Media: The New Yorker

170313_r29548.jpg

» Jack White’s Infinite Imagination - The New Yorker

ニューヨーカー誌(The New Yorker)に、ジャックの特集が掲載されています。記事の内容は、これまでの音楽・私生活にまつわる経歴から、最近の活動までをニューヨーカーらしく上品に丁寧にまとめた感じ。ファンレベルで突っ込んだ内容ではないけど、細かなところで初めて知る話がちょこちょこあって面白かったです。特にここ数年、世間的にはゴシップ記事が多かっただけに、大手の格式ある雑誌で「ジャックの多少変わってるけど悪い人ではない」ところをアピールできたんじゃないでしょうか。
記事の中で個人的に一番驚いたのは、昨年の夏にジャックがデトロイトにあるジョージ・ネルソン設計の住宅を購入していたこと。僕も昔建築を学んでいたときに本では見たことがあるのですが、まさかジャックが買うなんて!ミッドセンチュリー好きなジャックは、写真を見ただけで購入を決めたそうですが、所有欲ではなく、良いものをきちんと管理して次に受け継いでいくという気持ちなんだそうです。一応。
記事を読んで思ったのは、ジャックはお金持ちになったけど、やってることは昔と変わってないようです。ミッドセンチュリーデザインが好きで家具職人してたのが、家を買えるようになり、ジャンクな骨董品を集めてたのが、高価な骨董品(スーパーマンの初版本やエルビスの最初のレコード)を集めれるようになり、映画好きだったのが、映画監督できるようになり(※残念ながら話は流れてしまった)、ボーリング好きでツアーの先々でボーリング場に行ってたのが、家にボーリング場を作れるようになり、野球好きだったのが、野球器具メーカーのスポンサーになり、と言う風に。
ジャックはナッシュビルにこっそりアパートを借りています。そこで曲作りをしてるようなんですが、部屋には(ジャックの好きな)「ルール」があって、それは「隣人に聴こえないように曲を作ること」。「マイケル・ジャクソンみたいに曲を書いてみたいんだ。楽器やメロディのパートを紙に書き出す代わりに、頭の中で全てを行うんだ。静寂の中で。この部屋だけで」だそうです。年末ぐらいには、なんか聴けるのかな…?

★★★ おまけ ★★★
ジャックの別宅見学はこちら
» 100%ネルソン - ハーマンミラー

ジャックの監督し損なった映画『White Boy Rick』は、マシュー・マコノヒー主演で2018年公開。監督はフランス人の Yann Demange。
» オスカー俳優マシュー・マコノヒー、実在の人物を描く映画に出演か? | 海外ドラマBOARD

Date:03/08/2017 | Comment: 0 |

News: Third Man Pressing Plant、ついにオープン!

ThirdManPressing_119.jpg

オープン当日の様子。開店を待ちわびるファンの長蛇の列や、店内の様子、The Oblivians や The Mummies のライヴの模様もちょっとだけ見ることができます。ポスター欲しかったなあ。

工場の紹介ビデオ。Third Man はドイツから全て新品アナログプレスマシンを8台取り寄せた。マシンが作られたのは35年ぶりのことだが、クオリティにこだわるため新品にこだわった。工場をフル稼働すれば、8時間で5000枚のアナログ盤をプレス可能。工場のために周辺地域から50人の従業員を雇用。Third Man 以外のレーベルの小ロットの生産も請け負うこと、などが語られています。

地元テレビ局のインタビュー。話してる内容より、あごのお肉が気になりますが、音楽シーンにとっては非常に重要な役割を果たした中心的な場所として誇りに思うデトロイトで工場を作りたかった。レコードが出来上がる過程を見れば、より大事に思えるはずだから、などなど話しております。

前日のオープニング・パーティー。酔ってご機嫌なジャックとベンも登場。パーティーに参加してる気分になれるので楽しいです。こっちの動画はジャックのスピーチも観れます。「この瞬間を覚えておいてくれ。なぜなら、次の世代まで続く美しいものを僕らは作ったんだから!」

» Photos: Inside the Third Man Records Vinyl Pressing Plant - Curbed Detroit

Date:03/04/2017 | Comment: 4 |

News: Lillie Mae、アルバム詳細&シングル公開

Lillie-Mae-LP.jpg

» LILLIE MAE UNVEILS JACK WHITE-PRODUCED ALBUM "FOREVER AND THEN SOME" OUT APRIL 14TH ON THIRD MAN RECORDS

ジャックがプロデュースしたリリー・メイのデビュー・ソロ・アルバム『Forever and Then Some』の発売日が4月14日に決定(良いジャケ!)。アルバムに先駆けファースト・シングル“Over The Hill and Through The Woods”がリリースされ、PV も公開されました。アルバムのプレオーダーはこちらから。

