Bootleg: Jack White Live at Lollapalooza 2012

cover art
  1. Intro Chant
  2. Sixteen Saltines
  3. Black Math
  4. Missing Pieces
  5. Wasting My Time
  6. Dead Leaves and the Dirty Ground
  7. Hypocritical Kiss
  8. Cannon > Nitro > John the Revelator
  9. Two Against One
  10. Same Boy You've Always Known
  11. Los Buzzardos Band Intro
  12. Take Me With You When You Go
  13. Love Interruption
  14. Weep Themselves To Sleep
  15. Hotel Yorba
  16. Top Yourself
  17. Screwdriver Intro > Blue Blood Blues
  18. Ball and Biscuit
  19. Encore Break
  20. Steady As She Goes
  21. The Hardest Button To Button
  22. Freedom at 21
  23. Seven Nation Army
  24. Outro Chant

ロラパルーザ2012に出演したジャック・ホワイトのライブのブートレグ盤です。フェスティバルとはいえこの日はヘッドライナーだったので、1時間半に及ぶフルセットのライブでした。ちなみに記事のタイトルやジャケット用画像では7月5日になってますが、8月5日の間違いですね。

» DOWNLOAD - Jack White - 2012-07-05 - Lollapalooza - Chicago, IL - Home - The Steam Engine

Date:08/08/2012 | Comment: 2 |

Bootleg: Jack White Live at The Roseland Ballroom

cover art
  1. Sixteen Saltines
  2. Missing Pieces
  3. Dead Leaves and the Dirty Ground
  4. Love Interruption
  5. Hotel Yorba
  6. Weep Themselves To Sleep
  7. I Guess I Should Go To Sleep
  8. Top Yourself
  9. Hypocritical Kiss
  10. Improvisation
  11. Screwdriver > Blue Blood Blues
  12. We're Going To Be Friends
  13. Two Against One
  14. The Hardest Button to Button
  15. Freedom at 21
  16. Take Me With You When You Go
  17. Carolina Drama
  18. Ball and Biscuit
  19. Black Math
  20. I Cut Like a Buffalo
  21. Catch Hell Blues
  22. Seven Nation Army

今月の22日にニューヨークの The Roseland Ballroom で行われたジャック・ホワイトのソロライブです。この日は前半を女バンド、アンコール後は男バンドが演奏。“Screwdriver”かと思いきや“Blue Blood Blues”とか、“Carolina Drama”からの“Ball and Biscuit”とか、夢の様なコンボが連発しております。良いのか悪いのか知りませんが、MP3 でダウンロードもできます。勝手にジャケットも作っちゃいました。フジの予習に是非!

» Jack White Live at The Roseland Ballroom - New York, New York - 5/22/2012 by jacktangiblewhite on SoundCloud - Create, record and share your sounds for free

5/25追記:中村明美さんのレビュー記事
ジャック・ホワイトのNY2DAYSライブでスゴいことが起きた! - 中村明美の「ニューヨーク通信」 | ブログ | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

Date:05/24/2012 | Comment: 11 |

Bootleg: The Dead Weather live at Coachella Festival

cover art
  1. Forever My Queen
  2. 60 Feet Tall
  3. Hang You From The Heavens
  4. You Just Can't Win
  5. So Far From Your Weapon
  6. I Cut Like A Buffalo
  7. No Horse
  8. Blue Blood Blues
  9. Hustle and Cuss
  10. Die By The Drop
  11. Will There Be Enough Water?
  12. New Pony
  13. Treat Me Like Your Mother

2010年4月、カリフォルニア州インディオで開かれたコーチェラ・フェスティバルで、デッド・ウェザーが二日目の Outdoor Theatre ステージのヘッドライナーとして出演しました。そのパフォーマンスを収録したブートレグ・ライブ音源とビデオが、The Stream Engine のサイトから配信されています。

» The Steam Engine: The Dead Weather - Coachella 2010
» Jack The White's original cover art

Date:07/14/2010 | Comment: 2 |

Bootleg: The Dead Weather live at Outside Lands Festival

cover art
  1. 60 Feet Tall
  2. Hang You From The Heavens
  3. Jawbreaker
  4. You Just Can't Win
  5. So Far From Your Weapon
  6. Rocking Horse
  7. No Horse
  8. Forever My Queen
  9. New Pony
  10. I Can't Hear You
  11. I Cut Like A Buffalo
  12. Treat Me Like Your Mother
  13. Will There Be Enough Water?

