third Man Band

1. アシュレー・モンロー(Ashley Monroe):バックボーカル
ラカンターズのシングル "Old Enough" でもジャックと共演したナッシュビル出身のカントリー・シンガー。

2. ルビィ・アマンフ(Ruby Amanfu):バックボーカル
Sam Brooker と共に Sam and Ruby としても活動しているシンガー。ライブのみの参加。

3. リーフ・シアズ(Leif shires):トランペット
Kelly Clarkson バンドなどで活動するナッシュビル出身のトランペット奏者。

4. ドミニク・デイビス(Dominic Davis):ベース
Steppin’ In It のベーシスト。ジャックの幼なじみ。

5. リッチ・ギルバート(Rich Gibert):ペダルスティール
Frank Black and the Catholics、Human Sexual Response などで活躍したギタリスト。

6. ジョー・ギルス(Joe Gillis):キーボード
元 Frijid Pink のメンバー。ジャックのお兄さん。

7 . クレイグ・スウィフト(Craig Swift):サックス
ラテン・ジャズ・バンド Salvador のメンバー。

8. オリビア・ジーン(Olivia Jean):ギター
ジャックのプロデュースで Third Man Records からデビューした女性4人組バンド、The Black Belles のギタリスト。

9. ジャック・ホワイト(Jack White):ギター

10. ジョーイ・ワロンカー(Joey Waronker):ドラム
Beck バンドや Atoms for Peace のドラマー。ライブのみの参加。

11. ジャスティス・カーペンター(Justin Carpenter):トロンボーン
Kelly Clarkson バンドなどで活動するナッシュビル出身のミュージシャン。

※以上は、ワンダ・ジャクソンのリリース記念ツアーに帯同したメンバー。その他にスタジオ・レコーディングではカール・ブローメル、ジャクソン・スミス、パトリック・キーラー、ジャック・ローレンス、カレン・エルソンなども参加している。

Date:01/26/2011 | Comment: 0 |

Band: The Dead Weather

band_deadweather.jpg

デッド・ウェザーは2009年にテネシー州ナッシュビルで、アリソン・モシャート、ディーン・フェティータ、ジャック・ローレンス、ジャック・ホワイトの4人で結成されたロック・バンド。ブルース・ミュージックをベースとした、ダークでヘビーなガレージ・サウンドが特徴です。
バンドが結成されたきっかけは、ラカンターズが2008年に行ったツアーで起こったアクシデントが発端でした。
半年に及ぶツアーも残り僅かとなった頃、ホワイト・ストライプスとラカンターズを股にかけて活動するジャック・ホワイトは、ツアー漬けの日々がたたり、喉を痛め満足に歌えなくなってしまいます。しばらくはかすれた声で歌ったり、もう一人のボーカルのブレンダン・ベンソンのサポートでツアーを続けていたものの、ジャックの痛みは引かないまま。ついには医者から数カ月間歌うことを禁じられてしまいます。そこで、そのとき一緒にツアーをしていたキルズ(The Kills)のアリソンにジャックのボーカルを歌ってもらい、残りの数公演を行うことになりました。

続きを読む
Date:06/25/2009 | Comment: 0 |

Band: The Raconteurs

The Raconteurs

ラカンターズは、ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、ソロ・アーティストとしても活動しているブレンダン・ベンソン、オハイオ出身のガレージ・バンド、グリーンホーンズ(The Greenhornes)のメンバーであるジャック・ローレンスとパトリック・キーラー、という昔からの友人達4人により結成されたバンド。バンドのオフィシャル・サイトにはバンドの結成に関してこのように書かれています。
「始まりは暑い真夏の屋根裏部屋で、ホワイトとベンソンが一緒に書いた曲が、二人を深くインスパイアしたことであった。その曲―”Steady, As She Goes“のインスピレーションはローレンスとキーラーが参加してのフル・バンドの創生へと繋がった。」
テレビ・ジャーナリスト、マイク・ウォレスの記事からジャックが名付けた「ラカンター=話し上手」というバンド名には、彼らがストーリーテラーとして、様々な物語を紡ぎだしていくという意味が込められています。

続きを読む
Date:06/28/2006 | Comment: 0 |

Band: The White Stripes

The White stripes

ホワイト・ストライプスはジャック・ホワイト(Jack White)とメグ・ホワイト(Meg White)によって、1997年にデトロイトで結成されました。ジャックはメイン・ボーカルとギターまたはピアノなどを務め、メグはドラムとコーラス(たまにリード・ボーカル)を務めます。カントリー、ブルース、50's-60'sロックンロールを下地としたサウンドは、それらを現代的に再構築し、新たなロック・サウンドへと昇華しています。

バンドにはいくつかの決まり事があります。例えば、イメージカラーとして定められた3色(赤、白、黒)。二人はバンドの活動中は、この3色の服しか着用しません。楽器から、アルバム・ジャケット、ポスターまで、全てがこの3色で(基本的に)構成されています。また、ライブは二人のみで行い、サポート・メンバーなどは参加しません。コンピュータで制御されたデジタル・サウンドは好まず、クラシックな機材や録音技術を用いたサウンドを得意とします。

2000年初頭には、同時期にブレイクしたストロークス(The Strokes)らと共に、ロックンロール・リバイバル・ブームの旗手として名を馳せます。2003年に発売したアルバム『エレファント(Elephant)』は商業的な成功と数々の賞を獲得し、バンドは世界的な名声を手に入れました。

続きを読む
Date:06/14/2006 | Comment: 0 |
↑ Page top