Forever and Then Some Full Track List:

1. Over The Hill And Through The Woods
2. Honky Tonks And Taverns
3. Wash Me Clean
4. Loaner
5. Honest And True
6. These Daze
7. Forever And Then Some
8. Nearing Home
9. To Go Wrong
10. Some Fine Day
11. Dance To The Beat Of My Own Drum

Date:03/03/2017 | Comment: 0 |

News: THIRD MAN PRESSING、オープンイベントの追加情報

RobJonesTMP.jpg

» THIRD MAN PRESSING SHARES GRAND OPENING DETAILS VINYL PRESSING PLANT TO OPEN FEBRUARY 25

Third Man Records のレコード・プレス工場、THIRD MAN PRESSING のオープニング・イベントで発売される限定レコードの情報が発表されました。すでに発表済みのホワイト・ストライプス 1st、2nd リイシューなどに加えて追加情報が出たのは以下のラインナップ。

The Stooges - The Stooges DELUXE 2 x LP

The Stooges のデビュー・アルバムがオルタネイト・バージョンを追加した2枚組ディスクでリリース。黄色のカラー・バイナル盤にシルク印刷ジャケットの特別仕様です。

MC5 - Kick Out the Jams LP

MC5 が1968年にデトロイトの Grande Ballroom で行ったライブを収録したファースト・アルバムでありライブ LP。こちらも黄色のカラー・バイナル盤にシルク印刷ジャケットの特別仕様です。

Derrick May 7"

デトロイト・テクノのイノヴェイター、Derrick May の7インチ・シングル。B面は彼のレーベル Transmat Records のカナダ人 DJ、Rennie Foster をフィーチャー。クリア・バイナルで今回一度だけのリリース。曲はまだ決まってないのかな。

Carl Craig 7"

デレック・メイに続くデトロイト・テクノ第二世代、Carl Craig の7インチ・シングル。こちらもクリア・バイナルで今回一度だけのリリースです。

さらにライブ・アクトとして The Mummies、The Oblivians が登場。どちらもデトロイト出身ではないですが、アメリカン・ガレージ・パンク・ロックの歴史で、The Stooges、MC5 とホワイト・ストライプスをつなぐ重要なバンドです。
オープンは来週25日。当日のデトロイトはきっと盛り上がるんだろうなあ。いいですねー。

Date:02/17/2017 | Comment: 2 |

News: Karen Elson、セカンド・アルバムをリリース

20170113130319.jpg

ファースト・アルバム『Ghost Who Walks』から6年、カレン・エルソンはセカンド・アルバム『Double Roses』をリリースすることを発表、ファースト・シングル“Distant Shore”を公開しました。

今作のプロデューサーを勤めたのは Jonathan Wilson。最近では Father John Misty の『I Love You, Honeybear』や Conor Oberst の『Upside Down Mountain』を手掛けるなど、モダンフォーク・サウンドが得意な方です(ミュージシャンとして2014年のフジロックでも来日)。そのほかのコラボレーターとしては、Laura Marling や Father John Misty、Patrick Carney(The Black Keys)らに加え、Wilco や Bright Eyes のメンバーなどが参加してるそうです。そしてもちろん!ジャックは…関わっておりません!ジャックとの離婚やヘンリー、スカーレットの子育てなど、ここ数年間に起こった人生の変化が彼女のソングライティングにどう影響を与えたのか、楽しみなところです。
リリースは4月7日。レーベルは H.O.T. Records / 1965 Records。なんと Hostess から日本盤も出ます。

Double Roses [12 inch Analog] - Karen Elson
Double Roses [12 inch Analog] - Karen Elson