2009年8月に、米国カリフォルニア州サン・フランシスコの〈Outside Lands Music and Arts Festival〉に出演した、デッド・ウェザーのパフォーマンスを収録したライブ・ブートレグです。フェスティバルでなので通常のライブより演奏曲数は少なめですが、未発表の新曲を3曲ほど披露しているのが嬉しいところ。このブートレグはデッド・ウェザーのファン・サイト、thedeadweather.orgで公開されています。

» The Dead Weather Gigs
» Jack The White's original cover art

Date:12/23/2009 | Comment: 0 |

Bootleg: Jack White & The Bricks Live at Gold Dollar

cover art
  1. Dead Leaves And The Dirty Ground
  2. I Can't Wait
  3. One And Two
  4. The Same Boy You've Always Known
  5. You've Got Her In Your Pocket
  6. The Union Forever
  7. Now Mary
  8. Candy Cane Children
  9. Offend In Every Way
  10. Ooh! My Soul

このブートレグ盤に収録されているのは、今から10年前、1999年9月16日にミシガン州デトロイトのバー、Gold Dollarで行われたJack White & The Bricksのライブ。
ジャックは当時24歳ですでにホワイト・ストライプスとして活動していた時期。バック・バンドを務めたThe Bricksのメンバーは、ブレンダン・ベンソン(ギター。当時28歳)、Kevin Peyok(ベース。ディーン・フェティータがフロントマンを務めていたバンド―ワックスウイングスのベーシスト)、ベン・ブラックウェル(ドラム)。このメンバーで行われたライブはこの一回だけで、レコードなどはリリースされていません。その後、2001年にGold Dollarは閉店しています。
演奏された曲は、ほとんどがホワイト・ストライプスの楽曲。当時、ホワイト・ストライプスはファースト・アルバムをリリースしたばかりですが、3rdアルバム『White Blood Cells』に収録されている、「Dead Leaves and the Dirty Ground」や「The Same Boy You’ve Always Known」などが、すでに完成していたことがわかります。#10「Ooh! My Soul」はLittle Richardのカバー。
このブートレグ盤は、しばしばホワイト・ストライプスのファン・サイトなどでも紹介されていましたが、今回公開しているのは、ブレンダンのファン・サイト。ブレンダンの公式Twitterからもリンクされているので、一応、半公認のブートレグということでしょうか?

» The Bricks @ Gold Dollar, Detroit « Brendan Benson
» Jack The White's original cover art

Date:11/10/2009 | Comment: 0 |

Bootleg: The Raconteurs live on NPR Music World Cafe

cover art
  1. Old Enough (acoustic)
  2. Top Yourself (acoustic)
  3. These Stones Will Shout (acoustic)

米国の公共ラジオ局ナショナル・パブリック・ラジオの『NPR Music: World Cafe』で放送された、ラカンターズのアコースティック・セッションです。レコーディングはフィラデルフィアのWXPN studios。収録日は未発表です。演奏された3曲は、おなじみの「Old Enough」「Top Yourself」に加え、ライブ初公開の「These Stones Will Shout」も収録されています。また、番組内ではパトリックとブレンダンのインタビューも放送されましたが、ブートレグ版ではカットされています。

» The Raconteurs live on NPR Music World Cafe(公開終了)

Date:11/26/2008 | Comment: 0 |

Bootleg: The Raconteurs live on KCRW's Morning Becomes Eclectic

cover art
  1. Top Yourself (perform at The Village, 9/23)
  2. Old Enough (perform at The Village, 9/23)
  3. You Don't Understand Me (perform at The Village, 9/23)
  4. Pull This Blanket Off (perform at The Village, 9/23)
  5. Interview by Nic Harcourt
  6. Many Shades of Black (live at Greek Theater, 9/22)
  7. Salute Your Solution (live at Greek Theater, 9/22)
  8. Rich Kid Blues (live at Greek Theater, 9/22)

ロサンゼルスのラジオ局KCRWの人気番組『Morning Becomes Eclectic』で放送されたラカンターズのライブ音源です。9月23日にThe Villageでレコーデングされたアコースティック・セッションと、9月22日にGreek Theatreで行われたライブの二部構成。また、前半と後半の間に番組のホストであるニック・ハルコート(Nic Harcourt)によるインタビューも収録されています。
何といっても前半のアコースティック・セッションは、アルバムやライブとは違う新しいアレンジですごくかっこいいです。普段のライブでは演奏されない「Pull This Blanket Off」が収録されているのも、嬉しいところ。(首の痛みの影響だと思われますが)ジャックの歌声がベストの状態ではないことだけが残念です。