My sun, moon and stars 🌞🌝⭐️

Karen Elsonさん(@misskarenelson)が投稿した写真 -

Date:02/08/2017 | Comment: 0 |

News: Craig Brown Band

Craig-Brown-Band-Image-1000.jpg

» CRAIG BROWN BAND DEBUT FULL LENGTH AVAILABLE FOR PRE-ORDER TOMORROW JAN 27

デトロイトのパンク・バンド Terrible Twos のメンバー、Craig Brown がThird Man Records からソロ・デビュー。ファースト・シングル“Overthinking”が公開されました。Terrible Twos のパンクサウンドからガラッと変わったディラン風味の曲で、いかにも人が良さそうなピッグペン的な見た目と相まって、なかなか良い感じ。特にソングライティングの良さは、ここ数年の TMR で一番だと思います。King Tuff なんかが好きな方には特におすすめ。
さらには3月31日にアルバム『The Lucky Ones Forget』もリリース。TMR のオンラインストアで» The Lucky Ones Forget (Black or Seafoam Vinyl)プレオーダーが始まってます。ちなみに限定盤(シーフォーム・ヴァイナル)はすでに売り切れ。


2015年に Western Where Records からソロ名義でリリースしたシングル曲。


TMR デトロイト店でのライヴ。

Date:02/07/2017 | Comment: 0 |

News: Third Man Pressing

tmp-650.jpg

» Third Man Pressing To Open Its Doors, Begin Manufacturing February 25

来る1月25日、TMR デトロイト店に、ついに、Third Man Records のレコードプラント、Third Man Pressing がオープンします。
オープン当日は店頭でライブや限定グッズが発売されるイベントが開催。ライブ・アーティストはまだ発表されていませんが、限定グッズでは、The White Stripes のファースト、セカンド・アルバムのリイシューや、Destroy All Monsters、Xanadu のスプリット12インチ、Detroit Gospel Reissue Project、ロブ・ジョーンズのポスターなどが発売されます。レコードはもちろん全て Third Man Pressing で作られたもの。ストライプスのアルバムはカラー・ヴァイナル仕様で、ジャケットもシルクスクリーンの特別版。ストゥージズの Ron Asheton も所属していたデトロイトの伝説のバンド、Destroy All Monsters の LP は1979年リリース以来初のリイシュー。Detroit Gospel Reissue Project は初めて TMR 以外のレーベルのレコードになります。
25日のオープンに向けて今後も続報があると思うので、楽しみです。ジャックは来るのかなあ…。きっと来るよなあ…。ライブやるといいなあ…。なんか新しいの作ってたらいいなあ…。

Date:01/22/2017 | Comment: 0 |

News: Vault Package #31

Vault31-webmockup-Retina2.jpg

» Introducing... Vault Package #31

すっかり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。忙しさにかまけて更新していなかったら何かいっぱい溜まってしまったので、慌てて書いております。というわけで、まずは Vault Package #31。今回は見ての通りマーゴ・プライスのライブセットです。
セットの内容は、2枚組ライブ LP。Blue Room Session の7インチ、Austin City Limits のライブ DVD、カラーピン(こういうやつ)、そして TMR のお店で使えるコインが入ってます。レコードはもちろんカラー・ヴァイナル。牛の頭骨のカラーピンはマーゴの足に入ってるタトゥーをモチーフにしたそうです。
なんでこんなにマーゴ推しなのかと思ったら、デビュー1周年記念なんだそうです。彼女のデビューアルバム『Midwest Farmer's Daughter』は日本でこそ全く話題になりませんでしたが、海外の年間ランキングなんかでは、けっこう色んなメディアでランクインしてたので、けっこう好評だったみたいです。と・は・い・え、ガッツリ目のカントリー・ミュージックが、どうにも敷居が高いのですがよね。私もです。お好きな方はぜひ!

Date:01/22/2017 | Comment: 0 |

Video: A Year In The Life of Third Man Records

Date:01/22/2017 | Comment: 0 |

News: The Kills、来日決定!

6056256.jpeg

» Hostess Club Weekender 2015.Feb | 2017年2月25日(土)&26日(日)新木場スタジオコーストにて開催決定!

2017年2月25-26日に新木場スタジオコーストで開催される〈Hostess Club Weekender〉に、The Kills が出演することが発表されました。
来日は6年ぶり。スケジュールは出てませんが、どうやらヘッドライナーみたいですね。個人的に前回のフジは消化不良だっただけに(キルズに太陽は似合わない!)、今回は室内だし遅い時間だろうし、期待したいです!
その他の出演者は、Pixie、The Lemon Twigs、MONO、Little Barrie、Girl Band、Communions、Pumarosa。チケットは今日から先行発売です。冬のスタジオコーストって、めちゃくちゃ寒いんだよなあ…。

Date:12/21/2016 | Comment: 2 |
↑ Page top