» The Raconteurs live on KCRW's Morning Becomes Eclectic(公開終了)

Date:11/13/2008 | Comment: 0 |

Bootleg: The Raconteurs live at Hammersmith Apollo - 05/14/08

cover art
  1. Consoler of the Lonely
  2. Switch and the Spur
  3. You Don't Understand Me
  4. Top Yourself
  5. Old Enough
  6. Hold Up
  7. Keep It Clean
  8. Level
  9. Steady, As She Goes
  10. Rich Kid Blues
  11. Many Shades Of Black
  12. Little Red Rooster
  13. Intimate Secretary
  14. Salute Your Solution

2008年5月14日に英国ロンドンのHammersmith Apolloで行われたラカンターズのライヴ・ブートレグ。NME Radioでウェブキャスト配信された音源のMP3です。この日のライブにはローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のミック・ジャガー(Mick Jagger)やロン・ウッド(Ron Wood)が観に来ていたため、バンドはストーンズのレパートリーである「Little Red Rooster」を演奏しています。また、「Blue Veins」と「Carolina Drama」がカットされています。

» The Raconteurs live at Hammersmith Apollo - 05/14/08(公開終了)

Date:10/22/2008 | Comment: 2 |

Bootleg: The White Stripes Live In Las Vegas - 09/20/03

cover art
Side A
  1. Dead Leaves and The Dirty Ground
  2. When I Hear My Name
  3. Not Fade Away
  4. St. James Infirmary Blues
  5. Black Math
  6. The Big Three Killed My Baby
Side B
  1. I Want To Be The Boy To Warm Your Mother’s Heart
  2. Death Letter
  3. Take A Whiff On Me
  4. In The Cold, Cold Night
Side C
  1. Wasting My Time
  2. I Just Don’t Know What To Do With Myself
  3. Offend In Every Way
  4. Union Forever (W/ Alternate Lyrics)
  5. Seven Nation Army
Side D
  1. You’ve Got Her In Your Pocket
  2. I Think I Smell A Rat
  3. Look Me Over Closely
  4. Cannon
  5. Ball and Biscuit
  6. Hardest Button To Button
Side E
  1. You’re Pretty Good Looking For A Girl
  2. Hello Operator
  3. We’re Going To Be Friends
  4. Hotel Yorba
  5. Fell In Love With A Girl
  6. Your Southern Can Is Mine
  7. Screwdriver
  8. De Ballit De Boll Weevil

2003年9月20日に米国ラスベガスのJointで行われたホワイト・ストライプスのライヴ・ブートレグです。オリジナルはV2レコードが制作したプロモーション用の3枚組LP盤。30〜40枚ほどしかプレスされなかったレア盤で、ジャケットにはジャックとメグのサインが入っています。全体的に良好な音質。サウンドボード録音。LP盤からデータに変換しているため、LP片面が1つのMP3データになっています。以下のリンクからダウンロードできます。

» RapidShare: Easy Filehosting(リンク切れ)

Date:10/16/2008 | Comment: 0 |

Bootleg: The Raconteurs live at Henry Fonda Theater - 05/18/08

cover art
  1. Consoler Of The Lonely
  2. Hold Up
  3. You Don't Understand Me
  4. Top Yourself
  5. The Switch And The Spur
  6. Keep It Clean
  7. Old Enough
  8. Level
  9. Rich Kid Blues
  10. Blue Veins
  11. Many Shades Of Black
  12. Store Bought Bones
  13. Steady As She Goes
  14. Together
  15. Salute Your Solution
  16. Carolina Drama

2008年5月18日に米国カリフォルニア・ハリウッドのヘンリー・フォンダ・シアター(Henry Fonda Theater)で行われたラカンターズのライヴ・ブートレグ。全16曲の演奏曲は、現在のラカンターズのベストと言える内容です。音質は並。オーディエンス録音。老舗ファンサイト、whitestripes.netからダウンロードできます。

» www.whitestripes.net (home > downloads)

Date:08/06/2008 | Comment: 2 |

Bootleg: The Raconteurs live at Coachella 2008 - 04/25/08

cover art
  1. Consoler of the Lonely
  2. Hold Up
  3. You Don’t Understand Me
  4. Top Yourself
  5. Old Enough
  6. Blue Veins
  7. Level
  8. Attention
  9. Many Shades of Black
  10. Salute Your Solution
  11. Steady, As She Goes
  12. Rich Kid Blues
  13. Carolina Drama

2008年4月25日に米国サンフランシスコのコーチェラ・フェスティバル2008で行われたラカンターズのライヴ・ブートレグ。ウェブキャスト配信の映像をご覧になった方も多いと思いますが、『web in front』でポッドキャスト版をダウンロードできます(ポッドキャストなので全曲が一つのファイルになっています。曲毎に分割されたファイルをお好みの方は下記の「Download」リンクへ)。

» The Raconteurs live at Coachella 2008(公開終了)

タグ:Coachella 2008
Date:05/27/2008 | Comment: 0 |

Bootleg: The Raconteurs live at Bimbo’s 365 Club - 04/23/08

cover art
  1. Salute Your Solution
  2. Steady, As She Goes
  3. Old Enough
  4. Rich Kid Blues
  5. Carolina Drama

2008年4月23日に米国サンフランシスコのビンボーズ365クラブで行われたラカンターズのライヴから、5曲を収録したブートレグです。音質はあまり良好とはいえませんが(モノラル録音)、最新ライブの雰囲気は味わえます。

» The Raconteurs live at Bimbo’s 365 Club - Box.net(公開終了)

Date:04/25/2008 | Comment: 0 |

Bootleg: The White Stripes live at Madison Square Garden - 24/07/2007

cover art
  1. Dead Leaves and the Dirty Ground
  2. When I Hear My Name
  3. Jolene
  4. Hotel Yorba
  5. Cannon
  6. Icky Thump
  7. Do
  8. Death Letter
  9. In The Cold, Cold Night
  10. A Martyr for My Love for You
  11. I'm Slowly Turning Into You
  12. I Think I Smell A Rat
  13. Wasting My Time
  14. 300 MPH Torrential Outpour Blues
  15. You Don't Know What Love Is
  16. Fell in Love With a Girl
  17. Ball and Biscuit
  18. (encore break)
  19. Blue Orchid
  20. I Just Don't Know What To Do with Myself
  21. Little Ghost
  22. We're Going to Be Friends
  23. Little Bird
  24. Catch Hell Blues
  25. My Doorbell
  26. Seven Nation Army
  27. Boll Weevil

2007年7月24日に米国/ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで、オープニング・アクトにポーター・ワゴナー(Porter Wagoner)とグラインダーマン(Grinderman)を迎えて行われた、ホワイト・ストライプスのライヴです。
この日の26曲は、曲目、演奏ともに07年ツアーのブートレグの中でもベストと言える内容。カナダ・ツアー後半ではややバテ気味だったジャックの声も、調子を取り戻しています。余談ですが、ワゴナー氏に会えたのが嬉しかったせいなのか、この日のジャックはずいぶんご機嫌でよくしゃべります。お客さんのノリが良いのもあるかもしれません。
音質も非常に良好なこのブートレグ盤は、ホワイト・ストライプスのライヴ音源・映像のダウンロード・サイト、The White Stripes Bootleg Project からダウンロードできます。オススメです!

※The White Stripes Bootleg Projectのサイトは消滅しました。

» The White Stripes Bootleg Project
» Download the cover art for iTunes (made by Jack The White)

Date:12/21/2007 | Comment: 0 |

Bootleg: The White Stripes live at Yukon Arts Centre - 25/06/2007

cover art
  1. Dead Leaves And The Dirty Ground
  2. When I Hear My Name
  3. Jolene
  4. Hotel Yorba
  5. I'm Finding It Harder To Be A Gentleman
  6. I'm Slowly Turning Into You
  7. Death Letter
  8. Cannon
  9. Ball And Biscuit
  10. A Martyr For My Love For You
  11. The Union Forever
  12. The Same Boy You've Always Known
  13. We're Going To Be Friends
  14. Hello Operator
  15. In The Cold, Cold Night
  16. Wasting My Time
  17. Astro
  18. Jack The Ripper
  19. (encore break)
  20. Blue Orchid
  21. Icky Thump
  22. Little Ghost
  23. I Just Don't Know What To Do With Myself
  24. Truth Doesn't Make A Noise
  25. You've Got Her In Your Pocket
  26. The Denial Twist
  27. Seven Nation Army

2007年6月25日にカナダ/ホワイトホースのユーコン・アーツ・センターで行われた、ホワイト・ストライプスのライヴ。演奏内容は、「The Union Forever」「Wasting My Time」「Truth Doesn't Make A Noise」など、やや渋めの選曲が目立ちます。たまに曲と曲のつなぎ目が切れている箇所や、ノイズが混じっている部分がありますが、全体的には良好な音質。オーディエンス録音。老舗ファンサイト、whitestripes.netからダウンロードできます。

» www.whitestripes.net (home > downloads)
» Download the cover art for iTunes (made by Jack The White)

Date:08/26/2007 | Comment: 0 |

Bootleg: The White Stripes live at Le Page Park - 25/06/2007

cover art
  1. Effect And Cause
  2. Hotel Yorba
  3. Black Jack Davey
  4. We're Going To Be Friends
  5. A Martyr For My Love For You
  6. Boll Weevil

2007年6月25日にカナダ/ホワイトホースのル・ページ・パークで行われた、ホワイト・ストライプスのアコースティック・ライヴ。バンドも観客もリラックスしている雰囲気が伝わってくる、約30分ほどの短い野外ライヴです。音量が上下して聴きづらくなる箇所が少しありますが、音質は全体的に非常にクリア。オーディエンス録音。老舗ファンサイト、whitestripes.netからダウンロードできます。

» www.whitestripes.net (home > downloads)
» Download the cover art for iTunes (made by Jack The White)

Date:08/26/2007 | Comment: 2 |

Bootleg: The White Stripes live at Savoy Theater - 14/07/2007

cover art
DISC 1
  1. Bagpipe Intro
  2. Let’s Shake Hands
  3. Icky Thump (tease)
  4. When I Hear My Name
  5. Icky Thump
  6. Hotel Yorba
  7. Jolene
  8. Canon > John the Revelator
  9. Death Letter (intro)
  10. Death Letter
  11. Slowly Turning into You
  12. Apple Blossom
  13. One More Cup Of Coffee
  14. I Think I Smell A Rat > Wasting My Time
  15. 300 mph Outpour Blues
  16. Jack talking (Might play a little longer show than usual tonight…)
  17. I Fought Piranhas
  18. Lafayette Blues
  19. Fell In Love With A Girl
  20. Aluminum (short)
  21. ???
  22. Do
  23. Astro > screwdriver (tease) > Rag and Bone (tease) > Screwdriver
DISC 2
  1. Encore Break
  2. Black Math > Top Special
  3. Cold Cold Night
  4. Lord Send Me An Angel
  5. Catch Hell Blues
  6. Martyr For My Love For You
  7. My Doorbell
  8. Jack talking (thanks…)
  9. We Are Going To Be Friends
  10. Finding it Harder > Why Can’t You Be Nicer To Me > Pretty Good Look ...
  11. Hello Operator (short)
  12. Hello Operator
  13. Prickly Thorn But Sweetly Worn
  14. Dead Leaves & The Dirty Ground
  15. You Don’t Know What Love Is
  16. Seven Nation Army
  17. Boll Weevil
  18. Bagpipe Exit

2007年7月14日にカナダ/グレース・ベイのサボイ・シアターで行われた、ホワイト・ストライプスの10周年記念ライヴ。40曲以上も演奏している、圧巻の内容です。バグパイプを取り入れた「Prickly Thorn But Sweetly Worn」が聴けるのも、このライヴならでは。音質は非常にクリア。(おそらく)サウンド・ボード録音。世界1のホワイト・ストライプスのファン・サイト、Sodwee & The White Stripesからダウンロードできます。(Thanks Ben!)

» Sodwee & The White Stripes (home > bootlegs)

Date:08/20/2007 | Comment: 0 |

Bootleg: The White Stripes live at Zenith Theater - 11/06/2007

cover art
  1. When I Hear My Name
  2. Dead Leaves
  3. Cannon
  4. Icky Thump
  5. Effect & Cause
  6. Hotel Yorba
  7. Do
  8. I’m Slowly Turning Into You
  9. I Think I Smell A Rat
  10. Catch Hell Blues
  11. Same Boy You’ve Always Known
  12. Hello Operator
  13. Cold Cold Night
  14. Jolene
  15. Let’s Shake Hands
  16. Ball And Biscuit
  17. Black Math > The Denial Twist > Passive Manipulation
  18. Just Don’t Know What To Do With Myself
  19. Seven Nation Army

2007年6月11日にフランス/パリのゼニス・シアターで行われた、『Icky Thump』発売直前のホワイト・ストライプスのライヴ。演奏曲目はオーソドックスな内容ながら、オーディエンスのノリが良く、ジャックの演奏・声ともに安定している好演。音質は非常にクリア。臨場感抜群のオーディエンス録音。世界1のホワイト・ストライプスのファン・サイト、Sodwee & The White Stripesからダウンロードできます。(Thanks Ben!)

» Sodwee & The White Stripes (home > bootlegs)

Date:08/20/2007 | Comment: 0 |
↑ Page top